【むくみにも効果あり】青汁で痩せる!ダイエット効果を公開 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【むくみにも効果あり】青汁で痩せる!ダイエット効果を公開

青汁が健康や美容にいいことは有名ですが、実は青汁ダイエットというものがあることはご存知でしょうか?また、むくみ対策にも良い結果が得られると聞きます。その点についても調べてみました。

ダイエットをする上で一番厄介なのがリバウンドです。
青汁ダイエットはすぐには効果が出ませんが、無理が無いのでリバウンドが出にくいと思います。
体質改善をすると、お肌や健康にも良いという、おまけまで付いてきます。
日本人が好む食事には塩分が多いと思います。
塩分はむくみの原因になりますから、カリウムによって、これを体外へ排出するわけです。
ケールなど青汁にはカリウムが豊富ですから、むくみ対策には最適なんですよ。
明日葉を切ると、黄色い液体が出てきますが、これがカルコンです。
このカルコンには脂肪が体に溜まるのを抑制する効果もあります。
ダイエットだけを考えるなら、明日葉青汁がお勧めです。
青汁の食物繊維は不溶性が多いです。
ですから、水溶性の果物や海藻類を摂取して、バランスを整えましょう。
基本的には水溶性1に対して、不溶性2の割合です。
近年になって睡眠ダイエットが注目されています。
その理由は睡眠時間が足りなかったり、質の悪い睡眠をとっていると、太るというデータが出ているからです。

つまり、メラトニンの安眠効果による、質の良い睡眠を毎日とることで、
痩せやすい体質になるという夢のようなダイエット方法です。

現代人は睡眠の長さだけではなく、睡眠の質も落ちていることがほとんどですから、目覚めが爽快ではない方は一度ケールの青汁を試してみると良いでしょう。また、ケールの青汁を飲むか迷っている方ならメラトニンの安眠も考慮にいれる価値あり、と言えると思います。

睡眠をコントロールし、病気を予防してくれるメラトニンですが、現代人の普段通りの食生活ではあまり摂ることが出来ません。また、メラトニンの分泌量は歳を重ねるとだんだんと減っていきます。歳を取ると早く目がさめるのもメラトニンの分泌量が減った影響が大きいと言われています。

【デトックス効果】青汁の食物繊維で便秘解消♪

ケールのメラトニンで安眠ダイエット♪

食前に青汁を飲むだけです。
 この方法は、食事制限はありません。もちろんなんでもお腹いっぱい食べていい訳ではありませんが、特定の食品を制限する必要もなく、栄養バランスのよい食事を心がけていれば大丈夫なのです。
 青汁は健康食品で、ダイエット食品ではありませんが、ダイエッターにとってはとても重要な栄養素が含まれています。
 食前にお水に溶かした青汁を飲むことによって食事での満腹感も早めに感じられますし、食事を減らしても、その分の栄養素を青汁が補ってくれますし、精神的にもストレスはない方法だと思います。
 即効性は高くないかもしれませんが、毎日続けることによって、基礎代謝を高め、体質を変え、太りにくい体を作っていく、健康を考えたダイエット法です。
青汁にはおもにケール、大麦若葉、ゴーヤーなどが配合され作られています。
これらは栄養価が高く、中には食物繊維の他に、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどの現代人が不足しがちな栄養素も含まれています。
青汁を飲むと便秘解消に効果があるというのは、便秘解消に必要な食物繊維がたっぷり含まれているためです。

青汁のカリウムが「むくみ」を解消!

むくみをスピーディに解消するためには体内の塩分濃度を下げ、溜まった水分を排出する必要があるということ。

そこで役立つのが青汁に豊富に含まれるカリウムです。カリウムには利尿作用があり、水分代謝を活発にします。細胞内の余計な水分が排出されるので、むくみの解消につながるというわけですね。

明日葉の葉、茎、根からは、カルコンという成分が含まれています。
このカルコン、むくみ、セルライト解消に効果がある、脚痩せにはうってつけの成分なのです。
カルコンは、血行促進作用や、水分代謝を高める作用があります。

すると体内の老廃物がスムーズに排出されるようになり、むくみのないすっきりとした下半身になります。
カルコンを定期的に摂取すれば、老廃物をスムーズに排出できるようになり、むくみ知らずの体を目指すことができます。

ダイエットなら「カルコン」が豊富な明日葉の青汁

【簡単♪】青汁ダイエットの方法

著作者: freeimageslive / gratuit

著作者: freeimageslive / gratuit

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |