上手に読み解こうテクニカル指標 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

上手に読み解こうテクニカル指標

クロス円の読み方

ドル円はアメリカの経済指標が出た瞬間に113.20くらいまでジャンプしたが、そこまで。やはり上値が重い。クロス円の売りが断続的に出ているせいか、ドル円が下がる過程でも、ユーロドルが上がることは少ない。それが徐々にユーロ円などのクロス円のレートを切り下げているのだ。
ユーロ円の日足のチャートで見ても、やはりダウントレンドといってよいものが形成されているのがわかる。ここ半年分の値動きでも、やはり上値抵抗線をきれいに形成しており、しばらくは超えられそうにもない。
今となってはレジスタンスの位置が130円くらいにあるので、ちょっと遠くなってしまっている。そして先週末に125円台の前半まで差し込んで、それが昨年来の安値を更新ということだ。しかも週足で見ても、ほぼ安値引けだ。

http://zai.diamond.jp/articles/-/186835
bank-note-209104_960_720
https://pixabay.com/ja/%E7%B4%99%E5%B9%A3-%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD-%E6%9C%AD-%E7%B4%99%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%87%91-209104/
ユーロの流れを読みたい時にはドルと円のトレンドラインの両方を比較することで上昇基調と下降基調にあるのかを判断するのが良いみたいです。クロス円を戦略の一つに捉えていながら、一本のラインのみで勝負をしているトレーダーにはかなり参考になる情報なのではないでしょうか。

ローソク足のポイント

午後3時34分現在のドル・円相場は112円27銭付近。円は朝方に111円90銭まで水準を切り上げた後、午後には下げ幅を拡大する展開となり、一時は112円63銭と2営業日ぶりの安値を付ける場面があった。前日の海外市場では一時111円04銭と11日以来の円高値を付けていた。
ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドの平野淳外国為替営業部長は、原油相場の戻しや日経平均株価の上昇を受けて、ドル・円のショートカバーが進んでいるとした上で、「市場はまだショートになっているため、欧米市場の状況次第では、さらに上昇する余地はある」と指摘。テクニカル的にもローソク足で下ひげの長い陽線が前日に出現し、「反発しやすい形となっている」と言い、「まずは113円ちょうどや113円50銭を回復できるかが焦点」とみる。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O32QRH6K50Z101.html
data
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O32QRH6K50Z101.html
当然のことですが、どうせ利益を出すのなら大きい利益の時に売りたいですよね。それも原油相場などのリスクがやっと解除された、長いあいだ待っていた利益というのなら尚更です。そんな時にはもう少し上昇の余地が有るのかどうかというのが重要な判断基準となっています。そのためには反発しやすい形というのは覚えておいたほうが良いと思います。

MT4で読みたい人はこちら

etvMEDIA・ジャパン 浅野敏郎氏ナビゲーションによる、MT4の連載動画セミナー第3回「MT4 iPhoneアプリ・トレード術~移動平均線③交差法(クロス)の活用」を公開しました。
2015年8月から、MT4のインジケーター(テクニカル指標)を使ったFXトレードに役立つ情報を提供するため、FXトレーダーに広く利用されているトレンド系テクニカル指標の考え方やトレードアイデアを、FXチャート分析の達人が分かりやすく解説する動画を更新していきます。
よくWEBサイトや雑誌等で説明されるような一般的な内容ではなく、浅野氏ならではの本質的な視点で解説するため、FX初心者の方にも、チャート分析に慣れた方にもおすすめです。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000003206.html
d3206-211-175262-3
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000003206.html
MT4は世界中のトレーダーの間で人気の無料ツールだけに日本でも興味を持っている人は多いかもしれません。ですが実際に読めるのかというとプログラムの知識なども関係しているので難しいかもしれません。そんな時にはこういったもので確認して勉強するのも良い方法だと思います。それにMT4で一度なれると複数の証券会社で導入しているツールなので、これから先手を広げてFXを行いたいという人にも後々便利に活用できるようになります。これから先のシストレを見据えたいという人にはかなり魅力的と言えます。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |