【おしゃれ振袖】モダン柄の振袖を古典柄と比べながら着こなす | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【おしゃれ振袖】モダン柄の振袖を古典柄と比べながら着こなす

モダン柄を使った振袖ならば、自分の個性を主張しながら好みの柄を見つける事ができる可能性が高まります。それは種類も豊富で現代的なアイテムが多いからです。

最近は、古典的ながらの振袖の他にもモダン柄の振袖が注目されています。

古典的なものでしたら、流行に左右されない柄が特徴で、
たとえば花を例にとっても「桜、ボタン、菊」といったような昔からの柄が多いです。

それに対して、モダン柄でしたら
「洋風の花やモノトーン柄」といった現代的で個性的なものが多い印象です。

振袖はどんな柄がいいの?迷っているのは普通なの?

レトロ柄はあまり周りと被らなそうで今時な感じでデザインが可愛いって思ってるの
ですが、浴衣っぽくない?と言われてしまいました。
確かに浴衣だったらいつでも着れるし・・・みたいな感じです(>_<)

モダン・古典は日本の伝統的な振袖で派手でとても綺麗で素敵だなって思います★
成人式に来る大半の方はこちらの振袖だと思うのでどうしよう(>_<)と考えています。

優柔不断でごめんなさい。
一生に一度なのでとても慎重になってしまいます・・・。

実際に多くの女性が迷ってしまっています。振袖を着る機会などはなかなかないために慎重になってしまうのもうなづけます。
写真撮影をするために振袖を着るようなチャンスは写真好きなら何度もあるかもしれませんが、成人式などのハレの舞台で着る振袖は一生に一度だから色々悩んでしまうのが当たり前で普通の事でしょう。

迷うのが普通なのでたっぷり悩みましょう。
特に早めに選び始める事でレンタルの場合ですと好みの柄が残っていることが多くなりますので、できる事ならば一年前の2月頃から選び始めるようにしましょう。

そうすると可愛い柄がたくさんあります。
特にモダン柄で最先端のモノを着てみたいならば、なお一層早めの行動が重要になります。

2月中に行動している人はやっぱり可愛いアイテムを手に入れています。

気に入った柄を見つけたと言っている女の子は二月頃になるとかなり増えてきます。
一生に一度の柄選び、振袖は可愛いものを絶対に着たいならば早めに動くのがもう常識。

モダン柄?それとも古典柄?似合う柄を一緒に探してもらおう

弊社ではお急ぎの際でも、一度ご来店いただきまして、お客様のお顔立ちと雰囲気から選んだ、お勧めの振袖をコーディネートさせていただいております。お客様のご希望をお伺いしながら、ご納得いただくまでご試着をしていただけますのでご安心ください。
やはり大事なのは、一人一人の顔立ちや雰囲気を見ながらプロの人に似あう柄を選んでもらう事です。
自分の好みとプロの選球眼を生かすためにも、必ず一度早めの時期に来店してコーディネートを考えてもらうべきです。

モダン柄や古典柄、いろいろありましたが、私は古典柄のほうが好きなようです。
手に取るものが尽く古典柄だった。
たまに母のすすめでモダン柄をみるけど私には似合わないなと思ってしまう。

何より手毬の柄が可愛かった!やっぱり日本人なので!

ということで、あまり気のりせず行った振袖選びが思いがけず楽しめました。
これから、髪留めを手作りしようと考えてます。どんなのができるかな?

空白が多い柄は小さい人が着ると、空白を生かしきれずすっきり見せれないという欠点もあるので
意外と似合わなかったりします。
背の高い方が地色が多いのが気になるという場合は色を濃い地味な色にして
ポイント柄をモダンな柄にするとスッキリとしたかっこいい系になります。

ご希望のやさしい柄と、大人の女性で、背の高さを生かした華やかさとなると
色を抑えた加賀友禅がその系統になるかもしれません。
本加賀はお値段が、かなりイイので
気軽にオススメとは言えませんが…
加賀友禅は加賀五彩といわれるやさしい色を基調として基本花柄なので
華やかさも十分あって、和の雰囲気も上品さもあるのですが
何せ数が少ない、お値段高い、気軽に着れる小紋や付け下げが少ない
という大きな欠点があるので、そういうものもあるよ的に見て見られるのもいいかなと言う感じです。
インターネットで販売しているところもあって、検索すると画像も見れるので
興味がお有りなら見てみてください。

身長が高い女性もモダン柄のスッキリとした雰囲気の振袖を選ぶことで、
高身長がカッコよく引き立てられる場合もあります。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |