カヤックで様々な水上を楽しもう! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

カヤックで様々な水上を楽しもう!

マリンスポーツとして人気の高いカヤックについてまとめてみました。 色んなフィールドで色んな楽しみ方ができるので、ぜひ記事を読んで皆さんも挑戦してみてください!

カヤックとは何か。

カヌーというのは、パドルで漕ぐ小舟を総称した名前です。
カヌーにはいろいろな種類がありますが、大別すると、使用するパドルの違いによって「カナディアンカヌー」と「カヤック」とに区分されます。
カナディアンカヌーは、シングル・ブレードパドルといって、水を漕ぐブレードが片方だけに付いたパドルが使用されます。 艇は通常オープンデッキになっています。荷物の積載能力が高く、ツーリングに適しています。
これに対して、カヤックは左右にブレードが付いたダブル・ブレードパドルが使用されます。
艇はクローズドデッキ(上部がデッキで覆われたもの)になっていて、コックピットに座ってパドル操作をします。比較的小振りで小回りが利くのが特徴です。
因みにカヤックは乗る場所によって名称や使用するカヤックが変わってきます。
名称はは大きく3種類に分けられ、川で乗るものをリバーカヤック、湖で乗るものをファンカヤック、海で乗るものをシーカヤックと呼び、特にファンカヤックは安定性や直進性共に比較的強いものが多いため初心者の方に最適と言われています。

必要な道具など。

艇、パドル、PFD(ライフジャケット)、フローテーションバック、スプレースカート、ビルジポンプ、
クイックロープ or スローロープ、くらいが最低限欲しいでしょうか
その他にもたくさんの種類やメーカーがあります。
カヤックを頻繁に楽しむようになったら、装備までこだわってみるのもいいかもしれません。
そうでない方もレンタルや、体験などで貸し出している所もあるので安心ですね。

それぞれの性能。

リバーカヤックは主に流れのある川で使用するもので、機動性や回転性にに優れているため川の中を縦横無尽に動く事ができます。最も愛好者が多いと言われているのはこのリバーカヤックです。

ファンカヤックは緩やかな流れに特化しており、安定性が高くコックピットが大きいためフィッシングボートとしても利用されます。空気を入れて膨らますタイプのものもあり、収納面からも初心者向けとなっています。

シーカヤックは障害物のない水域に向け直進性とスピードに長けており、一体成形のものから組み立て式のものなど多種多様となっています。シーカヤックの前後には荷物入れがあるため、テントや食料等のキャンプ用品が入るスペースがあり海岸線を旅する事も可能です。

リバーカヤック

リバーカヤック

カヌーという乗り物は非常に不安定なものなので、体の大きい人や体重の重い人が普通のカヌーに乗るのは少し難しいものなのです。
そういう人たちは、カヌーの幅に注目してみてください。

カヌーを水上に浮かべたとき水につかる面で一番広い部分を「喫水幅」といいますが、一般的にこの喫水幅が広いほど船の安定性は高まります。
カヌーのスピードは遅くなってしまいますが、転覆しないためにはこれはとても重要なポイントです。

最後に注目すべきことは、船底の形状です。
カヌーは、船底がフラットなほど波の無い場所での安定性が高まり、シャープなものほど波のある水上での安定性が高くなるという面白い性質を持っています。

これらのことを考慮して、自分に合ったカヌーを見つけて楽しくツーリングをしてくださいね。

それぞれで見られる違った景色。

はじめてのダウンリバー – YouTube

2013 05 19 十和田湖カヤック – YouTube

シーカヤックで無人島へ行ってきた – YouTube

それぞれ違った良さがありますね。
個人的にはシーカヤックでの旅がとても惹かれました。
最近では透明なカヤックなども販売しており、さらに鮮明に水中を見る事もできるので楽しみ方が増えますね。

皆さんもぜひご自分に合ったカヤックの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |