興味深い着物の歴史と人々の暮らし | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

興味深い着物の歴史と人々の暮らし

着物は日本の文化です。現在では普段着として着ている人は少ないとはいえ、成人式や結婚式などの場では着物人気は非常に高く、愛され続けていますね。そんな着物の歴史には興味深い話がたくさんあります。人々の生活に根付いてきたものですから、着物の話を色々知っていくと面白いですよ。

着物の歴史とは?

着物と言えば日本の象徴ですね。
現在もこの文化は生き続け人気もありますが、
普段着はやはり洋服です。

着物を着るのは窮屈と思ってしまいがちですが、
日本人は長い間着物のみを
着ている時代を過ごしてきました。
そこにはちゃんと理由があります。

古くから存在する着物ですが、現在のような形になったのは平安時代以降とされています。それ以前の古代から奈良時代にかけてはズボン型あるいはスカート型の衣服と上衣の組み合わせか、ワンピース型の衣服が大半を占めていました。
しかし、平安時代に入ると着る人のからだの線にとらわれず、布地を直線に裁ち、縫い合わせる方法(直線裁ち)で着物が作られるようになったのです。直線裁ちの着物は簡単にたためるうえ、寒いときには重ね着ができ、暑い夏には麻などの涼しい素材を使うなど、さまざまな工夫が取り入れられて、多くの種類の着物が作られていきました。
こうして今のような形の着物は、日本人の生活の中に溶け込んでいったのです。

日本の代表的な民族衣装である「着物」。着物の歴史をさかのぼると、縄文時代の貫頭衣〔かんとうい〕にまで辿り着きます。飛鳥時代の唐文化の影響、平安時代の鮮やかな十二単。日本の歴史のなかで、着物文化は私達と切り離す事ができません。

現在一般的に「きもの」と呼ばれているものは、和服の中の「長着〔ながぎ〕」にあたります。長着の仕立てには、裏の付いた袷〔あわせ〕仕立てと裏の付いてない単〔ひとえ〕仕立てに大別され、季節やTPOによって着分けます。
日本の民族衣装である着物ですが、洋服の一般化によって着用する機会が減少していました。しかし最近ではアンティーク着物や和柄の流行により、若い世代にも人気です。これからの新たなきもの文化に昔ながらの伝統的な作法を織り交ぜ、今後も日本の美しいきもの文化は発展していく事でしょう。

着物の着方 右前左前の話

着付けをする時、
右前に合わせるのが常識です。
着物に馴染みが薄くなっている最近は、
迷う人が多いようです。

そもそもなぜ右前なのでしょう。
左前ではいけないのでしょうか。

左前は縁起が悪い?

着物の合わせは右前か左前か、悩んでしまったことはありませんか?正解は右前ですが、これは人から見て右前になるのが正しいので、実は自分から見ると左前になるのが正しい合わせ方です。なんとも難しいですね。しかし万が一間違って左前に着てしまうと、いわゆる「死装束」といって亡くなった方が着る方法になってしまいます。
今では「左前」は着物の着付けで、最も避けるべき重大な注意事項となっていますが、着装上の失敗以上に、死者の装束に用いる着方であることから、「不吉」、「縁起が悪い」など、精神面での拒否反応を持つ方も多いようです。 しかし、これには少々誤解もあるようです。 「左前」はもともと死者を生者と区別するための風習。 「人は死んだらみな平等」という宗教的な思想から、誰でも死ぬと位(くらい)が上がって神や仏に近づくとして、貴人と同じ左前に着せたというものだったのです。 決して死者が左前に着物を着るため、縁起の悪い左前に着てはいけないという訳ではありませんので、あしからず。

男女で違いは?

多くの方は「男性が右前、女性が左前」と思っているかもしれませんが、これはスーツなどの”洋服”の話で、浴衣などの和服は男女とも「右前」に着るのが正式なのだそうです。
誤解している人は結構いるようですね。
特に浴衣は自分で着る人も多いので、迷わないように覚えておきましょう。

ではなぜ、洋服は男女で逆なの?

男性が「右前」、女性が「左前」です。

ただしここでいう”前”は、ボタンの付いている側をいいます。
着用したときに前に出るのがボタンですから、前というようです。

なお、男女でボタンの右左が異なるのは、諸説あるようですが、
・ボタンができた当時(13世紀ころ)、男性は自分で着ていたが、女性は付き人に着せてもらっていた
・人間は右利きが多いので、ボタンが右側にあるほうが着やすい(人に着せる場合は逆)
というのが有力みたいですね。

職業で違う褄の話

着物と言えば芸者や花魁といった
華やかな姿が浮かびますね。

着物の裾両端の部分を褄と言いますが、
この褄の取り方にも意味があるようです。

芸者さんたちが、お座敷では裾を引いていますが、
外出の時はその長い裾をからげなくてはいけません。

このからげる時に、襟の下のほう(襟下とか褄とか言われていますが)を持つことを「褄をとる」と言います。

芸者さんたちは左の褄をとるので、芸者さんたちのことを「左褄」とも呼びます。

普通に「きもの」を着ますと、上前つまり自分の右側の褄が表に出ていますよね。
これをあえて、左の褄を上にして持つということは、どういうことかお分かりでしょうか?

「きもの」は襦袢も裾よけも左を上にしてきますから、合わせが右に来ます。
右側が開きます。
それを、「きもの」の長い裾をあえて左を上にして持つと、
裾から手が入りにくいわけです。

「芸は売っても、身は売らない」という芸者の心意気の表れなのです。

一方、花魁(おいらん)などの遊女は、
右手で「褄」をとります。

右手で褄をとるということは、
着物の合わせ目、長じゅばんのどちらの合わせ目も
右側に来るため、男性の手が裾に入りやすくなります。

職業の性質やその心意気が服装に表れているのですね。

それぞれの生活に合わせた着物の着方

現在着物を着るのはお正月や結婚式・成人式・パーティーなどの改まった機会が多いでしょう。
普段はほとんどの人が洋服で過ごしています。
それもあって、着物はきっちりと着付け、崩れないようにおしとやかにしているものです。
しかし、洋服のない時代、毎日の生活で24時間着物を着ていた人たちも同じように着付けをしていたのでしょうか。
窮屈ではないのでしょうか。
昔の着付けは今のような体形の補正をしないことが多かったようです(これは、着物が普段着であったという理由が大きいと思います)。
 また、襟のあわせも緩いのが特徴的で、さらに江戸期にさかのぼればいわゆる上前を現在のように右の腰までぐっと持ってこず、前の合わせかたがあさい着付けが好まれたようです。
 女の帯については、娘時代は胸高に、年をとるとだんだん下にずらしてゆく(歌舞伎にはこの着付けがまだ残っています)というのが一般的な風潮であったようですが、全体に現在よりも低い位置で占めていました。これは江戸時代の女の人が下履きをしていなかったこともあるのでしょう。それが一転して高めになってゆくのは明治末から昭和初期にかけての時代のようです。
 また、現在では下に肌襦袢と襦袢くらいしか着ませんが、昔は腰巻や二布といった下着を襦袢の下に着ていました。
現在ではウェストのくびれにタオルを巻いて補正するのが定番ですが、昔はそんなことしなかったのですね。
毎日のことですから、きっちり着つけてしまったら動きづらくてたまりません。
また、動き方によって人それぞれ程よく着崩れするのが着物のいいところなのかもしれません。

町人の妻たちは、丸髷(まるまげ)という髪型に着物を着て、エプロンをするのが一般的です。

前掛け、前垂れ(まえだれ)と呼ばれるエプロンは、着物の汚れを防ぐためのものです。

町人の妻は何枚も着物を持っているわけではありませんし、買うときにも新品ということはほとんどありません。

古着屋で買った着物を大切に着続けるために、前掛けは必需品だったのでしょう。

時代劇でもお馴染みの前掛けをした娘さんも、一つの着物を大切に着まわしていたのですね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |