FXは世界中に市場があります | キュレーションメディア

FXは世界中に市場があります

FX取引を支える世界の市場

index_im_02
http://www.monexfx.co.jp/beginner/exchange/img/index_im_02.jpg

FXの取引場所となる為替市場は東京を含め全部で12市場開かれています。

これらの為替市場は開場、閉場時間が異なり、東京市場は夜で閉場となっていてもその頃のニューヨーク市場は活発に取引されている午前の時間帯、というようにFXの24時間取引可能という魅力を実現させている要因でもあります。

また東京市場は世界三大市場の1つにも数えられています。

為替市場の1日は、ニュージーランドのウェリントン市場からスタートし、アジア→中東→欧州を経由して、ニューヨーク市場で幕を降ろします。それぞれの市場が日本時間の何時に相当するかというと、これは季節によって異なります。オセアニア地域、欧州、米国などは夏時間(サマータイム)制を採用しているからです。しかもややこしいことに、北半球と南半球では季節が逆ですから、北半球が夏時間のとき、南半球は標準時間(冬時間)となります。

http://www.fx-soken.co.jp/kawase/k_j_010.html

外国為替の取引の場となるのが「外国為替市場」です。
「東京外国為替市場、本日の相場は・・・」テレビやラジオのニュースでしばしば耳にしますね。

東京外国為替市場は、ニューヨーク、ロンドンと並ぶ「世界三大市場」の一つです。
しかし、東京証券取引所のような建物がある市場ではなく、バーチャルな市場です。

為替市場は、電話やオンライン(通信回線)を通じて世界各国間が、それぞれの昼の時間帯を連続させることで24時間つながっている、バーチャルなネットワークで構成されています。

市場参加者(国・銀行・機関投資家・企業・個人など)は、この巨大なネットワーク市場を通じて、24時間取引が可能というわけです。

http://www.lfx.jp/foreign_exchange-market.html

主な為替市場の値動きの特徴

世界三大市場に数えられるロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場の3つはFX取引をする上で外せない重要な市場となるため、この3つの市場の値動きの特徴を把握しておくことも大切です。

東京市場を例に挙げると、自動車メーカー、石油元売り、商社など本業で為替取引が必要な方々が実需のために取引に参加します。

この実需目的の方の取引はパターン化されていることが多く相場の変動が読みやすい、取引時にそのパターンを想定しておくことで取引のチャンスを広げられます。

実需とは、貿易取引や資本取引など、実際の商取引に基づいた為替の需要を示す。

実需に絡んだ為替取引を行う市場参加者は実需筋と呼ばれている。
実需筋としては、石油会社、電力会社、自動車会社、電機会社などが挙げられる。
石油会社や電力会社は海外から原材料(原油、ガスなど)を輸入するため、円資金を外貨に転換する需要(外貨買い・円売りの需要)が発生する。
一方、自動車会社や電機会社は海外へ輸出した商品の代金を外貨で受け取ることがあり、外貨資金を円に転換する需要(外貨売り・円買いの需要)が発生する。為替取引では、投機筋の売買が圧倒的な比率を占めると言われているが、実需筋の売買が市場参加者の思惑を呼び込む形で相場の方向性を決定付けることもある。

http://www.fxcm.co.jp/support/word/k1pgmk000000qdi1.html

東京市場に比べると、ロンドン市場、ニューヨーク市場は「投機筋」の割合が多くなります。そのため、ロンドン市場、ニューヨーク市場では値動きが大きくなります。
 従って、東京市場での値動きは比較的穏やかです。一本調子に動くのではなく、上昇する時は押し目を入れながら、下落する時は戻りを入れながら、という値動きが多くなります。
一方、ロンドン市場、ニューヨーク市場では「投機筋」の割合が多いため、直前の高値・安値や主要なサポート・レジスタンスをブレイクした時や発表された経済指標がサプライズ(予想外)なものであった場合、押しや戻りを入れずに一気に動くことがあります。

http://www.toushilabo.com/learning/basic_fx/backnumber/02.html

いつどこで取引するかも重要

Sessions EX
http://1.bp.blogspot.com/-9v2b27_ylBc/Ve2Tcf-w3jI/AAAAAAAAAzo/kC30mM0FtJs/s200/Sessions%2BEX.png

FXはどの市場のどの時間帯で取引するかによって利益率が大きく変わってきます。特に前述した世界三大市場は取引高が多く世界中のトレーダーが参加しているため値動きも大きくなりやすく何度も取引チャンスが生まれます。

海外市場で取引と聞くと不安な感じもしますが、取引システム、取り扱う銘柄数など東京市場で取引するのと何ら変わらないので積極的に参加しましょう。

時差の関係で世界の主要な外為市場がずれて動くので、それぞれの時間帯にそれぞれの市場の特徴が色濃くでます。

その特性を利用して、FX取引をするおススメの時間帯というものがあります。
最も分かりやすいのが、世界の主要市場がオープンする時間帯です。
世界3大市場というのは東京、ロンドン、ニューヨークですが、その中でも欧州とアメリカというのは外為取引高も多く、毎日活発な取引が行われています。

つまり、ロンドンとニューヨークそれぞれの市場が同時に開く時間帯というのは、欧州勢とアメリカ勢がそれぞれ参戦してくる時間帯なので、相場が動きやすくその時間帯を狙って 取引をするとその日のトレンドをつかみやすく、成功率が高くなります。

http://hot-fx.jp/fx-kihon/timezone/

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |