最高の自分を最高の写真写りで!振袖姿を1.5倍キレイに魅せる秘訣 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

最高の自分を最高の写真写りで!振袖姿を1.5倍キレイに魅せる秘訣

結婚式や卒業式。晴れの日に振袖を着て素敵に装ってみたいなあ、と憧れる女子は多いでしょう。そして、その姿をできるだけキレイに写真で残しておきたいはず。ここではその切実な乙女心に応えて、振袖を着て写真を撮る時の美しいポージングのコツをまとめてみます。

洋服と着物では「美しい」の価値基準が違う

普段と同じ感覚でポーズを撮っていると、
後から「あれ?何か違う…」とがっかりすることになるかもしれません。

自分を美しく見せるのがお仕事のプロのモデルさんでも、
慣れない着物を着た時は少し戸惑ってしまったりもするようです。

なぜなら洋服の時と着物の時では、「美しい」の価値基準が違うから。
当然、美しく見えるポーズも変わってくるのですね。

カメラに対して少し斜めに立つ

写真素材なら「写真AC」

着物は正面から見ると帯などでお腹付近が太って見えます。もともと身体のラインを出さないようにするのが着物の役目だったからです。ですが、それでは写真写りがいまいち。少しでも身体のラインを出すために、身体を斜めに向けます。この時首から上はカメラを向くことで、動きが出ます。着物が膨張色の場合、よりはっきりと効果が出るので、いちばんに意識しましょう。
正面を向いて堂々とカメラの前に立つよりも、少しだけ斜めを向く。
こうすることで身体のラインにもメリハリがつきますし、
少し恥じらっているかのような「古き良き日本女性の控えめさ」のような雰囲気も出ますね。

脇を締め、肩は落としてなで肩を意識。肘を曲げて指先を重ねる

撫で肩は着物を優雅に着こなす秘訣。脇を締めると自然に肩が落ちるのですが、緊張すると上がり気味になるので意識して肩を落としましょう。肘を曲げて指先を重ねるのは、上品に見せるテクニック。振袖は腕を下ろすとだらしなく見えるので、若干肘を曲げて表情をつけるほうがきれいに見えます。最後につま先を揃えて美しい着物ポーズは完成です。
肩を落としたり脇を引き締めて指先やつま先を揃えるなど、
細部に気を配ることで「おしとやかさ1.5割増し」を狙えます。
写真素材なら「写真AC」

手を胸元に添えたりするのもきれいです。脇は締め、下ろしている方の手でたもとを持ち、真正面ではなく少し斜め向きを意識します。指先はそろえておきましょう。
写真素材なら「写真AC」

伏し目がちな目元も上品な印象です
普通のポーズに飽きた貴女、もし機会があったらこんなふうに斜め後ろあたりから撮ってもらっても素敵です。モデルさんになった気分で。

どうせなら、動いている時も美しく

より女性としてランクアップしたいなら、写真のポーズだけでなく、美しい動作も意識してみましょう。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

仕草を磨いておくと、
浴衣の時も友達に差をつけられる!
■NG動作■

●外股歩き
ご自分で思う以上に下品に見えます。
特に、写真撮影で前列の場合はお気をつけください。
常に内またで、外に半円を描くように歩くと
優雅できれいに見えます。
着付けてもらったら、下前(前に重なった布の下側)のすそを
一度外側に三角に払うようにしておくと歩きやすくなります。

●腕をにょっきり出す
テーブルでバターをとったり遠くのものを取る時は
反対の手で袖下をつまんでおさえます。
袖の汚れ防止にもなります。
バッグは腕にかけず、常に手で持つようにします。

●その他
二重太鼓がヒップの上、背中のくぼみにおさまりますので、
それを意識して胸を張って、歩く時は下半身で動く
ようになさるときれいです。

着物に慣れていない方は、どうしても袖が邪魔に感じ、気になってしまうかと思いますが、袂を押さえることによって全ては解決します。例えば、遠くの物を取るとき、飲み物を注いであげるとき、しゃがんで物を取るとき、つり革に掴まるときの動作は、必ず袂を持ってから行います。

また、階段の上り下りも裾が開かないように手で押さえながら行動します。

車に乗る時には、お尻から入れるようにシートに腰をおろします。片手で袖を持ち、もう片方の手で上前を押さえながら身体を回転させて足を入れます。

着物を着たときは、普段何となくしている動作がとてもしにくくなったりするものですよね。
例えば落としたものを拾うとき、飲み物を注いで飲むとき、階段の上り下り、電車や車に乗る時…
思い浮かべれば枚挙にいとまがありません。

着物が汚れることや着崩れなどを防ぎ、
見た目にも無駄なく美しく見えるちょっとしたコツを覚えておけば、そうした時も安心です。

写真素材なら「写真AC」

いかがでしたか?
セレモニーの場で素敵な着物をまとい、素敵な自分を演出したら、
それをきっかけにぜひ普段の立ち居振る舞いにも着物の所作を取り入れてみましょう。
すぐに身に付く、というわけにはいかないかもしれませんが、
いつかきっと誰からも一目置かれる「品格ある大人の女性」になれます。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |