きれいな海を手軽に楽しみたい!ダイビングよりもお手軽なシュノーケリング。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

きれいな海を手軽に楽しみたい!ダイビングよりもお手軽なシュノーケリング。

泳ぐのは苦手なのに海が好き!小さい子がいるけど一緒に楽しみたい!なんて言う方にお勧めのシュノーケリング。とてもお手軽にできるスポーツなんです。

とてもお手軽なシュノーケリング。

ケアンズ発 やっぱグレートバリアリーフでシュノーケル現地info ケアンズ 《ブログ》 | 現地info ケアンズ 《ブログ》

シュノーケリングまたはスノーケリング(米:snorkeling、英:snorkelling、独:Schnorcheln)は、シュノーケルを身につけて、水面または比較的浅い水中を游泳するレクレーション活動またはマリンスポーツである。同様の器材を用いる場合であっても、潜水を主目的とする場合はスキンダイビングと呼んで区別される。
シュノーケリングの場合、息をするためのパイプがあるので、自分が好きなだけ海面に浮いていることができます。

この時、呼吸は鼻呼吸ではなく口呼吸だけになるので、少しコツが必要ですが、慣れれば簡単です。だれでもすぐにできるようになります。

海に詳しい方には常識かもしれませんが、泳げないなんて言う方にはシュノーケリングとダイビングの違いも

なかなかわかりづらいものです。

でも、知っておかないと旅行のアクティビティなどで間違ってしまいがちです。

シュノーケリングは、気軽にかつ安価で子供から大人まで楽しめるスポーツなのです。

泳げなくてもシュノーケリングしたい!できますか?

サンゴおさかなシュノーケリング/オリオン石垣島エコツアーサービス - じゃらん遊び体験

小さな子供だって浮輪と箱メガネで楽しむことができるのも魅力。
泳げなくても大丈夫だと思います。
というのも、ライフジャケットを着用すれば必ず浮くからです。
私は一応泳げますが、一緒に行った友人は完全にカナヅチです。
でも、オプショナルツアーで船で連れて行ってもらうヤツに参加して、
私以上に楽しんでいました(笑)
水に顔をつけられれば、十分クリアできる問題だとおもいます!
家族旅行で何をしようと悩んだときにおすすめなのがシュノーケリングです。

ダイビングに比べ、体力的にも金銭的にも楽なので、お手軽にきれいな海を楽しむことができるのです。

子供でも大丈夫!沖縄シュノーケル – YouTube

台風の動きが心配でしたが無事に開催できました。 海況も良く、透明度、魚影とも満足して頂けました。 夏休みに入り家族での参加が多いです。 手軽に出来るシュノーケルはご家族にオススメです(^^)
シュノーケルを付けるのも初めて。

シュノーケルを装着し、顔を海に浸けて呼吸する方法から教わる。シュノーケルの多少の違和感と久しぶりに海に入る緊張で中々うまくできなかったが、一緒にいたメンバーがとても優しくそしてゆっくりとアドバイスをしてくれて、なんとか呼吸をするという第一関門をクリア。

そこから浮いてみることにチャレンジするが、これが全くできない。泳げる人からするとなぜと思われるかもしれないが、浮きながらシュノーケルで呼吸をするという2つのコトが一緒にできないのだ。それでも根気よく練習に付き合ってくれるメンバーのおかげでなんとか直線である程度まで泳げるようになり、短い時間ではあったけれど、初めて生の珊瑚礁を自分の目に映すことができた。

正直、初めて見た小笠原の海の景色や珊瑚礁に感動はしたものの、それを噛み締める余裕は全くなく、それよりも小笠原の海を泳いだ満足感が勝っていたかもしれない。

足がつくようなところで楽しむことなんてできるのかな?なんて思った方はいませんか?

シュノーケリングをやっているようなきれいな海ではたとえ足のつくようなところでも、驚くほどきれいな

サンゴや魚など満喫することができるのです。

相手は自然!シュノーケリングで気を付けること。

シュノーケリング前の飲酒はだめ。

お酒で喘息が悪化する?

一方、7月1日~8月10日に飲酒後の遊泳で事故に遭ったのは全国で37人。2010~14年の同じ期間の平均(18人)の2・1倍に上る。このうち死亡・行方不明は18人で、同平均(11人)の1・6倍。猛暑で海水浴客が増えたことが背景にあるとみられる。

 東京都江戸川区の葛西臨海公園では7月15日、バーベキューをしていた消防士ら3人が海に飛び込み、飲酒していた1人が死亡、1人が軽傷を負った。

 浜辺では汗を多くかき、脱水症状になりがちで、飲酒すると泥酔しやすい。このため運動能力や判断力が低下、浅瀬でも溺れることがあるといい、海保は「飲酒したら絶対に海に入らないで」と呼び掛けている。

インストラクターの方が同行していなくても、とても気軽に楽しんでいただけるシュノーケリングなのですが

事故がないわけではありません。

飲酒をした後に海に潜って流されてしまうケースもあるんです。

「手軽」というのは「まったく安全で事故がない」というのとは違います。

きれいだけど危険もあるサンゴ。

こだわりのおすすめシュノーケルポイント | 石垣島でシュノーケル しっかりサポートの少人数(4名)ツアー

シュノーケリングしてると疲れるので、サンゴの上に足を乗せてしまいます
そうすると一見固そうに見えたサンゴが、いきなりボロッ崩れて足が中に入って
しまうことがあります
岩みたいに固いサンゴもあれば、もろくなってるサンゴもあるからね

怪我をするのは、中に落ちた足を抜く時です
まっすぐに抜けば大丈夫なんだけど、どうしても慌ててしまうので、
抜く時に穴に対して足の角度が斜めになります
そうすると穴の周囲の崩れていないサンゴに触れて傷を作ることになります

きれいだからと、ついつい触ってしまったり、気軽に歩いていると足や手を傷つけることがあります。

意外と鋭利なので注意が必要です。

みんなの自然ですので汚したり、壊したりしないように気を付けましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |