FXの主婦トレーダーってどんな人?? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXの主婦トレーダーってどんな人??

大御所は三人?

海外メディアにまで、その波紋は広がった。この事件を含め、円を売って高金利通貨を買うトレードを行っている日本の個人投資家の話が海外メディアでも報じられたのだ。
そこで使われたのは「ミセス・ワタナベ」とか「キモノ・トレーダー」といった言葉。それは、”世田谷4億円主婦”個人を指す場合もあれば、日本の主婦投資家、あるいは日本の個人投資家全般を指して使われることもあったようだ。
ちなみに”世田谷4億円主婦”の名前は「ワタナベ」ではない。英国などでは、この事件が報道される前から、日本の典型的な主婦を指す言葉として、「ミセス・ワタナベ」という言葉が使われていたらしいのだ。
このように、昨年大きな話題となった”世田谷4億円主婦”。
あの人は、今どうしているのだろうか?
去る8月30日、都内で行われたトレイダーズ証券主催のFXセミナーに、その”世田谷4億円主婦”が登場した。先にも述べたようにその名は「ワタナベ」ではなく、池辺雪子という。

http://zai.diamond.jp/articles/-/37297
img_e47f01c507b04ba968055cc0757ffebc31541
http://zai.diamond.jp/articles/-/37297
ミセスワタナベについてはご存知の方も多いと思います。この方は様々なコラムでも見かけたりします。しかしキモノ・トレーダーっていうのは外国人の方が名前をつけたのでしょうか?いかにも日本人という感じがするのは私だけなんでしょうか。どうやら日本の政策金利は昔から低金利であることから、スワップ期待の高金利通貨ということなんでしょうか?

どんな主婦が良いのでしょうか

主婦と言っても色々な主婦がいます。子供が生まれたばかりの人は育児や家事に追われ、FXなんてやる暇は無いでしょう。ネット上では20代や30代の主婦がFXブログなどをやっていますが、時間に制限があると勝てる可能性も下がりますので、子供の手が離れた専業主婦がFXで収入を得るのが理想的だと思います。
子供の手が離れる頃には、パートやフルタイムで働く女性が多くなりますが、働きに出かけるのと同じ時間を使って家でFXトレードしている人もいます。精神的にタフでないと難しいと思いますが、働くのが嫌だという人はFXを勉強しても良いでしょう。
働きつつFXトレードすることもできますが、家事、育児、仕事がありさらにFXというのはかなりハードな生活になります。スイングトレードや長期投資であれば良いですが、デイトレは難しそうです。

専業主婦FXトレーダーの1日のスケジュール


ga083

専業主婦FXトレーダーの1日のスケジュール


やっぱりデイトレなんかは毎日まとまった時間が取りにくい主婦は厳しいのかもしれません。もしかすると午前中限定のデイトレとかならできる気がしますが、人によりますね。スイングトレードや長期投資を考えるならば、エクセル管理などであればほとんど時間が取られないと思うのでかなり効率的な気がします。

実際の体験談は

私のトレードする時間帯なんですが、主婦という立場上、子どもや旦那のいない昼間なんですよね。
市場でいう東京時間でトレードする事が殆どなんです。
この時間帯の特徴として、値動きが限定的っていうのが挙げられます。
経済指標の影響もそんなにありませんし、日本政府が介入でもしない限りはゆったりとした流れですね。
いわゆる持ち合い・レンジ相場になる事が多いんですよ。
持ち合い相場での取引が嫌だって人は、結構いらっしゃるみたいですね。
でも、相場の7割くらいは持ち合い相場だって言いますし、だからこそそういった相場でも十分利益取れるんじゃないかなと思ったんです。
持ち合い相場の環境認識には、移動平均線と遅行スパンを見て判断してます。
移動平均線は、21MAを使うのが基本ですね。
21MAが平行になっているか見て、持ち合いかどうか確認します。
そして遅行スパンを見て、ローソク足と同じように動いているかを確認!
これで持ち合いと分かったら、あとはエントリーチャンスを待つだけですね。

ボリンジャーバンドでエントリーを判断しているFX歴3年の主婦トレーダー!


marryBorinja

ボリンジャーバンドでエントリーを判断しているFX歴3年の主婦トレーダー!


やっぱり主婦の活動時間は一人で行動できる昼間を中心としているみたいです。ただそうなると東京市場が中心の取引となるはずで、場合によっては相場が均衡orもみ合いのレンジになる可能性が大きいと思います。そうすると結構幅を読むのが大変なので、こういった形でレンジ相場を上手く読める手法というのは参考になるのではないでしょうか。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |