着崩れしない着付け方ってあるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

着崩れしない着付け方ってあるの?

着物を着るのって難しいですよね。何度も挑戦してもなかなか上達しない、なんだか決まらないと感じていませんか。特に、上手に着れたと思っても時間がたつと着崩れしてしまうという悩みを抱えている方は多いでしょう。着崩れしにくい方法はあるのでしょうか。コツを知って着付け上級者を目指しましょう。

みんな感じている着崩れの悩み

着物は着たいけどどうしても躊躇してしまう、そんな人は多いようです。
実際に着てみて着崩れしてしまう経験があったり、着崩れが不安で諦めている場合もあります。
せっかくの機会にはビシッと着物で決めたいという気持ちの反面、着崩れてしまっては台無しになってしまうので、その気持ちは誰もが分かるでしょう。

着物を着るとどうしても胸元がゆるんできます。
知恵袋でのアドバイスをもとに実践にしてみたことは
・長じゅばんを皴なく面でピシッと着る
・トイレに行くたびに衣紋抜きと長じゅばんの衿肩あきをひっぱる
・長じゅばんを着る際に衿元をかなり詰めて着る

これだけ実践しているのですが、襟元が徐々に開いてきます

たまに自分で着るのですが、テレビや雑誌で見るようなカッチリ!シワのないキレイな着付けができません。
和装ブラ、市販の補正下着なども付けているのですが・・・
胸元の固そうな感じを出したいのですが難しいですか?
ちなみに私は、小柄で細身です。
それから、取って付きの枕(いわゆる改良枕)で帯を結んでいるのですが、しばらくするとどうしてもずれ下がってきます。
それぞれ工夫して着物に挑戦する人は多いですが、やはり着崩れはしてしまいますよね。
モデルや女優さんのような着こなしが出来れば理想的です。

よく着物に慣れた方は、体調に合わせて帯の締め具合を調節をされます。
しかし、普段着物を袖をとおす機会がない方ですと、
「着崩れ」でお悩みの方が多くいらっしゃいます。
着物は、洋服とはちがい筒状にできていますので、
体の使い方を身につけなければ体に沿ってこないようにできています。
昔の人は「体が浮いているから着崩れる」と教え、
着物の所作・立ち振る舞いを伝えられてきましたが、
現代での生活環境では、なかなか難しいところがあります。

着崩れを防ぐ方法

なるべく着崩れが起こらない着付けの方法はどんなものでしょうか。
いくつかポイントがあるようです。
着崩れの原因の大半は、「着付けに問題がある」か、「着物を着てからの動作に問題がある」のどちらかが考えられます。
着付け時、腰紐や帯締めがゆるすぎると着崩れの原因に。(但し、きつすぎると体調が悪くなる原因になるので注意)
着崩れにくいのは、着物の最初の腰紐だけはしっかり結ぶことです。
脇の方で締めたら苦しくなりにくいですよ。
それと下着をローライズのものにすること。
まずは腰紐をきっちりしっかり結ぶのが基本です。
紐や伊達締めを結ぶときのコツですが、後ろで交差させたときに、ぎゅっと引っ張って締めるといいです。前で結ぶときにはそんなにきつく締めることはありません。
(前もぎゅっと締めると苦しくなってしまう)
ただし、きものの腰紐だけは例外です。前も後ろもぎゅっと締めます。
これだけで、着崩れにくくなりますよ。
結び方にもちょっとした工夫をするとより崩れにくいようですね。
慣れてくるとコツが掴めて、しっかり締めながら苦しくならない力加減が分かってきます。
着物を着る時のコツとして、伊達締めや帯のように巾のあるものは上下均等に締めるより下側をきつめに締めると緩みにくくなります
補正の方法ですが、タオルをストッキングに入れ結べるようにした方が良いですよ、又はいつも使うタオルが同じなら両端に紐を縫いつけ結べるようにした方が良いです  タオルを巻いた後別の紐等で固定している間にずれてくるので紐が付いているとその心配が無いです
伊達締めの位置ですが、ミゾオチから指一本分上に伊達締めの上線が来るように結びます。胸の所はすぐ下が細くなっているので揺るみ易いです
衣文ですが、長襦袢の背中心にループをつけそこに腰紐を通して着ると綺麗に衣文が抜けます

着崩れの原因で一番に考えられるのは自分のサイズに合っているかどうかです。

身幅(脇から脇までの幅)が狭いと上前の重なりが少ないためはだけて足が見えたりすることもあります。歩くのにも相当神経をつかいます。

浴衣が自分の寸法に合ってるかを知る方法です。
背縫いを中心に浴衣を体に合わせた時に上前の端の縫い目が右足の親指と人差し指の間まであるものがちょうど良いサイズです。

また、胸元が開いたり着くずれしやすいバストの大きい人は胸の大きさを強調しない、どちらかといったら潰した着方ができる和装ブラジャーかスポーツ用のブラジャーがおすすめです。
さらしを巻く方法もありますが、さらしは苦しいし、暑いので和装ブラジャーで十分です。

浴衣や着物は体のラインが真っ直ぐな人のほうが着崩れしません。
胸とウエストの差が大きいとそれが着崩れの原因になります。胸とウエスト部分が同じサイズになるよう、くびれをなくすようにタオルなどを巻いて体型の補正をしましょう。

着物も浴衣も自分に合ったものを選ぶことが大切です。
上手に着てもそもそも身体に合っていなければ着崩れなく着るのは難しいのですね。
自分に合った着物を選び、適切に補正することで着崩れは防げます。

着崩れを防ぐ動きに注目

和服を着たとき、着崩れを防ぎたいなら「前屈み」はやめましょう。
「前屈み」をすると腰の紐が緩くなり全体的に着崩れしてしまいます。
締めるべきところをきっちりと締め、着付けが出来たら、動作を気にしてみましょう。
着物が崩れない動きは、自然と和装に合った所作に結びつきます。

「和」の動きは、元々、きものが崩れないよう、そして、身体を捻らず、自然と「すり足」になることから生まれた動作で、きものが着崩れないように動くことにより、体の奥にある筋肉が鍛えられ、それを続けていくことで、腰や膝への負担が軽くなるとともに、姿勢も美しくなると言われています。また、姿勢をよくすることにより、腸の動きも正常に整うということですので、一石二鳥ですね。

最後に・・・着崩れと上手に付き合う

ともかく着物というのはほどよく着崩れるものなので、衿元なんかを直す仕草に色気が出たりしますね。

着崩れを恐れて、必要以上に紐の数を増やすというのはいい着方とは言えませんので、まずは崩れにくい身のこなしもあわせて着こなしていけばよろしいかと思います。

完全に着崩れてしまう前に、こまめにチェックして直してあげることが必要ですね。
確かに、襟元を直す仕草は着物ならではで、映画やドラマでも出てきそうです。

現在でも着崩れない着付けというものはありません。便利グッズを駆使してぎゅーぎゅーに絞めたって着崩れは起きます。
着物は着崩れるものと思っていた方がいいです。そのほうが気が楽です。着崩れたら直す、の繰り返しです。

着なれれば着崩れは少なくなるし、どこをどう引っ張れば直せるか、ポイントがわかります。回数着るしかないと思います。

着崩れを恐れて無理をするのではなく、程よく着崩れも楽しみながら場数を増やしてみましょう。
着付けも所作も着れば着るほど板についていくものです。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |