変化していく便利な着物 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

変化していく便利な着物

私たち日本人の大切な文化である着物。現代では成人式や結婚式など特別な場面での着用が目立ちますが、昔は当然のように毎日着物を着ていました。そして、人々が生活の中で利用していくうちに、着物もそれに合わせて変化していきました。

着物と共に歩んできた日本人

日本の伝統衣装である着物ですが、その歴史をご存知ですか?
日本人は昔は当然のように常に着物を着て暮らしていました。
最近では成人式や結婚式などでしか着物を着ない・目にしない方も多いかもしれませんが、改めて着物について知っていくと興味深いものですよ。

着物のはじまり

現代の私たちが目にする着物の原型である「小袖」は、奈良時代の頃から文献に登場していたようです。現代の着物が大袖、広袖であるのに対し、当時の着物である「小袖」は袖口が小さく縫い詰まっています。

奈良時代以前の衣服は、ズボンやスカート、ワンピースのような形が主流でした。
しかし、布を直線に切って縫い合わせる「直線裁ち」の小袖が登場すると、体型に関係なく着られる便利さから、日本人の生活に定着していったと言われています。

平安時代、庶民は小袖を普段着として着用しましたが、貴族はなんと下着として身に付けたと言われています。それが鎌倉時代になると、着やすく動きやすい小袖は上着へと変化し、武家社会における衣服の簡略化を経て、室町時代には現在の着物の形が完成しました。

日本の長い歴史を遡り、時代と共に歩む伝統と文化
・ 弥生時代
男性は一枚の布を体に巻きつけて女性は貫頭衣という袖無しの衣服を着ていました。
・ 古墳時代
埴輪で見られるような太いズボン風のものを履き、女性は男性の上着と同じ様なものを着て、その下にスカート風のものを着けており、男女とも上着は左前にあわせて着ていました。
・ 飛鳥、奈良時代
朝鮮半島や中国との文化交流によって着物類も影響を受けました。
女性の衣服は膝下まで長く、袖巾も比較的ゆったりしています。 また、肩にはスカーフのようなものをかけていたようです。 男性は頭に冠をかぶり、詰め衿式の長い袍を着て、袴を履いていました。
・ 平安時代
男女とも袖が広く、裄や丈は大きく優雅になり、日本独特の服装の基本ができてきます。
・ 鎌倉時代
武家が今までの公卿の身分の低い人が着ていた狩衣を最高の礼服とし、水干や直垂の順で着用されました。
・ 安土桃山時代
中国や西欧諸国からもたらされた染色技術や染色品の影響を受け、デザインや色彩に瑞々しさと伸びやかさが感じられます。 桃山時代から江戸時代にかけて、男性も女性も武士も町人もすべての人が小袖を着るようになりました。
・ 江戸時代
身幅、袖丈、袖巾など小袖の形も少しずつ変わっていきますが、大きく変化したのは衣装や染織技術です。 鹿の子絞、有禅染など華やかなものが生れました。
以上のように着物の歴史には様々な変化が見られます。
着物は初めから私たちの知っている形ではなく、人々の暮らしの移り変わりに合わせて変化しながら生活に根付いてきています。

かつて上流階級は絹、庶民は麻や木綿の生地が着物の主流でしたが、近年では化学繊維を使った「ニュー着物」も人気を集めています。
化学繊維が使われているニュー着物は、家庭の洗濯機で丸洗いできるというメリットがあります。

水に強く雨の日でも安心して着られるため、若者から年配者まで幅広い世代から支持されています。

日常的な衣服として使われた江戸時代までと違い、現在の着物は、結婚式などのセレモニーや夏祭りなど特別な機会に着る「晴れ着」としてのイメージが定着していますが、最近は若い女性に向けた可愛らしい色や柄の着物が増え、晴れ着よりも気軽なファッションとしての側面も見受けられるようになりました。これからの着物の進化に注目です。

着物は時代と共に形やあり方を変えながら今日まで受け継がれてきました。

着物は形や生地・用途なども時代と共に
変化しながら今日に至っています。

着物が不便だから洋服が普及した?

ご存じの通り、人々の服装は次第に洋服が主になっていきました。
それはなぜでしょう。
「着物が不便だから」「着付けが大変だから」「動きづらいから」など、着物に対してのネガティブな理由を思い浮かべる人もいるかもしれませんが実際どうなのでしょう。
ここまで着にくくて扱い難く為ったのはつい最近ですよ
これから先もどんどん着難く為って行くと思います

大体、昭和の中期~後期位にガーンと着にくくなったと言う感じです
普段に着物を着る人が減って、着方の基本が礼装に為ったのが原因です・・・

洋服を着る人が増え、着物離れが進んだのは確かですが、決して着物が大変だから・生活しづらいからという理由ではないのかもしれません。
現在の着付けはキッチリ着崩れないように、が基本なので窮屈に感じるでしょうが、
昔はゆるく着ていたといいます。
普段着としての着物は現在とは印象も違うのです。

現在でも根強い和服支持

着物が現在でも愛されているのは言うまでもありませんが、
どうしても特別な場面での着用がメインになっています。

しかし、普段着として着物を愛用している人は少なくありません。
慣れると着付けも自分で簡単に出来ますし、実は着物は機能的です。

毎日着物で生活してる人間です。私は日常生活で何ら不都合を感じません。普通に着流しでチャリ乗ってます(流石にサイクリングには向きませんが) 単に慣れの問題かと思います。そもそも、着物がそんな不便なもんだったら何百年も着てませんわな。

着物はまだまだ変化していい

着物と言うと、着付けにもアイテムや作法などにもルールが多く大変だと思っている人もいるかもしれませんが、これも現代の着物ならではの考えかもしれません。
実は、時代によって、さらに個人の職種や生活そして好みによって着物は様々な着方をされてきました。

明治から昭和初期の普段の庶民の女性のしぐさや着物の着方などは記録に残らないんですよね。農民とか、下級の人たちの。残るものはすべて上流階級の奥方様・お嬢様のものばかり。そしてそれを後世の人が見ると、それだけを真に受けて、もっと美化してドラマや映画を作る。そうやって「庶民の動ける着物姿」が消えて行ってしまったんだと思います。
だから、今着物を着崩したり洋物を合わせていたりすると、変!と思うのですよね。

しかしそれを知っているのはよほどの着物好きか、歴史好き。
たいていの人は知りません。だから、着物は堅苦しいものだと思ってしまう。本当は、平安時代から1000年も変化を続けてきた自由な、ただの衣服なのに。

だから、最近、「着物の従来のルール」ほどバカバカしいものはないなと思うのです。着崩すといってももう着崩れているんだと思うんです。
着物は完成した形だ!今のが一番きれいだ!と言い張る頭のかたい人の言葉をちらほらと聞きますが、それには笑っちゃいますね。服に完成も何もありません。これからもまだ変化していくと思いますよ。洋服も着物も。

これまでの歴史から見ても、着物もルールに縛られず自由に着ていくともっと身近に感じられそうですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |