FX取引で活用したい注文方法 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FX取引で活用したい注文方法

FX取引には成行、指値、逆指値といった基本的な注文方法以外にも特徴ある注文方法が実に多々あります。

それらを上手く使いこなすことで基本的な注文方法では対処しきれない値動きの流れにも対応できたり、極力リスクを回避しつつ利益を狙うことも可能になるでしょう。

OCO注文、IFD(イフダン)注文、トレール注文について見ていきましょう。

OCO注文

4-10
http://www.lfx.jp/img/4-10.jpg

FX取引をする上で値動きの流れがこれから上がるのか、それとも下がるのかが全くわからない場面に遭遇することも珍しくありません。

そんな時に2つの注文を同時に出して利益確保を狙いつつ損失を抑えれる注文方法が「OCO注文」です。

複数注文とも呼ばれるこの注文方法を上手く取り入れることで値動きの上げ下げが激しくても関係なく迅速に対処できます。

OCO(オーシーオー)注文は、OCO(オーシーオー)注文は、上級者向けの注文方法です。 新規注文と同時に、決済注文を出すことができ、利食いのための指値注文、または損切りのための逆指値(ストップロス)注文を同時に発注することができます。この場合、どちらか一方が成立したら、 もう一方はキャンセルとなります。

http://www.fmsound.net/fx_order/navi_oco.html

例えば「1ドル=100円」の1万ドルのポジションがあったとします。為替レートが円安で101円になるか、円高で99円になるか、少し予想が難しいときにOCO注文を利用します。

1万ドルが買いポジションであれば、為替レートが上がった場合に利益確定の売り、下がった場合は損失限定の売りといったOCO注文が出せます。

http://www.thecitydrivemusic.com/cat3/post_29.html

IFD(イフダン)注文

指値で新規注文を出すと同時に指値で決済注文も出しておく注文方法が「IFD(イフダン)注文」です。

新規注文が指定した指値で約定した時に限り決済注文へと進むというのがIFD注文の特徴で、利益確定とロスカットの両方を狙えるという点ではOCO注文と似ています。

こちらは新規注文から決済注文まで全て自動で行われますが、指定した価格に達しなければ注文自体されることはありません。

たとえば、1ドル=115円でドルを買うという注文を出す場合、同時に「1ドル=120円になったらドルを売る」という注文も出しておきます。つまり、最初の注文が約定したら、その反対売買の注文を自動で出すのが「IFD(イフダン)注文」です。
二つめの注文は、最初の注文が成約しない限り発動されることはありません。

注文は、「指値」でも「逆指値」でも出せます。また、思惑どおりに相場が動いた場合の「利益確定」や、パソコンの前にいられず、その間に相場が急激に動いて大きな損失を被らないための「損切り」にも有効な手段として利用できます。

http://www.lfx.jp/ifd.html

トレール注文

toreiru
http://saodep.info/img/toreiru.gif

決済注文専用の注文方法である「トレール注文」はより利益を追求しつつ一定の利益も確保できる、またロスカット時も最小限の損失に抑えることが出来ます。

予め値動きの幅を指定し、その幅よりも値動きが激しくなる前に決済注文を出すので安定した取引が行えます。

トレール注文とは、損失確定のための逆指値(ストップロス)注文を、より効率的に用いるための注文方法です。別名トレーリングストップ注文とも呼ばれています。

トレール注文は、ストップロスのための逆指値注文をだまって置いておくだけではなく、為替レートが上がるたびにその予め指定した値幅間隔が自動的に切り上がっていきます。結果ストップ注文の指定レートを徐々に有利な方向へ自動的に追尾し、利益の最大化を目指すこともできる注文方法です。

http://www.fx55.jp/order/toreru.html

始めの内はこれらの注文方法を全て使いこなすことは難しいかもしれませんが、少しずつ取引に取り入れておくことで大きな取引の際にリスク管理を徹底しつつも利益を狙うことが可能となります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |