借金減額?個人再生は債務整理の方法として最適です。 | キュレーションメディア

借金減額?個人再生は債務整理の方法として最適です。

2001年からスタートした新しい債務整理の方法である個人再生について解説したいと思います。

個人再生って?

債務整理後払えない場合の対処方法(分割や踏み倒しなど) | マネートラブルの虎 (121)

個人再生とは、裁判所を介しておこなう債務整理手続きの中の1つで、借金の減額を目的とした手続きをいいます。

借金の返済額を減らすることによって、多重債務問題に悩まされている人の再生を図るということから、個人再生と呼ばれています。

2001年にスタートした債務整理の制度なので、知名度が低いですね。
聞いた事がないという方もおられるでしょう。
個人再生は、裁判所での手続きを通じて、現在の借金のうちの「一定の金額(約2割、ただし最低100万円)」を、「原則3年(最長5年)の分割払い」で債権者に返済し、「残りの借金については免除」してもらう方法ですので、借金の残高が大幅に減額されることがメリットとなります。

ただし、自己破産とは異なり、借金の返済義務がすべて無くなるというわけではありません。

借金の2割を3年から5年で返す、つまり借金の8割は返さなくてよくなるというのが、個人再生です。
かなりの割合が返済免除になるのですから、これだと返済できるという人は多いでしょうね。

個人再生は2種類あります。

1.小規模個人再生
継続的に収入を得る見込みがあり、債権の総額が5000万円未満の条件を満たせば利用可能です。フリーター、パートタイマー、年金生活者などでも継続収入があれば可能です。 この方法を用いる場合、返済計画に対して債権者の過半数の同意と同意した債権者からの借金額が総額の半分以上を占めなければいけません。

2.給与所得者再生
こちらは小規模個人再生の条件を満たしている他、定期収入がありその収入の変動が年収の20%以内であれば利用できます。こちらは小規模個人再生とは違い、債権者の同意を得られなくても手続きを行う事ができます。

どちらも安定した収入が今後も見込める必要があるという条件は同じです。
給与所得者再生は、債権者の同意がどうしても取れない場合で、個人再生による債務整理を希望するケースが適用になります。

個人再生が適用される条件

個人再生にも、他の債務整理の手続きと同じように条件があります。
しかしその条件さえクリアしてしまえば、借金総額を大幅に減らす事が出来るのです。

住宅ローンを除く借金総額が5000万以下である
安定的な収入がある
家計に最低3万円程度の余剰があること

その後、経済状況がどう変動しても、減額された分さえ支払えば問題ありません。

5000万円以下の借金で、生活費として3万円用意する事ができ、安定した収入を見込めるなら、借金の8割が返済免除になる、かなり条件の良い債務整理手法ですね。

条件が良いだけに、デメリットも当然あるでしょう。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットとしては、官報・ブラックリストに掲載されることです。
掲載されることにより約七年間は借入ができなくなってしまいます。これは自己破産についても同様であり、債務整理をすることで借り入れしにくくなってしまうことは避けられません。
また個人再生は、手続き後原則3年間返済を継続していかなければならいため、借金の返済を継続できる収入がなければできません。すなわち返済能力が必要とされるということも特徴にあります。
借金が大きく減額されるということは、金融事故として取り扱われる事を意味します。
当然信用保証機関にブラックリストとして登録されます。
7年から10年間は新規の融資を受けたり、キャッシングを受けることはできません。
クレジットカードの申し込みもできません。
自動車ローンも無理です。
借金が大きく減額になりますが、約束した金額は毎月しっかり返済する必要があります。
借金の全額が免責になる自己破産とは大きく異なります。
自己破産者と同様に、政府の官報に個人再生者として掲載されるのも、あまり良い気分ではないでしょう。
ほとんどの人は目にしない機関紙ですが、気になる人は気になるものです。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |