【グルコサミン軟膏】効果効能について教えて!【知りたい】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【グルコサミン軟膏】効果効能について教えて!【知りたい】

関節痛にはグルコサミンというイメージが多いと思いますが、具体的にグルコサミンはどのような効果があるのでしょうか?キーワードは「軟骨」です。また、サプリメントで一緒に摂取したいコンドロイチンについてもご紹介します。

グルコサミンの効果効能

肥満気味の方や運動不足の方は関節への負担が増えるので気を付けて頂きたいのですが、
関節が擦り切れてしまう一番の原因は「加齢」です。
これはどうにもならないですよね。

しかし、関節痛の予防することはできます。 それは「グルコサミン」を摂取することです!

なぜ「関節痛」が起こる?

起き上がる時や歩く時に、膝や肘の関節の痛みを感じたことはありませんか。
それが関節痛です。 この関節痛の原因はいったい何なのでしょうか?

このように、コンドロイチンを一緒に摂取することで相乗効果があります。
よけいにサプリメントで摂取するほうが良いですよね。

ただ、個人差はありますが40代頃からグルコサミンが大きく減少しますので、その頃から飲むのが一番です。

グルコサミンは軟骨の摩擦を抑制する働きがあるため、関節痛や変形性関節症の痛みや腫れを改善する効果が期待できます。傷ついた関節軟骨を修復し、再生を促すといわれているので、ひざの痛みで歩行が困難な方に適していると言えるでしょう。
グルコサミンは軟骨の修復だけでなく様々な効果があるのですね。
他にも、グルコサミンには抗酸化作用があります。
これによって活性酸素が除去され、老化や病気の予防になるのです。

グルコサミンを含んでいる食べ物は、
カニやエビの殻や山芋、おくら、うなぎなどがあります。
ただ、殻を食べるわけはいかないですし、毎日大量に食べるのも難しいので
サプリメントで摂取いている方が多いです。

血行改善

お肌にも良い効果

関節軟骨の強度を高める

関節痛を改善

グルコサミンを摂取すると体内でヒアルロン酸の生成を促進させます。体内にあるヒアルロン酸は肌などの水分を保ってくれ、弾力やハリが生まれます。ヒアル ロン酸が少なくなる事により肌の水分が少なり、シワやたるみの原因になっていきます。
関節痛の原因で、いちばん多いのが関節の老化ともいえる変形性関節症です。私たちの関節は、軟骨がクッションとなってスムーズに動くようにできています。その軟骨が加齢とともにもろくなり、欠けたりすり減ったりして、周囲に炎症を起こすのです。
変形性関節症がもっとも起こりやすいのは、ひざです。ひざは、立っているだけで全体重のほとんどを支えています。座ったり立ち上がったりするときにも、大きな力が加わります。
サプリメントで摂取するなら、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂るのが良いのだそう。
その理由は何なのでしょうか?

グルコサミンには抗炎症作用があり、そのため痛みを緩和する効果があります。

また、近年では血中の血小板の凝集を抑える効果がると言われ、血栓の予防や血行の改善効果にも有効です。

コンドロイチンとはムコ多糖類の一種で、皮膚や粘膜など体内のさまざまなところに存在している成分です。特によく知られているのは軟骨にあるコンドロイチン。グルコサミンから作られ、軟骨を構成するプロテオグリカンの中に含まれています。その割合は軟骨の乾燥重量のうち、コンドロイチンが約30%を占めると言われています。

「コンドロイチン」と一緒に摂取するのがおすすめ!

グルコサミンを取るときにコンドロイチンを同時に取ると相乗効果により効果が高まります。グルコサミンは軟骨を生成する時に使われる一方、コンドロイチンは水分の保持、軟骨が壊れてしまうのを防ぐ効果と効能があります。
グルコサミンには、骨をつくりだす軟骨芽(なんこつが)細胞を刺激して活性化させ、軟骨の生成を促す働きがあります。軟骨は関節のスムーズな動きを可能にし、衝撃から守るためにも欠かせないので、強度を高めておく必要があるのです。

また、グルコサミンは軟骨部分でクッションの役割を果たしているプロテオグリカンをつくる材料でもあります。

グルコサミンは、軟骨のもととなるプロテオグリカンという、コンドロイチンやヒアルロン酸が含まれる成分を作り出し、また軟骨の再生と修復をサポートする効果があります。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |