任意整理にも成功例と失敗例がある!その内容とは? | キュレーションメディア

任意整理にも成功例と失敗例がある!その内容とは?

任意整理は必ず成功する方法の債務整理ではありません。債務整理全般がそうですが、100%成功というのはまず難しいですね。そこで任意整理の成功例や失敗例を見て、どうすれば成功率が上がるのか調べてみました。

任意整理の成功例

Free illustration: Success, Successful, Business - Free Image on Pixabay - 1299811 (12643)

バブル崩壊を機に、それ以前からの借り入れ返済が厳しくなり、借金が雪だるま式に増えてしまったAさん。長い期間の借金生活だった事で任意整理での金利引き直し+過払い請求がはまった良い事例です。
借金内容:6社 270万円
長期間借金を払い続けていた為、過払い金の戻りが大きく、差し引きで元金はゼロになり、さらに20万円返ってきた例です。
このような場合は個人再生や自己破産をするよりも任意整理が一番良かったという成功事例となります。
任意整理は、債権者と直接交渉をして過払い金があった場合は債務を減らすもしくは、元本も無くなるという整理方法です。
この成功例では、債務のほとんどがなくなり、過払い金まで戻ってきたケースですね。
これは任意整理を行って良かったケースです。

任意整理の失敗例

過払い金返還請求の失敗例では見積よりも返還される金額が極端に少なかった場合です。これは、金額が少なく、下手をすれば事務所への依頼費用平均10万円よりも少なくなってしまうものを指します。依頼費用での出費が大きくなってしまい、結局赤字になれば費用倒れという状態になり、依頼者にとっては苦労の種となります。過払い金返還請求ならば、少なくとも依頼費用の2倍は回収できるとよく、少しでも多くのお金が取り戻せるようにしましょう。
Free illustration: Words, Letters, Disillusionment - Free Image on Pixabay - 416435 (12645)

任意整理で失敗するといのは成功の反対ですから、過払い金もなく、
元本もほとんど減らずに依頼した弁護士費用などが高く付いた場合です。
こういったケースは失敗したと言えますね。

成功率を高めるためには

Free illustration: Statistics, Curve, Course, Business - Free Image on Pixabay - 1445491 (12644)

手続きを弁護士や司法書士などの専門家に相談依頼する方法が有効です。
任意整理では、そもそも任意整理が適した事案かどうかの手続選択の判断が重要ですし、手続きに入った後も債権者との直接の交渉が必要になります。
これらの判断や交渉を、素人が自分でうまくすすめることはほとんど不可能です。
この点、弁護士などの専門家に依頼した場合には、このような失敗が起こる可能性が低くなり、成功する可能性が非常に高まります。
任意整理は債権者との直接交渉になりますので、代理人の専門家をたてるのが一番成功に近くなります。
交渉のプロですのでお任せすることが出来ますが、費用がかかる点には注意が必要です。

任意整理は成功率が高いわけ

Free illustration: Winner, Success, Hand, Leave - Free Image on Pixabay - 1575839 (12642)

①借金整理の「示談」
任意整理では、裁判所などの公的機関を通さずに、債務者と債権者の間で利息や借金減額の交渉ができます。
話し合いだけで借金額を圧縮することが可能であるため、ほかの債務整理と比べるとハードルが低いようです。
②弁護士の「交渉力」
弁護士に依頼した時点で借金問題は解決に近づきます。
なぜなら、任意整理の鍵は「交渉」であり、専門家である弁護士の「交渉力」に金融業者は弱いからです。
また、大きなメリットとして「債務者の取り立てをストップできる」ことがあります。
弁護士は依頼を受けると、同時に金融業者などの債権者に「受任通知」という書面を発送します。
これにより、和解成立まで支払いをストップすることができます。
任意整理が他の債務整理よりも成功率が高いのは、債権者と債務者が示談で解決出来るところですね。
お互い折り合いを付ければ、確実に成功します。
後は弁護士などの力になりますね。

失敗するとき

Free illustration: Below, Development, Failure, Career - Free Image on Pixabay - 257882 (12646)

任意整理できるかの相談は可能でも、実際に手続きに入るには次のような目安があります。
・任意整理後の借金残高を3~5年程度で完済可能
任意整理は、借金の返済を前提に毎月の返済額を減らしたり、将来の利息をカットします。
なので、任意整理後に毎月の返済を行えない可能性が高い場合には弁護士や司法書士の専門家は手続きすることができません。

債権者が交渉に応じない場合
任意整理は裁判所を通さずに、消費者金融などの債権者と交渉します。
なので、煩雑な手続きもなく短期間で債務整理できる事が多いのですが、交渉すること自体に法的な拘束力はないので債権者が交渉に応じてくれない場合には任意整理での和解は不可能となります。
弁護士に依頼していれば、裁判での手続に入ることも可能なので、確実といえます。

任意整理で失敗をするパターンといのは、弁護士などが引き受けてくれないときに発生しそうです。
これは確実にうまくいかないと判断されればそれは、成功率が極端に低くなると言うことです。

任意整理は債務整理の中で、最もリスクの少ない効果的な方法と言えます。
過払い金を取り戻すのは誰にでも与えられている権利ですよ。
成功例や失敗例を踏まえて、ご自身の任意整理を成功に導きたいですね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |