成功者に学ぶFXの投資法とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

成功者に学ぶFXの投資法とは?

楽しく学びたいのなら

ごくふつうの主人公・まりおくんの唯一の趣味はFX。しかし実態は負けてばかり。そんなまりおくんを凄腕トレーダーと勘違いして弟子入りしたみっちゃんを始め、個性的な人物が次々と登場。そのストーリーを楽しみながら、トレード手法などが学べるユニークなFXコミック、書籍「リスク on まりおくん」。

http://zai.diamond.jp/articles/-/181047
img_78b215e2d22c9a1faa823e0a6b855649529760
http://zai.diamond.jp/articles/-/181047
こんな漫画があるなんて私も初めて知りました。FXに関する専門書はいくつもありますが、最初は気軽に始めたいということで漫画から始めるのもアリだと思います。

通貨ペアにおける割安感

では対米ドルでのトルコリラはどうか。対米ドル取引をドルストレートと呼びますが、こちらの5年MAからのかい離率はすでにマイナス50%以上に拡大しました。以上のように見ると、トルコリラのドルストレートは、すでに空前の割安圏での展開が続いているようです。
円も米ドルも超低金利通貨ですが、それに対するトルコリラの割安感は、このように5年MAからのかい離率という指標で比較すると大きな差があるようです。ほかの基準に対する割安感も確認することで、「割安な通貨」探しが、「何となく」といった心もとなさを薄めていけるのではないでしょうか。(了)

http://hbol.jp/67374
kqs94h7g-550x412
http://hbol.jp/67374
トルコリラはスワップがかなり高いので有名で最近では色々な証券会社で取引ができるようになりました。ただ変動が激しい通貨ペアなので、どうしても取引に躊躇する場合があります。その場合は円とドルの両方で比べてみて、割安感が大きいほうで取引するのも良い方法なんですね。

代表的な個人投資家

両方とも利益を生む投資行動だったかはともかく、ミセス・ワタナベの逆張りは相場の振れを小さくする役割を果たしたとみられる。そこが相場安定を重視する当局の注目ポイントだ。ギリシャ財政危機を受けた最近のドル安・円高局面でも、FX投資家のドル買いが増えたようだ。
もっとも、FXが相場の変動を大きくしてしまうリスクもある。ここで重要なのは、評価損が証拠金の一定割合に達すると強制的な反対売買で損失を確定するFXの機能(ロスカット)だ。FX利用者のドル買いが増えているとき、ドル急落でロスカットによる反対売買(売り)が膨らむと、ドル下落をむしろあおる。

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO89002620X00C15A7PPE001
96958A9F889DEAEBE2E2E0E4E0E2E2E5E2E5E0E2E3E7828297E2E2E3-DSXMZO8904611008072015000001-PN1-8
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO89002620X00C15A7PPE001
一人の個人投資家がFXどころか為替市場に影響を与えるというのはすごいですね。個人投資家の成功しているトレードのタイミングや情報の発信を追っていくのはなかなか難しく感じますが、こういった世界的に有名なトレーダーなどはネット上で追いかけている人もいるので、色々な情報を探せるのかもしれません。

手法を本格的に学びたいのなら

■『トレーダーズスクール』とは?
『10年後に0を2つつける』をコンセプトに、FXトレーディングを1から学び、投資で継続性のある稼ぎ方を学べる場として継続的に開校しています。
投資はスキルがないとお金を稼ぐことが難しく、9割以上の人が損をしているといわれるほど諸刃の剣です。『トレーダーズスクール』では、初月から30万、3ヶ月で月収100万などといったギャンブル投資ではなく、将来お金に困ることがないように安定的に稼ぎ続ける投資スキルを身につけて、5年後には資産に0を1つ、10年後には0を2つ付けられるような指導をいたします。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/160301/prl1603011032042-n1.htm
昔、海外にはタートルズという投資家の集団があったらしいです。今はどうなっているのかわかりませんが、タートルズは独自の画期的な手法を次々に生み出していき、かなりの利益を稼ぎ出したという話があります。その中でもブレイクアウトという手法は今でも世界中の投資家が愛用している手法の一つです。日本では年単位でトレーダーを育成していこうという試みが浸透していません。ですが最近では、徐々にですが専門トレーダーを育成しようという動きがあるので、こういったものに参加していこうというのも良いのかもしれません。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |