FXの出来高指標を2つご紹介 | キュレーションメディア

FXの出来高指標を2つご紹介

FXには出来高指標というものがあります。これはファンダメンタルズ分析と対をなすテクニカル分析の内の1種で、どのくらい取引されたかを表す出来高を分析に取り入れた指標となっています。

FXでは市場全体の出来高は分かりませんがFX会社ごとの個別の出来高は調べられるので、出来高指標を活用することは可能です。

オンバランスボリューム

fx
http://www.surota.com/wp-content/uploads/2014/08/fx.jpg

相場には現在上昇傾向にあるか、それとも下降傾向にあるかを示すトレンドという相場全体の流れがあります。

この流れをいち早く見抜きそれに乗っかることが個人投資家として大成する道のりとなるわけですが、ただその時の値動きを見て判断するのは逆行する可能性もあり危険です。

そんなトレンドを見極めるために使われる出来高指標が「オンバランスボリューム」です。

オンバランスボリューム(OBV)は出来高に対する指標です。
これは、出来高は価格に先行する傾向があるという考えに基づいて
考案されたテクニカル指標です。

これは、トレンド判断などに使用します。
日によって買いの強い日と売りの強い日があります。

価格が値上がりした日は、買いが勝っていますし、
逆に値下がりした日は売りが勝っているということになります。

オンバランスボリュームの計算方法は、

値上がりした日の出来高を買い方の出来高とし、
値下がりした日の出来高を売り方の出来高として、

値上がり出来高をプラス、値下がり出来高をマイナスします。
そして、1日の価格の上昇・下落に応じて出来高を差し引きます。

http://biggner-fx-win.seesaa.net/article/82443436.html

オンバランスボリュームの見方と注意点は下記のとおりです。

見方としては0を中央に位置し、-100から+100までの
チャートで表しています。そして相場が上昇している時に
OBVも上昇していれば今後も上昇が続き、相場が下落状態で
ある時にOBVも下降していれば下落が続くと判断するサイン
と捉えます。また相場が下落、上昇していてOBVが横ばい
状態の時はトレンドの切り替わりが予測されます。

又トレンドとOBVが逆の方向に動く時もあり、例えば上昇
トレンドのときにOBVが下降している場合は今後相場が
転換して下落すると判断ができ、トレンドが下降している
時にOBVが上昇している場合は転換して相場が今後上昇
すると予測の判断ができます。

OBVだけでなくほかの テクニカル指標とあわせて売買したほうが良いと思います。

http://fxdaisuki.web.fc2.com/index/onbaransu.html

ワコーボリュームレシオ

ボリュームレシオと分析形態としては同じトレンドの把握につながる出来高指標が「ワコーボリュームレシオ」です。

和光証券(現新光証券)が1974年に発表した出来高指標で元々は株価のテクニカル分析に用いられますが、FXにも活用できるようです。

ワコーボリュームレシオの概要です。

WVR(ワコーボリュームレシオ)とは、和光証券(現新光証券)が1974年に発表した出来高の指標で、株式相場を分析する為に開発されました。ボリュームレシオとは区別されています。

WVRでは、相場波動はエネルギーの発散と蓄積の繰り返しにより行われているという理論を元に、価格上昇時の出来高を発散エネルギー、価格下落時の出来高を蓄積エネルギーとして計算します。
◦蓄積エネルギー増大期から減退期に変化した地点が下降トレンドの終息、又は上昇トレンドへの転換点とみる
◦発散エネルギー増大期から減退期に変化した地点が上昇トレンドの終息、又は下降トレンドへの転換点とみる
◦-50%以下の時は底値圏、50%以上の時は天井圏とみる

http://www.kabuciao.com/tech/deki/wvr.html

出来高指標だけでは不十分

photo33
http://www.fxspread.biz/img/photo33.jpg

出来高指標で分かるのはトレンドの継続、終了といった相場全体の流れですので、これだけで取引を始めるのは不十分です。

一般的には他の指標と組み合わせて使います。

トレンド系指標やオシレータ系指標を使えば、為替レートの動きをいろいろと分析することができます。ただ、株価はさほど動かないにもかかわらず、出来高だけが先に動いたりすることもあり、レートだけでは分析しきれないことも出てきます。

そのようなときに、出来高指標を組み合わせて、トレンド系/オシレータ系指標を補完することで、より確実な分析を行うことができます。もっとも、テクニカル分析の主力はやはり為替レートを対象にしたものです。そのため、出来高系指標だけで売買のタイミングを判断することは、通常ありません。

http://www.bestbrand.jp/fx24.html

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |