留袖に合う小物を教えて! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

留袖に合う小物を教えて!

留袖は礼装用に着る機会が多いので小物選びにも慎重になると思います。ここではどんな小物を選んだら良いか?どんな小物が似合うか?について調べてみました。

留袖で必要になる小物類

留袖の着付けをする前に、
長襦袢、半衿、衿芯、裾よけ、肌襦袢、枕、前板、腰紐、伊達締めは必ず用意しておきましょう。

また、シーンに合わせて次のものも選んでおきましょう。
足袋、帯締め、帯揚げ、祝儀扇、草履、バッグ、かんざし

自分で揃えるならこのあたりで十分だと思います。
レンタルなどを利用するときは、これらがあるかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

◆ 足袋。
◆ 腰ひも3~5本(長襦袢に一本使いますが丈が長い場合もう一本。着物の腰紐に一本、帯を結ぶのに仮り紐として一本、* 胸紐を使う場合一本。* 腰紐の代わりに腰紐ベルトを使う場合は本数が減ります)
◆ コーリンベルト、着物に1本。無くても腰紐で代用できますがあったほうが重ね衿を止めるのに便利です。
◆ 伊達締め2本(* 長襦袢を着る時に一本、* 着物で一本)
◆ 帯板(前板‥帯の前の部分にシワができないように、初心者は帯板にベルトの付いているものが使いやすいです。)
◆ 帯枕、紐が付いていますが細いので背中に添わせにくく締めると痛いので、同寸のガーゼで包みます。
◆ 帯揚げ、◆ 帯締め、
◆ 和装ブラジャー、無くてもよいですが(胸元をすっきりさせることでより着物姿が美しくなります、特に胸の大きな人にはお奨めします)
◆ ヒップ、ウエスト、補整用のタオルを3枚~5枚、体型によって枚数が変わります。
◆ 衿芯、長襦袢に半衿を付けておきます。その中に衿芯を通します。
◆ 草履、バッグ

黒留袖に似合う草履とバッグの選び方

黒留袖はシンプルな色使いをしていますので、草履やバッグは多少派手でもいいかもしれません。
あまり目立つのは嫌だという方であれば、白地に金糸の織り地が入っているものがいいようです。

留袖にはマナーがありますので、小物といえど何でもいいわけではありません。
その点だけは注意しましょう。

金銀を選びがちですが、派手過ぎず、地味過ぎないように、『白地に金糸の織り地の草履バック』がオススメです。
柄はあまりないものの方が無難かなと思います。
柄ありでしたら、花とかよりも吉祥文様の方がいいと思います。
花なら枝無しの桜や桜の花びらが無難です。

白地なら、どのお色の着物に合わせても明るく見えます。

あとは、マチの大きめなバックを選ばれた方がいいと思います。

留袖の小物の選び方

ある程度の約束事はありますが、その通りに小物を選んでいれば大体は留袖に似合ってきます。
黒留袖の場合は長襦袢や半襟などは基本的には白で、シンプルに考えたほうがいいと思います。
色留袖の場合も基本は白が良いと思いますが、着物の色に合わせて薄めのカラーを選んでも似合うでしょう。
草履やバッグは金や銀を使った色のものだと、留袖を美しく引き立ててくれますからお勧めですね。

合わせる長襦袢・帯・小物類

黒留袖に合わせる長襦袢は基本的に「白」です。地紋や織柄が入っていてもOKです。
色留袖の場合はTPOにより身内の結婚式なら「白」で他の場合は「色」でもかまいません。
半襟も「白」が基本で刺繍(白糸刺繍)などで豪華に見せることが多いです。
帯は「袋帯」です。特に黒留袖には金糸や銀糸の袋帯を合わせることが多いです。
帯締め帯揚げも「白」で、金や銀が入ったタイプでも大丈夫です。 特に第一親等の結婚式には末廣(扇子)も必要なお道具と言われています。
草履やバックも金や銀地の物が好まれ、草履は普段着用よりかかとの高い2段・3段が多いです。
着付けに必要な下着や小物はこちらをご覧ください。

帯揚げと帯締めは礼装用の白のものを使ってください。
帯揚げは白に金糸や銀糸をほどこしたものもありますが、これは可です。
帯締めもやはり白で、金銀は可です。
帯締めの形は平たいものが正式で、片側が何本にも分かれているなど
もってのほかです。
他の色が使われているのもだめです。

扇子は必ず骨が黒塗りで、金銀両面の扇子を持ちましょう。
お茶で使っている扇子はだめです。
ちなみに半衿や長じゅばんも白です。

帯は金や銀を使った織りの袋帯を使ってください。
くれぐれも染めの帯など使わないよう。

ハンカチも常に入れておきたいですね♪

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |