【改めて確認】グルコサミンってどんな効果があるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【改めて確認】グルコサミンってどんな効果があるの?

軟骨関節の大きな主成分になっているグルコサミン。このグルコサミンが減少すると関節に大きな影響を与えてしまいます。グルコサミンについてまとめてみました。

自分に合ったグルコサミン

摂取するのに気をつけたい人

商品の数に比例して価格もいろいろ、そして販売しているメーカーも同様にいろいろとあります。では、その中からオススメのグルコサミンの商品を探すには、一体どのようにすればいいのでしょうか?

これに関しては、あなたの体調や関節の状態によって、大きく異なります。症状が軽ければ、軽い人向けの商品を購入すれば問題ありません。また、症状が重ければ、重い人向けの商品、グルコサミンの配合率が高い商品を買うなど、オススメに関しては人それぞれ異なってくるのです。

全く同じようなグルコサミンサプリメントがたくさん売られているのではなく、色んな種類の商品があるのですね。ネットなどで自分に合うものを事前に調べて、買うのも良いと思います。

グルコサミンについて

グルコサミンは良く聞く言葉ですが、詳しい内容をご存知でしょうか。
テレビCMなどでは健康食品としておすすめされています。

関節を痛めた高齢者や中高年の女性に愛用者が多いそうですが、
実際摂取をおすすめされているのは、若い人達にもいるそうです。

関節を痛めるととても痛いですよね。
その原因は、軟骨関節の主成分グルコサミンが減少し関節を保護できなくなると、
動くだけで骨が擦れてしまうからです。
けれど、たとえグルコサミンが減少したとしても、サプリメントを利用して補うことができます。

グルコサミンとは、動物の皮膚や軟骨に含まれているムコ多糖体の一種です。

ヒトの体内においては軟骨や爪、じん帯などに存在しており、軟骨細胞を形成する成分として知られています。

軟骨は、特に関節において骨と骨の間のクッションの役割を果たしており、曲げたり伸ばしたりする動作を円滑に行うために必要な要素となっています。

そのため、軟骨が不足すると、関節を動かすたびに痛んだり、炎症を起こしたりする原因となります。

効果

関節のクッションの働きする成分はコンドロイチン硫酸。

グルコサミンは、コンドロイチン硫酸を生成する大切な原料。残念なことに加齢とともに、グルコサミンとコンドロイチンの生産量は減ってきます。

グルコサミンを積極的に摂り入れるなら、軟骨のクッションの厚みが増し骨と骨との摩擦が少なくなり、痛みや違和感を抑えることができます。

少し時間はかかるかもしれませんが、できるだけ間隔を開けずに摂取しましょう。

何歳から飲んだ方がいい?

グルコサミンは、グルコース(ブドウ糖)の第2位の炭素にアミノ基がついたものです。
なじみがありませんが、「アミノ糖」といわれます。
アミノ糖にも種類がありますが、それらが長く連結してタンパク質や脂質などと共に丈夫な"編み物"のようなものになります。
これが関節の軟骨の成分となります。ですから軟骨成分の原料である グルコサミン やコンドロイチン硫酸をサプリとして取れば、すり減った軟骨の修復ができると考えられます。

グルコサミンは血糖を上げる?
グルコサミンはインスリン抵抗性(インスリンがよく効かない状態)を高めるという論文もありますが、
しかし、1日あたり1500mgのグルコサミンのサプリでは糖尿病の血糖に与える影響はまずないだろうという論文もありますので、飲まれるときには、必ず医師に相談しましょう。

また、同じ年齢でもグルコサミンの生成量には、かなりの個人差があります。
若いうちから体をよく使ってきた人の方が、グルコサミンは減少しています。
身体を鍛えてきた方こそ、健康なのでは?と思いがちですが、実際には逆で、身体を酷使してきた人の方が、グルコサミンを必要としているのです。

ですので、若いうちに無理をしてきたと感じる方は、少し早目の30代~40代くらいでもグルコサミンの服用を始める人もいます。
これは自分の体との相談になりますね。

ただ、60歳、70歳では明らかにグルコサミンの減少は激しくなっているはずですから、関節などに負担がかからないうちの早めの対応が理想的だと思います。

スポーツ選手には、愛用者がとても多いようです。
誰でも、年齢とともグルコサミンの生産は減少してきてしまうので、事前に防げたら一番良いですね。
体をよく動かしている人は、年齢での判断はしない方がいいと思います。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |