振袖のレンタルサービスを使って可愛い振袖を着ましょう♪ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

振袖のレンタルサービスを使って可愛い振袖を着ましょう♪

ここでは、振袖のレンタルサービスについて、またサービスを賢く利用する方法について調べてみました。ぜひチェックしてみてください。

振袖レンタルの相場を知ることが最初の一歩

振袖を購入するのとレンタルするのとでは、どちらが高価になるのかは言わずもがなです。
しかし、どのくらいが相場なのかはなかなか分からないものですよね。

ですから、まずは振袖の購入・レンタルをした経験のある人達の意見から、
相場を知っていきましょう!
双方の経験者の意見から、それぞれの違いを調べてみました。

振袖っていくらするんだろう?

振袖っていくらするんだろう?

振袖を購入する場合の相場は?

高価になりがちな振袖ですが、成人式や卒業式など人生で数回しか無い時を祝うためですから、
思い出・感動といった瞬間を最高の振袖で迎えさせたいと考える方もおられると思います。
また、姉妹がいる方で同じ振袖を着るということもあるでしょう。

では、振袖を購入するとなった場合には、どれくらいの金額が必要になるのでしょうか。

着物の目が肥えている方でしたら
やはり100万というのがひとつの目安ですよね

高いのから安いのまでいろいろな振袖をみてきましたが
100万以下のものはやはり値段がそのまま着物に反映されています

100万円が目安かどうかはわかりませんが、現在国内で作られている振袖で小売価格が50万円以上の友禅物は、大部分が手描友禅の物だと思います(糸目型という型を使っていますが)。柄の程度にもよりますが、80万円以上になりますと総手描の高級品がほとんどです。成人式などを見学に行きますと、京都でも100万円クラスの振袖をお召しの方は少ないです。私のところではこの世に一枚だけの手描友禅の振袖を作っていますが、小売価格はおそらく300万円から500万円くらいにはなると思います。

振袖をレンタルする場合は?

レンタルでは、成人式や卒業式のみならレンタルで振袖を購入した方がコストを抑えられると
一定の人気がある模様です。

それでは、振袖をレンタルした経験者の意見を幾つか紹介しましょう。

価格帯はピンからキリまで、一式9,800円の激安レンタル振袖もあります。
10万円以上の高価なレンタル振袖の場合、新作・新品が多く、和装小物に
着付けとヘアメイク、記念写真までのフルセットが主流です。

人気のある価格帯は、数万円から20万円前後です。
※20万円をこえると購入できる金額であると考えられます。

なるほど、ピンキリなのですね。
私がバイトしてた店は、前撮り(ヘアメイク+着付け)と成人式当日(ヘアメイク+着付け)が含まれて、平均15~25万円でした
ダウンロード完了|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

振袖をレンタルで、着付けだけをプロの着付け師に頼むという方法

振袖をレンタルなら、振袖の購入よりも安価に済みます。
しかし、振袖をレンタルすればそれでOK。というわけではありません。
その後の着付けです。
自分でするという方法ももちろんありますが、浴衣と違って難しいです。
けれどプロの着付け師なら、途中で着崩れを起こす等のハプニングに遭わずに済みます。
ですので、着付け師に頼むのをおすすめします。

着付けにはお店に出向いて気付けてもらう方法もあれば、
「出張着付け」と言って自宅に来てもらって着付けをしてもらう方法があります。

出張着付けも見つけたのですが、自宅まで見知らぬ人に来ていただくのにすこし抵抗があります。しかしこちらのほうが楽でしょうか・・・?
自宅近くの美容院で早朝に着付けをしてくれるところはないですか?
私は経験上、それが一番ラクでした☆
(質問者様同様、出張着付には抵抗があったので・・・

ちなみに、着付けの部屋がないとのことですが、脱ぐ場所はあるのでしょうか?
着物で大きな荷物を持って電車に乗るのは大変かも。
もし脱ぐ場所がなければ、帰りは宅配便等で送るのも良いかもしれないですね。

見知らぬ人に自宅に来てもらうのは抵抗がある、というのは理解できますが、出張着付のほうが楽なのではないか、という感じもします。もしも抵抗があるのであれば、例えばそのホテルや着物を買ったお店で、出張着付の人を紹介してもらうとか、身元がはっきりわかるような方に来ていただくような形で探してみてはいかがでしょうか。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |