【金額の制限はある?】借金いくら以上で任意整理できる? | キュレーションメディア

【金額の制限はある?】借金いくら以上で任意整理できる?

多額の借金や負債を解消する方法として「債務整理」の手続きがあります。債務整理にはいくつかの種類があり、その人の負債や収入、財産などの状況によって適切な手続きを選ぶ必要があります。ここでは任意整理の条件について説明します。

債務整理には種類があります

多額の借金や負債を抱えて頭を抱えている方へ、
借金を解決する方法として「自己破産」という方法が有名ですが、
自己破産はあくまで「債務整理」の中のひとつで、他にも借金などの負債を
軽減する方法はあります。
まずは基礎知識として債務整理の種類について紹介します。
Free photo: Credit Squeeze, Taxation, Purse - Free Image on Pixabay - 522549 (14618)

債務整理には3つの方法があります。
「任意整理」「民事再生」「自己破産」

借入状況と債務整理後どこから再スタートをするかなど、選択する方法によってことなりますので、ご自身の望む形をまずは選択してください。

「自己破産」借金も財産も全てをゼロにして再出発。
「任意整理」長期に渡って無理のない金額で元金だけでも返済。
「民事再生」持ち家など財産を保持したままで債務整理。

ご自身に合った形を選択しましょう。

ココが問題!自分に合った債務整理はどれ?

ざっくりと債務整理の種類について説明しましたが、
いざ手続きを始めるとなると、自分はいったいどの種類の手続きをするべきか?
迷ってしまいますよね。
債務整理を始める人で、すべての手続きの内容についてきちんと把握している人は
実はほとんどいません。では、解決までの道のりはどうやってスタートするのでしょうか?
Free vector graphic: Branch, Branch Point, Split - Free Image on Pixabay - 1290017 (14619)

借金の総額や、現在の収入、返済できるかできないかの目処、最終的には借金の落としどころで選ぶべきモノは変わってきます。

自己破産を選択すると、一言で言うなら借金をゼロ円にしてもらう法的手段です。しかしメリットが大きければ大きいほどデメリットも存在しています。
財産等を全て失うことになり、社会的信用情報も失ってしまいます。

逆に任意整理などはお金を貸した業者と借金返済について和解をする流れになります。裁判所を通さない分弁護士事務所の腕の見せどころでもあります。

法律はプロに任せることで有効に活用出来る!

債務整理をするか迷っている段階、何を選ぶべきか?迷った際には間違いなく「借金相談窓口がある弁護士事務所」に相談をする事をおすすめします。

債務整理をする必要性がない場合もあれば、法律的な観点から有利に物事を運べる状況下にある場合もあります。

なるほど「プロに任せるのが一番」ということですね。
いきなり結論に至ってしまいましたが、なんの知識もないままに相談するより
ある程度の方向性や希望を持っていったほうが話が早く進みますし、
もし不適切なアドバイスを受けた際にも、自分で判断することが出来るので
さらに勉強を進めましょう!

任意整理の条件ってあるの?

さきほど債務整理の種類についてご紹介しましたが、
その中でも一番手軽に利用できるのが「任意整理」です。
裁判所の手続きを経る必要がなく、直接債権者との交渉を行うので
手続がスピーディーに進む、というメリットがあります。
ただ、誰でも利用できるわけではなく、一定の条件のもと任意整理をおこなうことで
「効果が期待できる」人が任意整理の手続きをすることが出来ます。
Free photo: Rule, Boss, Business, Manager - Free Image on Pixabay - 1580862 (14623)

最低限の条件を満たす必要があります。任意整理をする場合には、返済を継続していけるだけの最低限の収⼊が必要です。また、その収⼊は、ある程度安定している必要があります。任意整理をすると、債権者と話し合って借⾦返済額を減額してもらうことはできますが、⼿続き後に 3 年〜5 年程度、債権者に対する⽀払いが継続します。⽀払い⽅法は、通常毎⽉の返済になります。この⽀払いを途中でできなくなると、任意整理に失敗してしまいます。

そこで、任意整理後は、債権者への⽀払いを確実にしていけるだけの収⼊が必要になります。さらに、返済期間が 3 年〜5 年程度継続することと、通常⽉ 1 回の返済になることから、収⼊はある程度安定していることが要求されます。途中で収⼊が激減して⽀払いができなくなると、⼿続きに失敗してしまうからです。

また、任意整理をする場合には、債務者側に返済を継続する意思が必要です。任意整理後は、3年~5年間の長い間返済が継続するので、それなりの忍耐が必要になります。強い意思をもって支払いを完了する気持ちがなければ、任意整理後の支払いが途中で苦しくなってしまうことがあるからです

借金がいくらになったら任意整理できる?

任意整理をするには一定の収入が、安定してあることが条件であるということは分かりました。
最高5年払いでとうてい返しきれないような収入しかないのであれば、任意整理は出来ないということです。
それでは逆に、借金が少ない場合は必ず任意整理が出来るということでしょうか?
Free photo: Card, Playing, Gambling, Money - Free Image on Pixabay - 19987 (14620)

任意整理は、裁判所を利用することなく債権者と直接交渉して借金額と借金返済方法を決め直す手続きですので、個人再生や自己破産と違って、法律上の制度にもとづいた手続きではありません。

よって、特に金額が制限されているわけでは無く、借金額が少なくても多くても利用出来ます。

任意整理は、借金がいくらからでも利用出来るのです。

何円未満の借金はNGなどの規制はなく、たとえば借金額が5万円でも利用することは可能です。

ココが気になる!任意整理の費用はどれくらいかかるの?

借金がいくらからでも任意整理は出来るという答えでしたが、ただ任意整理の交渉は
素人が出来るわけがないので、当然プロの専門家に依頼することになります。
もちろんボランティアではありませんから、費用を支払うことになるので、
費用に見合った対価を得ることが必要ですよね。
いったい任意整理ってどれくらい費用がかかるんでしょうか?
Free photo: Euro, Money, Currency, The European - Free Image on Pixabay - 1557431 (14622)

任意整理は、裁判所などを通さずに行えますから、それだけの費用というものはかかりません。
ですが、貸金業者に利息を免除してもらったり、支払期間を変更してもらったりといった交渉が必要になりますから、個人で行うことはほとんど不可能です。
そのため、弁護士や司法書士に依頼することになります。
その際の費用の相場は、手数料が一社当たり3~4万円程度、事務手数料が2~4万円というところが相場です。
事務所によっては初めに着手金が必要なところもありますから、確認しておきましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |