青汁を飲むと便秘が改善される理由 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

青汁を飲むと便秘が改善される理由

青汁は健康に良いと言われていますが、便秘の解消に役立つのでしょうか?ここでは青汁の便通の関係について調べてみました。

下剤の中でもポピュラーな種類の『刺激性下剤』は、腸に刺激を与えてぜん動運動を誘発させる効果のある下剤です。弛緩性便秘などの大腸の動きが弱く自力での排便ができない便秘には非常に効果的であり、確かな効能を期待できます。

ですが、人間の身体は外部からの刺激に対して感覚を徐々に鈍化させる働きを持っています。下剤の刺激も身体が慣れてくるに従ってどんどん効き目が落ちてしまい、次第にもっと強い刺激がないと排便ができないようになってしまうリスクがあるのです。

食物繊維はさまざまな食べ物に含まれているため、ひとつに偏らず、いくつか組み合わせながら摂取することが大切です。また、慢性的な食物繊維不足の解消に、青汁の活用もオススメです。

青汁の材料としてよく知られるケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などの野菜は、食物繊維の宝庫と言われています。スーパーなどでは手に入りにくい野菜ですが、青汁であれば手軽&簡単に摂取できます。

そして、先述したように下剤の服用に慣れてしまい、
これが常習化していくともっと深刻な病気を引き起こすことにもなります。

その代表的なものが、大腸メラノーシスです。
これは下剤の使用によって、腸管が黒ずみ、硬くなってしまう病気で、
発病の原因はずばり「下剤の長期にわたる服用」にあります。

青汁は腸内環境を整えてスムーズな排便を促してくれるのですね。
毎日飲むだけでいいですから楽ですし、今は野菜も高いですからね。
サプリメントや粉末状の青汁なら逆にコストダウンできるかもしれません。
【便秘は食生活の乱れや野菜不足が原因で起こる!?】

人が便秘になってしまう原因は様々ですが、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などが関連していると言われています。食生活の乱れの中でも、食物繊維がきちんと摂取されておらず、野菜不足に陥ってしまうケースが増えています。食物繊維をたくさん取り込めば、体内に貯まった老廃物や毒素をスムーズに排出できるようにしてくれるでしょう。青汁はたくさんの野菜を凝縮して絞っていますので、食物繊維が豊富に含まれていますので、慢性的な野菜不足を補うことができるでしょう。

薬で便秘を解消するデメリット

青汁は緑色で野菜そのものという感じがしますよね。
見た目からして便秘の解消に役立ちそうですが、理由はそれだけなのでしょうか?
ここではその点について調べてみました。

青汁がなぜ便秘対策になるのか?

腸を硬くしてしまう6つの原因

毎日の生活の中に隠れている、「腸を硬くしてしまう6つの原因」を見直し、あなたの便秘を根本的に改善していきましょう。

原因①1番の原因は圧倒的な運動不足

便秘の一番の原因は、圧倒的な運動不足です。ここでの運動とは、「子供のように夢中で体を動かす事」を言います。

原因を六つ挙げてくれていますので分かりやすいです。
一般的に、3日以上排便がない、もしくは1週間の排便回数が2回以下の方を便秘といいます。

症状が軽い場合は生活習慣や食事を見直すことで改善する場合もありますが、誤ったケアは症状を悪化させる場合がありますので、症状にあったケアやお薬選びが大切です。

図を使っているので分かりやすいです。
便秘を解消するには、まず原因と種類を知らねばなりません。
なぜならそれぞれ対策や予防法が違うからです。
ここでは自分がどのようなタイプの便秘で、何が原因なのか分かるサイトを調べてみました。

便秘の原因とタイプ

便秘なんて市販の薬を飲むだけで十分という方もいるかと思います。
しかし、安易に便秘薬を使ってしまうと、腸がその状態に慣れてしまうのです。
腸が次第に自力で排便しなくてもいいと勘違いしてしまうようなものです。
結果的に薬の量がどんどん増えてしまいますし、病気にも繋がる恐れがあるので気をつけましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |