浸透力がよく全身に使える万能美容オイル≪アルガンオイル≫ | キュレーションメディア

浸透力がよく全身に使える万能美容オイル≪アルガンオイル≫

美容液を買うときに気になるのは、体のどの部分に使えるかや肌質をチェックしますよね。これいいかも♪と思って手に取ってみると、肌に合わなかったりすることも。しかし、そんなことを気にしなくてもいいのが「アルガンオイル」なんです!

1本で体中の肌ケアができる万能美容オイル

Free photo: Olive Oil, Greek, Oil, Olive - Free Image on Pixabay - 356102 (9105)

アルガンオイルには、肌の潤いを守る必須脂肪酸が多く含まれています。その中でも肌の保湿成分であるセラミドを作る「リノール酸」が豊富なため、肌の保湿効果を高めてくれる効果があるようです。

アルガンオイルが肌に浸透することで、肌の水分や油分を整えてくれる作用も高まります。また、皮脂と同じ成分や近い成分が角質層に浸透することで皮膚が柔らかくなり、乾燥から肌を守る働きもあるので、妊娠線の予防にも効果が期待できます。

急激な体重増加などによる肉割れ防止にも効果的なので、お腹まわりやヒップラインなど気になる部分に塗り込むのもおすすめです。

水分と油分のバランスが整うことで、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルの回避も期待できるので、乾燥肌の方だけではなく、脂性肌や敏感肌、すべての肌タイプの方に使えるマルチオイルです。

体重増加による肉割れや妊娠線は女性があまり他人には見られたくないものなので、
アルガンオイルで予防できると肌の悩みを軽減できますね。

スキンケアとして使える

Free photo: Face, Portrait, Woman, Girl, Macro - Free Image on Pixabay - 274649 (9110)

一般に売られているクレンジング剤は、合成界面活性剤が使用されていて優しいタイプの物を使用しても肌に負担があります。

アルガンオイルを始めとする美容に使われるオイルは肌への負担が殆ど無く、さらに肌を保護しお肌の表面を柔らかくしながら汚れを落としてくれます。

クレンジング剤を使わずアルガンオイルで落とせて肌まで柔らかくしてくれるなんて、
女性にはうれしい事だらけですね。
洗顔の後に、アルガンオイルを1~2滴手にとり顔全体にのばしていきます。手のひら全体を使って顔の内側から外側へと肌にしっかりと馴染ませていきましょう。

その後、蒸しタオルを2~3分顔にのせて蒸らし、軽く拭き取ります。こうすることで肌が柔らかくなり、次に使う化粧水などの有効成分が肌に浸透しやすくなります。お肌の土台を作るイメージです。

特に乾燥が気になる方は、お手持ちのクリームや美容液にアルガンオイルを数滴混ぜて使ってみてください。アルガンオイルの持つ保湿効果により、保湿力が高まるのでおすすめです。

また、目元や口元、首筋など、年齢や疲れが出やすい部分の乾燥には、多めのアルガンオイルを馴染ませながらマッサージするのも効果的なようです。

数滴顔になじませて蒸しタオルをするだけなので簡単です。
お風呂やお風呂上がりにしておけば、あとはいつものスキンケアをするだけで
成分がいつもより肌に浸透してくれるなんて今日からでも始めないと損です!
化粧品をいくつも買うよりも経済的ですよ。

スキンケア以外の使い方

爪の甘皮処理に使う

Free photo: Nail Polish, Fingers, Hair - Free Image on Pixabay - 1677561 (9124)

アルガンオイル30mlのスポイトに適量のオイルを吸い込みます。両手の爪の生え際(甘皮との境目)に1滴ずつオイルを落とし、指先を中心になじませます。オイルはたっぷりと指先についている状態なので、その指先を反対の手の親指と人差し指でつまんだり、爪の生え際を両脇から抑えるように圧をかけたり、指先を中心にマッサージ。
アルガンオイルは浸透性が高いオイルなので、マッサージをしている間にも肌になじんでいきます。
特に寝る前に行うのがおすすめです。ケアを行った後は、麻や綿素材等の手袋をして寝ると寝具にオイルの汚れが付く心配もなく、翌朝しっとりの指先に。
ささくれが出来たり甘皮があったりして指先がきれいじゃないと、
人に見られるのが恥ずかしくなったりしますよね。
いつでもきれいな指先でいるために、
アルガンオイルでマッサージして甘皮やささくれの処理をしておきましょう。

手や足のケアに使う

Free photo: Hand, Aid, Love, Hands, Finger - Free Image on Pixabay - 506754 (9121)

ハンドケア、ボディケアとして
手が乾燥して肌荒れがひどい時のハンドクリーム前にぬったり
かかとやひじ、膝などのカサカサが気になる部分にぬったり、

お風呂上りなどにアルガンオイルをお腹周りなど気になる所ににぬって
軽くマッサージするとお肌をうるおいのある柔らかい状態になり、
妊娠線の予防にもなります。

またクリームを使用してボディマッサージをする習慣がある方はクリームに
1~2滴アルガンオイルを混ぜて使用してみましょう。

たったこれだけで、普通のマッサージクリームが上質な高機能クリームに
早変わりします。

女性なら家事で洗い物や掃除をして手が荒れるという経験をしたこがあるでしょう。
そんなときにアルガンオイルでハンドケアが出来れば、
ケアに使う商品を体の部分ごとで揃えなくてもいいので、ケア商品が増えないで済みます。
かかとは夏にはサンダルを履いたりすると見えてしまうので、
それまでにアルガンオイルでケアして綺麗なかかとにしておきましょう。

ニキビケアに使う

Free photo: Acne, Pores, Skin, Pimple, Female - Free Image on Pixabay - 1606765 (9116)

<ニキビケアに>
アルガンオイルの有効な使い方として、ニキビケアにも効果があると言われているんです。
大人のニキビは肌の奥の乾燥が原因でできる物が多いため、外的に潤いを与えることでニキビのケアに繋がるという訳なんですね。
使い方は洗顔後にアルガンオイルを1滴手に取って伸ばし、じっくり肌に伸ばします。
そして、いつも使っている化粧水を多めに出してしっかりと水分補給してください。
最後にもう一度アルガンオイルを一滴手に取って、乳液のようにして使います。
ニキビは誰でも悩むものです。触ると痛かったり、
白くなって目だったりして1つでもあると気持ちが落ち込んで外に出るのも嫌になったりします。
けれど、跡が残るから触れないジレンマに悩まされたりして女性に限らず男性も悩んでいます。
ニキビ跡を残さずニキビを治して、ニキビ跡になってしまったところにも使えるなんて便利なオイルですね。

ヘアケアに使う

Free photo: Beauty, Woman, Portrait, Face, Hair - Free Image on Pixabay - 1319951 (9112)

<ヘアオイル(洗い流さないトリートメント)として>

ヘアオイルとしてアルガンオイルを使用する際は、アルガンオイルを1~3滴、髪の表面に塗布します。

乾いた髪にも濡れた髪にも使え、ドライヤーの熱から髪を守り、乾燥した髪に潤いを与えてくれます。

洗い流さないでもいいというのが楽ですよね。お風呂上りでも朝のヘアセットにも使えます。
<ヘアトリートメントとして >
① いつものシャンプー後に洗面器にお湯をはります

② その中にアルガンオイルを3~5滴程入れてかき回します

③ 洗面器の中に頭を入れます

④ 洗い流さずにそのままドライヤーで乾かします

これによって、髪全体に潤いが行きわたりやすくなり、でドライヤーで乾かした後も、しっとりと保湿感が継続します。

アルガンオイルが入ったお湯に髪をいれ乾かすだけで保湿感の継続した髪を手に入れられれば、
美容院で時間と費用を節約できますね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |