《空飛ぶ》仕組みを理解してフライボードで鳥になる!《マリンスポーツ》 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《空飛ぶ》仕組みを理解してフライボードで鳥になる!《マリンスポーツ》

空中を自在に飛び回るマリンスポーツ、フライボード。日本でも海や湖で体験する事ができます。いったいどのようにして空を飛んでいるのでしょう?

フライボードって何?

フライボードとは噴射装置を足に装着し、
その水圧の力で水上を飛び回ることのできる
マリンスポーツです。

ここ最近はGoogleのCMなどで話題が沸騰し、
人気急上昇中のアクティビティー。

バランスを取るために両手にノズル、
両足からのウォータージェットは水上オートバイの
噴射口を利用していて、自分で噴射を操作できます。

フライボードは見た目的には難しそうですが、
思ったよりも簡単で、個人差もありますが、
10分~15分くらいで空を飛ぶ体験ができるようです。
フライボードは水上で飛び回っていることから、
危険そうに感じる方が多いかも知れません。

しかし、協会が安全規定を設定しており、
現地のインストラクターもこの規定に沿った範囲で
体験を提供しています。

だから、インストラクターの教えを守ることで、
安全性を確保することができるでしょう。

体験のコースが分かれている場合は、初心者コースを選んだら良いと思います。
最初は少しづつ、徐々に高度を上げていきましょう。

必ず、インストラクターの教えを守り無理はしないようにましょう。

足元はこのようなブーツをはきます。
ボードとびーつは完全に固定されています

水圧の力で浮かびます。
バランズをとるのが難しそうです。
フライボード®は、フランスのPWC PRODUCT社によって開発されました。現在は競技化され、世界中で大きな注目を浴びております。
一般の方のマリンレジャーとしてだけではなく、現在では多くの大会も行われており、
日本の選手も世界大会で活躍しています。

初心者でも大丈夫?

フライボード – YouTube

名古屋プレジャーグループ 初心者なので空中散歩から始めました 初めてですが、こんな感じでした!!
丸太の平均台に横向きに乗ってる感覚程度で立っていられます。

そして、最初は後ろに重心を置くと危ないので、ほんの少しだけ前に重心をかけながら、左右にボードを傾けると移動できます。 

※間違っても初心者のうちは、ジェットに近づかないこと!

私も2回目ですが・・・、初心者なので絶対にジェットに近づかないようにしています。(離れすぎず、近すぎず・・・・5m~10mぐらいの距離を取り遊んでいます。)

最初は、1~2mの高さで練習してみてください。

慣れてきたら、3m~4mぐらいまで浮上してみてください。

最初はそれぐらいの高さでいいと思います。

初めての体験では浮かび上がるだけでも難しいようです。慣れるまでまずは、安全第一で行きましょう。

海に落ちる時は顔面から落ちると危険なので、落下の姿勢なども十分にイメージトレーニングしておきましょう。

フライボードの凄い技術

フライボードで一回転!ってまさに神業です。
初心者がここまでになるのは中々難しいかも!

フライボードの2人乗りです。
自転車やバイクの2人乗りとは次元が違いますね!
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |