どうせ摂るなら吸収率を高めたい!グルコサミンのマル秘技 | キュレーションメディア

どうせ摂るなら吸収率を高めたい!グルコサミンのマル秘技

膝関節などに良いと言われるグルコサミン。人気の健康食品ですが、普通に飲むよりもグルコサミンの吸収率を高める方法は有るのでしょうか。グルコサミンのマル秘テクニックについて調べてみました。

コンドロイチンと一緒に摂ると効果的です。

ヒアルロン酸と一緒に摂るのもオススメです。

動物性と植物性の違い

グルコサミンには動物性と植物性の違いもあります。

カニ、エビなどの甲殻類から抽出するグルコサミンは動物性グルコサミンであり、トウモロコシなどから抽出するグルコサミンは植物性グルコサミンです。

動物性の植物性の効果の大きな違いはありませんが、動物性のグルコサミンの方が吸収率が優れています。そのため基本的には動物性のグルコサミンを摂取するのが良いです。ですが、甲殻アレルギー(カニ、エビなど)を持っている方は動物性由来ではなく植物由来のグルコサミンを摂取するようにしましょう。

軟骨の水分を補給してくれます。

グラフイラスト素材02 | イラスト無料・かわいいテンプレート

[フリーイラスト素材] イラスト, 握手, 手, 人体 / 体の部位, ビジネス, 取引, EPS ID:201403120500 - GATAG|フリーイラスト素材集

グルコサミンってなに? | ケルセチンプラス配合の「グルコサミン&コンドロイチン」はサントリーウエルネスオンライン

その秘密は、カラダの中の成分と同じカタチだから!
食品やサプリメントなどで口から摂取した、N-アセチルグルコサミンや通常のグルコサミン、ヒアルロン酸は、それぞれ体内で吸収され、その後、ひざ関節軟骨、肌、眼球などの体内組織に運ばれて利用されます。この利用される割合が高いほどその効果が期待できます。

N-アセチルグルコサミンはカラダの中の成分と同じカタチなので、利用される割合は通常のグルコサミンよりも約3倍も高く、同じ量を摂取した場合、N-アセチルグルコサミンの方が効率よく利用されます。

N-アセチルグルコサミンに比べ、通常のグルコサミン、ヒアルロン酸は体内に吸収して利用されるまでの経路が長い。

グルコサミンとコンドロイチンは、それぞれの働きをサポートし、より良い形での相乗効果が期待出来るとされています。グルコサミンが軟骨の再生と修復をする一方で、コンドロイチンは軟骨に水分と栄養を与えて、より強い軟骨精製をサポートしてくれます。

しかし、グルコサミンは軟骨の再生と修復と同時にコンドロイチンを生成するため、その両方を行った場合体内ではコンドロイチンが不足気味となり、軟骨が再生されても十分に機能を果たすことが難しくなってしまう場合があるのです。

そのため、グルコサミンと合わせてコンドロイチンも同時に摂取することで、体内のコンドロイチンが不足するのを防ぎ、グルコサミンの軟骨再生機能をサポートすることができるのです。

グルコサミンと言っても何種類かあります。
N-アセチルグルコサミンの物を購入すれば間違いないでしょう。

最も吸収率の良いグルコサミンですので、
それを用いた製品も吸収率を効果的に得られるものが多いです。

箱書きなどを見て成分がわからなければ、
店員さんに聞けば教えてくれるはずです。

何から作られたグルコサミンかも重要なようです。
カニやエビの絵が描いてあるグルコサミンなら動物性と見て良いでしょう。

アレルギー体質の方は植物性の方が良いかもしれませんが、
アレルギーが出ない程度に飲んでみるのも手です。

体質に合う製品を購入してください。

グルコサミンとコンドロイチンは抜群の相性です。
それぞれ単品で摂るよりも、一緒に摂った方が良い働きをしてくれます。

グルコサミン+コンドロイチンの製品も多く販売されているので、
そうした製品を購入するのも良い手です。

もちろん含有量の多い単品を購入して、一緒に飲むのも有りです。

グルコサミンとヒアルロン酸の相性も良いですね。
軟骨には水分が欠かせませんので、
水分を考えたらヒアルロン酸も一緒に摂りたいところです。

グルコサミンとヒアルロン酸が一緒の製品があれば試してみてください。
グルコサミン単品よりも良い働きをしてくれるでしょう。

カニやエビなどのグルコサミンです。

動物性のグルコサミンの方が吸収率が良い。

吸収率がなんと三倍!

N-アセチルグルコサミンを選びましょう。

ヒアルロン酸は、軟骨を構成する成分のひとつで、コンドロイチン同様に、グルコサミンからつくられる成分です。人体の中では皮膚の中にも存在し、関節の動きをスムーズにする潤滑油的な働きをします。不足すると、関節の動きに支障をきたすだけでなく、肌荒れを招くことでも知られています。

軟骨内部では、ヒアルロン酸は主に水分保持の役割を担っているのですが、その保水力は、わずか1gで6リットルの水を保持できるという驚異的なもの。
しかし、年齢とともに、ヒアルロン酸も減ってくるため、積極的に補うことが必要です。
ただし、ヒアルロン酸は分子が大きく、摂取量の10%以下しか体内に吸収されません。単独ではなく、グルコサミンと同時に摂取するのがおすすめです。

相乗効果が期待できます。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |