人気上昇中のパラセーリングについて! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

人気上昇中のパラセーリングについて!

ダイビングやシュノーケリングとは違ってパラセーリングはライセンスを取得しなくても楽しめますが、そんな人気のパラセーリングについてまとめてみました。

なぜパラセーリングは人気があるの?

日本国内ではリゾート地である沖縄が一番のパラセーリングスポットですが、パラセーリング自体が何なのか、いまいちよくわからない、あるいは沖縄のアクティビティはある程度知っていても、パラセーリングについては全く知らない方も多いと思います。

パラセーリングとは、沖縄の海などでできるアクティビティの1つです。

モーターボートに引っ張ってもらう風圧によってパラシュートで海の上空を飛ぶのがパラセーリングになります。

ボートに引かれながら空を飛び続けることができるので、沖縄の海を満喫しながら鳥になった気分を味わうことができるのです。

沖縄のパラセーリングへの参加自体は、特に免許や資格は必要ありません。

パラセーリングは沖縄だけではなく、世界各地でアクティビティとして親しまれており、気軽に大空を舞う方法として親しまれているのです。

パラセーリングは所要時間が短く、いつでも好きな時に観光の予定に組み込めるというところも人気です。他のマリンスポーツのように水着に着替える必要がないので着替える手間も、持ち物を増やす手間もいりません。
思い立ったらすぐに体験できるのがパラセーリングの嬉しいポイントですよね。
ダイビングやシュノーケリングをする際はライセンスを取得しなければなりませんが、パラセーリングであればライセンス無しで楽しめるので人気を集めているようです。
パラセーリングは決して難しいことはありませんし、スタッフの指示に従っていれば楽しめるので、これなら初心者でも安心して出来ますよね。
このように思い立った時に楽しめるのは嬉しいポイントでは無いでしょうか。

20151120沖縄パラセーリング! – YouTube

どんな物を持っていれば良いの?

パラセーリングへの持ち物は一般的な海水浴と同じようなイメージです。水がかかった時用のタオルと、日焼け止め、熱中症予防用の飲み物があるとよいでしょう。上空で気持ち良い風を感じることができますが、涼しさが気になる場合は水着の上から羽織ることができるものを用意しておくと安心でしょう。
また、カメラはパラセーリングに持ち込める場合、持ち込めない場合があるので、参加するツアーの主催者に確認をしておくとよいでしょう。
国内だとパラセーリングをする際にカメラを持ってはいけないと決められている所もあるそうなので、もし禁止されている場合はスタッフの方に写真を撮ってもらうと良いかもしれません。
もし飛行中に撮影をしたいのなら、パラセーリング中でも撮影可能と言われている海外に行ってみると良いですね。
ちなみに水がかからないとは言っても、万が一の為にタオルを持参しておくと良いかもしれません。

どんな洋服が良い?

パラセーリングは基本的に海に着地することはありませんが、波しぶきがかなりかかることもあるので、水着や濡れてもいい服で参加しましょう。水着でない場合は、濡れてしまった際のための着替えの準備をしておくとなおよいでしょう。

ある程度のスリルが味わえます

パラセーリングは、スリルを求める人にとっては少々物足りないぐらいの安定感でしたが、高所恐怖症の人にとっては、十分なスリルを味わえるのではと思います。また、船酔いが心配な人は、波の高さにもよりますが、覚悟していく事が必要だと思います。
天気としては、晴天の日に行えば、綺麗な海や景色を眺める事ができると思いますが、その分、日に焼ける可能性もありますので、パーカーなどを着ていく事をお勧めします。
高い所が苦手な方にとっては十分なスリルを味わえるそうです。
もし船酔いしやすい方であればそれなりに覚悟をしてパラセーリングを楽しんでみましょう。
天気が良い日にパラセーリングをすれば美しい景色や海を思いっきり眺められますが、日焼けをしたくないのなら日焼け止めクリームを塗ったり、パーカーなどの長袖を着ると良いそうです。

ハワイ パラセーリング – YouTube

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |