アルガンオイルは美容にいいのはもちろん、食べても美味しくいただけます! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

アルガンオイルは美容にいいのはもちろん、食べても美味しくいただけます!

アルガンオイルは美容・美肌や美髪などに良い事は知られていますが、それ以外にも食事に利用してもいいんです。体の中から美しくなるのもいいですね!そんなアルガンオイルを利用したレシピを紹介します。

▼モロッコ★アルガンオイルをバナナプリンに

 (2145)

卵液を漉すと、なめらかな口当たりのプリンになる。

キッチンに黒く熟したバナナがあれば…バナナプリンを作ろう。暑い夏の午後、冷やしたバナナプリンにアルガンオイルをかけて。

ナッツのような香りが芳醇なアルガンオイル。 「きっとバナナとも絶対合うハズ」と、作ってみたレシピ。 これが大正解。バナナとアルガンオイルがばっちり合って美味しい♬

材料 (5人分)
★バナナ(完熟) 2本
★牛乳 400cc
★黒糖 50g
卵(Lサイズ) 4個
アルガンオイル 小さじ1

出典|クックパッド

出典|クックパッド
アルガンオイルはベルベル人女性の手によって作られています。カシューナッツのような風味があり、いろんなお料理にあいます。トコフェロールをはじめ、美容と健康にうれしい抗酸化作用をもつフィトケミカルが含まれています。

▼アムルー(アーモンド、はちみつ、アルガンオイルのペースト)

 (2151)

アルガンオイルとはちみつを使ったアーモンドのスイートなペースト。

100キロ分の果実から、わずか1リットルしか抽出されない希少なアルガンオイルは、オリーブオイルの3倍ものビタミンEを含み、オイルとしての抗酸化力が強く、安定性が高いことで知られる。

皮膚に対する保護効果に優れたアルガン固有成分も数種類があり、強い陽射しのもとでで暮らしてきた人々の“命のオイル”とされた。そんなアルガンオイルを使ったアーモンドの風味の濃厚なペーストは、滋養たっぷりのほっこり優しい味。パンなどにつけて。

生のアーモンドを約160℃のオーブンで10分ほど空焼きし、冷めるまで放置する。それをミキサーにかけるか、すり鉢でなめらかになるまですりつぶす。

出典|エル・オンライン

出典|エル・オンライン
下ごしらえをして細かくつぶしたアーモンドに少しずつはちみつを加えて混ぜる(甘さは好みで加減してください)。 アルガンオイルを少しずつ混ぜ合わせて出来上がり。

▼簡単アレンジ・モロッコ料理・「ラムタジン~アルガン風味」

 (2156)

おウチできるモロッコ料理の代表的一品

とにかく弱火で煮込み、野菜の甘みを出し、素材に味がしみ込むようにする。食べる前にアルガンオイルを少々ふると、香ばしい香りとコクが増します。

<タジン>というのは、モロッコで煮込み料理の事で、特徴的な三角形の蓋付き鍋でさまざまな食材を組み合わせたメニューがあります。シーフードのタジンも魚介エキスが出て、美味しい。

モロッコから来たアルガンオイルは、フランス料理店などの一流シェフ達も愛用する魔法の一滴。また、その優れた天然成分はヨーロッパの高級化粧品、エステ・マッサージ用オイルとしても好ましい効果が得られると、注目されています。

出典|アルガニーノジャパン

出典|アルガニーノジャパン
モロッコから来たアルガンオイルは、フランス料理店などの一流シェフ達も愛用する魔法の一滴。また、その優れた天然成分はヨーロッパの高級化粧品、エステ・マッサージ用オイルとしても好ましい効果が得られると、注目されています。

▼アルガンオイルパンのレシピ

 (2165)

アルガンオイルがなければオリーブオイルでも!

アルガンオイルとは、はモロッコ南西部の乾燥した土地にのみ自生している不思議な木アルガンツリーの実からとれるオイルです。そしてこのオイルは、抗酸化作用・血行促進にすぐれたビタミンEがオリーブオイルの約4倍も含まれているのです。

モロッコでは、料理だけでなくスキンケア・民間療法薬としても使われています。最近は欧米でも普及、フレンチやイタリアンのレストランでも高級食材として人気だそうです。 もし準強力粉がなければ、強力粉を使い、粉の2割を薄力粉に代えて作ってください。

クルミはその他のナッツ類でも代用できます。なければなくてもオイルの風味豊かなシンプルなパンになります。 焼きたて以外は、食べるときにオーブントースターで少しあたためると、アルガンオイルの香りが増しておいしいです。

出典|Sunday Recipes

出典|Sunday Recipes
アルガンオイルがなければオリーブオイルでも代用できます。準強力粉がなければ、強力粉を使い、粉の2割を薄力粉に代えて作ってください。

▼世界でここだけ!モロッコのアルガンオイル

 (2161)

使い方は簡単!でも香りは生かして!

サラダ、白身魚の刺身、スープにちょろりと。また煮込み料理、オムレツなどの卵料理、オーブン焼きなど、オリーブオイルと同じような使い方でOK。個人的には、蒸したじゃがいもやキャベツ、ゆでただけの豆類にかけ、塩、こしょうで(ときにはレモンをしぼって)食べるのがお気に入り。

そら豆のスープ
モロッコ人は、そら豆をコトコトと煮込んだスープにアルガンオイルをたっぷりとかけ、パンにつけて食べていた。モロッコの市場で知り合ったおじちゃんは、そら豆のスープ(ほとんどペースト状態)にたっぷりとかけ、パンにすくって食べていた。ワタシも食べてみると・・・これがなんとも美味!

土壁に覆われたスークには、乾燥してもどしたそら豆とアルガンオイルの凝縮された旨みがおもしろいほど合い、旅の思い出の1ページとしてワタシの脳裏にしっかりと刻み込まれた。以来、豆のスープ+アルガンオイルの組み合わせも定番料理に。

出典|All About

出典|All About
印象的な味わいと驚きの効能で脚光を浴び、スローフード大賞まで受賞したアルガンオイルは、いまやフランス料理店やイタリア料理店でも使われるように。これからますます注目されるのでは?いまのうちにチェックを!
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |