【過払い金請求】弁護士と司法書士の成功報酬は全然違う! | キュレーションメディア

【過払い金請求】弁護士と司法書士の成功報酬は全然違う!

過払い金請求を行う時に依頼先はどのように決めますか?費用の問題が大きいのでは無いでしょうか。そこで知っておきたいのが費用相場の違いです。弁護士費用と司法書士費用の違いとはどうなっているのでしょうか?まとめてみました。

司法書士費用の例

Free illustration: Cost, Board, Finance, Money - Free Image on Pixabay - 1174923 (10531)

1社につき140万円以下の過払い請求の場合(=司法書士が代理人として過払い請求を行なう場合)で、債務が残っていない場合に適用される報酬基準です。
ご相談
0円(無料) ご相談に時間制限などは設けておりません。
お悩み、じっくりお伺いします。
着手金
0円(無料) 着手金は不要です。
基本料金
0円(無料) 完済後であれば基本料金は発生しません。
減額報酬
0円(無料) 利息制限法に基づく引き直し計算で債務が減少した事に対して、報酬は不要です。
過払い報酬金
20%(税別) 取り戻せた金額に対して掛かる料金となります。
訴訟の場合
訴訟実費 訴状に貼る印紙代、切手代、資格証明書取得費用等。
あくまでも一例に過ぎないので、参考程度にしか成りませんが司法書士事務所に依頼をした場合の過払い金請求での不要は上記の通りとなっています。
この事務所では、成功報酬のみを費用としているようです。
訴訟に発展した場合は別途費用がかかります。

司法書士が行える業務

Free illustration: Cost, Board, Finance, Money - Free Image on Pixabay - 1174926 (10532)

司法書士は訴額140万円を超える民事事件の和解・代理を行えません(司法書士法3条)。そのため,あくまで本人と貸金業者間の裁判について裁判書類を作成することしかできません。
このとき,司法書士が裁判書類を作成し,本人に過払金を回収させた場合でも,代理したのと同じ基準で成功報酬を受領することはできません。
司法書士は140万円までの業務しか行うことが出来ません。
ですので過払い金が200万円ある場合は、司法書士の業務の範囲外となってしまいます。
ですので、200万円の過払い金の場合に裁判になった場合には、司法書士は費用を受け取ることが出来ないこととなります。

司法書士の報酬上限

Free illustration: Businessmen, Silhouettes, Man - Free Image on Pixabay - 1039906 (10533)

代理人として過払金を回収したときは、その回収した金額を経済的利益として、
その経済的利益に次の割合を乗じた金額を超える額を過払金返還報酬として請求し、
又は受領してはならない。
(1)訴訟によらずに回収した場合20パーセント
(2)訴訟により回収した場合25パーセント
司法書士には、報酬額の上限という物が日本司法書士会によって定められています。
上記の通り、回収額の20パーセントとなっています。
訴訟まで言った場合に関しては140万円以下の場合に限り25パーセントが上限です。

弁護士費用

1.着手金
2.報酬金
a.解決報酬金
b.減額報酬金
c.過払金報酬金…回収した過払金額をもとに算定する報酬金。

3.手数料 成功・不成功がない事務処理の報酬

弁護士が債務整理で過払い金請求を行う際には上記の費用がかかります。
減額報酬金とは、債務をどれだけ減らす事が出来たのかという金額です。

弁護士費用の上限(成功報酬が違う!)

1.a~cの報酬金以外の報酬金の受領は禁止されます。
2.上限規制(規程第12条~第16条、施行規則第2条~第4条)
具体的な上限は、以下のとおりです(いずれも消費税別)。
a.解決報酬金  1社あたり2万円以下が原則。商工ローンは5万円以下。
b.減額報酬金  減額分の10%以下。
c.過払金報酬金 訴訟によらない場合回収額の20%以下。 訴訟による場合回収額の25%以下。
弁護士費用も司法書士費用と同じく、日弁連によって報酬額の上限が定められています。
報酬額の上限は上記の通りとなっており、過払い金に関しては司法書士とほとんど同じです。

弁護士費用相場(弁護士の方が安い!?)

日本全国の弁護士約1000人に対して、次のようなアンケートを取りました。
着手金についての回答は、1社当たりいくらと定める弁護士が多く、約70%の弁護士が10社で10~20万円前後としたとのことです。
「着手金=消費者金融会社の数×1万~2万円」という設定が多いのだと思われます。
過払い金回収にかかる費用相場は、着手金の場合1万円から2万円の所が多いようです。
これも弁護士事務所によって異なります。
報酬金についての回答は、回収額の10~20%を報酬金と定める弁護士が多く、最多だったそうです。
「報酬金=回収額×約20%」程度の設定が比較的多いのだと思われます。
報酬金に関しては20パーセントの所が多いようです。
これもまた事務所によりけりとなります。
成功報酬は、弁護士事務所によっては10パーセントくらいで行ってくれるところも多くありますのでその点が大きな違いですね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |