体にいいって聞くけど、グルコサミンって何に入っている成分なの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

体にいいって聞くけど、グルコサミンって何に入っている成分なの?

年を取るとグルコサミンが必要になるってCMやテレビで聞きますが、いったいどんな成分で私たちの体にどんな影響を与えているのでしょうか。

グルコサミンをもっとも多く含む食品としては、カニやエビといった甲殻類があげられます。特に、殻(から)の部分に、グルコサミンのもととなるキチンが多く含まれています。そのほか、きのこ類の細胞壁にもキチンが多いとされています。また、グルコサミンを構成成分とするプロテオグリカンとして、牛・豚・鶏の軟骨、うなぎ、フカヒレや山芋やおくらといった、ネバネバした野菜などにも含まれています。特に山芋は、グルコサミンだけでなくコンドロイチンも多く含まれています。
山芋の梅ソース和え:“B級グルメ”健太郎のかんたんレシピ:So-netブログ

国産グルコサミン | やわた【八幡物産】

水族館ホームメイト・リサーチ|おいしいだけじゃないエビとカニの秘密

グルコサミン | 成分情報 | わかさの秘密

そもそもグルコサミンって何?

関節軟骨は、プロテオグリカン、コラーゲン、軟骨細胞などからつくられています。
その主成分である「プロテオグリカン」は、軟骨にたっぷりと水分を保つ、スポンジのような働きをする物質です。例えば関節に圧力がかかると、プロテオグリカンは水分をにじみ出させて、軟骨を変形。
上手に圧力を分散・吸収してくれます。そして圧力がなくなると、再び水分を吸収して元の形に戻るのです。関節をスムーズに動かすために欠かせないプロテオグリカン、それをつくっている原料こそが「グルコサミン」なのです。

グルコサミンが減少するとどうなるの?

グルコサミンが不足すると、コンドロイチンなども不足し、軟骨細胞の新陳代謝がうまく行われずに軟骨が弱っていきます。軟骨が弱ると関節痛などを引き起こす原因となります。

グルコサミンを多く含む食材は?

グルコサミンは加齢とともに減少する。

グルコサミンは、グルコース、つまりブドウ糖がアミノ酸と結びついてできたアミノ糖という物質のひとつです。グルコサミンは、関節をスムーズに動かすために必要な軟骨を作る成分でもあります。
軟骨は年齢とともにしだいにすり減っていくことが知られていますが、それは体内で生成されるグルコサミンが少なくなるからだといわれています。年を取ると膝などに痛みが出てきて、歩いたり階段を昇降するのに支障が出てくるのは、グルコサミンが減り、クッションの役割をする軟骨が次第にすり減って、骨と骨とが直接触れて変形してしまうため。
だからこそ、グルコサミンを補うことが大切だと考えられています。

食事から摂取するのはなかなか難しい。

グルコサミンは、エビ、カニなどの甲殻類の殻を形成するキチン質に含まれています。ですから、甲殻類からグルコサミンを摂取する際は、殻ごと食べられる桜エビなどがオススメ。また、軟骨成分だけに、鳥や豚の軟骨にも含まれているほか、きのこ類やフカヒレ、山芋、おくらといった食品にもプロテオグリカンとして含まれています。
このプロテオグリカンは、グルコサミンを原料として構成されている軟骨の主成分。しかし、食品から摂取したプロテオグリカンは、一部のみが体内でグルコサミンとして吸収されるため、食事からグルコサミンを補うのはあまり効率のよい方法とはいえません。
加齢とともに減少していくグルコサミン。年寄りの方がひざや関節が傷むというのはこういう理由があったのです。

意識せずに食生活を送っているとグルコサミンが履いている食品は普段口にすることがあまりないもの

ばかりです。

意識的に摂取するように心がけましょう。

もし、難しそうであればサプリメントで摂取することを検討してもいいでしょう。

いまいろんなメーカーからグルコサミンのサプリが出ています。

軟骨部分に効果の高いグルコサミンなので、鳥の軟骨に多く含まれているのです。
しかし、鳥の軟骨や牛すじを食べるだけで健康に良いと言われる程のグルコサミンを摂る事は無理でしょう。

他にも、うなぎ、ふかひれ、山芋、オクラなどからグルコサミンを摂取する事が出来ると言われています。
グルコサミンは、ねばねばした触感の物にも多く含まれていると言われているのです。
グルコサミンを食品から摂りたいという方は積極的にこれらの食品を摂って見てはどうでしょうか。

甲殻類を毎日食べるのはなかなか難しいですよね。

山芋やオクラが一番お手軽でしょうか・・・できるだけ意識して食卓に出す必要はありますが、

なかなか手軽にも摂取することはできなさそうです。

年を取ると関節が痛くなると言いますが、グルコサミンが加齢とともに減少することが原因の1つなんですね。

どうすればグルコサミンを摂取することができるのでしょうか。

どんな食材に多く含むのか知っておいて、意識敵に食べるように気を付けましょう。

グルコサミンって、関節に必要だとか、テレビで見ますがあまりなじみのない言葉ですよね。

どんな役割があるのでしょうか。

人の体にどのような影響をもたらしているのでしょう。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |