自己破産しても年金はもらえる!?普通に暮らすための注意点 | キュレーションメディア

自己破産しても年金はもらえる!?普通に暮らすための注意点

年金受給者や年金を収めているものにとって、自己破産したら、年金の支給が止まってしまうのでは?というのは大きな気がかりです。今回は、自己破産の概要、と自己破産したら、年金はもらえるのか、もらえないのかについてまとめました。

自己破産とは?

Free illustration: Debt, Finance, Money, Credit, Loan - Free Image on Pixabay - 1157824 (9936)

自己破産とは、申し立てた人の収入や借金の額を考慮し、裁判所が“この人は支払い不能状態である”と判断した場合、返済が免除される手続きになります。

具体的には、借金が1000万円あっても、年収が3000万円の人の場合、返済することは可能ですので、支払不能状態ということにはなりません。
しかし、借金が1000万円で年収が150万円の人ならば、返済することは不可能ですので、支払不能状態ということになります。

自己破産のメリット

Free illustration: Currency, Market, Stock Exchange - Free Image on Pixabay - 1019997 (9937)

債務がなくなる

自己破産すること(免責許可の決定を受けること)の最大で、自己破産する全ての人にとってのメリットが、「債務が免除され、借金が“ゼロ”」になることです(一部の債務は免除されません⇒自己破産しても免除されないものもあるの?)。

借金がなくなれば、自殺や夜逃げを考える必要もなくなり、新しい生活をスタートさせることができるのです。

金融業者からの取り立ての心配がなくなる

銀行や大手の消費者金融業者の場合はそうでもないかもしれませんが、いわゆる悪徳金融業者や、ヤミ金業者から借金をしていた場合は、取立て(督促)が厳しく、精神的に追い込まれてしまいます。

しかし自己破産すれば、これらの取り立ても当然なくなりますので、平穏無事な生活を取り戻せ、精神的にかなり楽になります。

自己破産のデメリット

●信用情報に載る

10年以内は信用情報(ブラックリスト)に載ることで、新規のお借り入れやクレジットカードが作れなくなります。

●財産は処分される場合がある

マイホーム等の価値のある財産(原則20万円以上)は処分される場合があります。

●職業制限がある

3ヶ月~半年間ほど、一部の職業につけなくなります。

●借金が免除されないことがある

ご事情によっては借金が免除されない場合があります。

●官報に記載される

官報に掲載されます
※ただし一般の方が見る可能性は低い。

自己破産したら年金はもらえるのか?

Free stock photo: Man, Old Man, Sitting, Seated - Free Image on Pixabay - 1577160 (9939)

自己破産をすると、資産をすべて手放すことになりますが、年金は対象外となっています。

仮に年金受給者が破産をしても、その後は普通に年金をもらうことができます。

年金受給者でない場合は、自己破産後もしっかりと年金を納めていれば、将来年金をもらうことができますね。

自己破産は、借金の返済に困っている人を救うための制度なので、今の収入がどういう形であれ行うことができます。

なので、年金受給者でも問題なく行うことができます。

ただし、自己破産の費用は支払わなければいけないので注意してください。

資産が特になければ、同時廃止と言って2、3万円あれば破産の手続きを行うことができますが、資産(家や車)がある場合には管財事件という50万円の費用が必要となります。

自己破産しても年金は受け取れますが、自己破産の費用は払わなければなりません。

私的年金は受け取れない場合もある

公的年金は受け取れますが、私的年金は受け取れない可能性があります。
私的年金とは、民間の生命保険会社などで加入している年金です。これらは資産とみなされ、破産管財人により、解約手続きが行われ、債権者への支払いに充てられます。
ただ、生計を維持するために支給を受けているものに関しては4分の3は受給が認められる場合もあります。

年金受給者が自己破産をするときの注意点

年金の振込口座となっている銀行に借金をしている場合には、年金の振込口座を変更する必要があります。
Free illustration: Apple, Watch Tv, Tv, Screen - Free Image on Pixabay - 589642 (9943)

自己破産しても、失業保険、年金、生活保護費は差し押さえ禁止財産となっているため、これらの財産が奪われたり、支給が止まるということはありません。自己破産しても生活保護の申請や、失業保険を受け取ることが可能です。
年金が将来的に減額されるということもありません。国が定めた支給要件を満たしていれば、払った期間分、年金受給開始時から年金を受け取ることができます。
また、自己破産しても国民年金保険料の支払いの義務はなくなりません。
支払いが難しい場合、免除や納付猶予制度を利用することが可能です。
国民年金の免除や猶予に関しては、日本年金機構や市町村役場に問い合わせや、相談ができます。
Free illustration: Old People, Pensioners, Pension - Free Image on Pixabay - 1555705 (9941)

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |