【眼精疲労】ブルーベリーが目に良いとされる根拠とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【眼精疲労】ブルーベリーが目に良いとされる根拠とは?

ブルーベリーといえばよく言われるのが「目に良い」ということです。なぜブルーベリーが目に良いのでしょうか。サプリメントがあったりさまざまな形でブルーベリーは身近にあります。ここで一度、その効果と根拠を確認してみてはどうでしょうか。

ブルーベリーにはアントシアニンのほか、サンタベリー、アスタキサンチン、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンE、B12などの成分が含まれています。
このビタミンEに注意が必要だといわれています。
ビタミンEは脂溶性なので、肝臓にどんどん蓄積されていきます。
念のために書いておきますと、ビタミンB12のほうは水溶性ビタミンです。
水溶性ビタミンは摂りすぎても尿として排出されてしまうので、肝臓への負担はありません。
ビタミンEというのはそもそも老化を防いだり、成人病の予防や、ホルモンのバランスを整える効果のあるビタミンです。
しかし過剰に摂ってしまうと骨の細胞を壊してしまい、骨粗鬆症になる可能性が高くなるといわれています。
ブルーベリーのサプリメントや、くだものそのものを摂る場合は問題はないかもしれませんが、ほかのサプリメントと一緒に摂る場合は、それらのサプリメントにビタミンEが含まれていないか確認をしたほうがよさそうです。

ビタミンEの過剰摂取に注意

なんと、青汁と相性がばっちりのようですね。
とくにβカロテンやビタミンA等は緑黄色野菜に多く含まれています。
その中でも人参などにとくに多いとされています。
目の疲れだけでなく健康のためにも、ぜひ青汁の飲用も検討してみてくださいね。
抗酸化作用については、きちんと自分の体に合わせないといけませんね。
とりあえず体に良いものならとっておけ、という姿勢では逆に体を壊すことになりますね。
ちゃんと自分の病気などを把握して自分に合ったものをとるようにしましょう。
人が物を見る時には、網膜の中にあるロドプシンという物質が分解と再合成を繰り返すことで、その信号が脳に届けられるのですが、長時間のパソコン作業や読書などで目を酷使した場合、ロドプシンの働きが弱くなることで、かすみ目や目の疲れといった症状が現れます。

しかし、アントシアニンにはこのロドプシンの再合成を助ける働きがあり、疲れや視力の低下を回復する効果があるのです。

また、アントシアニンには毛細血管を強くし、コラーゲンを保つ働きもあるため、目の隅々にまで酸素が行き渡り、角膜や水晶体を保護するコラーゲンを安定させることで、目の疲れを素早くとることができると考えられています。

生が一番多いですが、乾燥させたブルーベリーでも結構多いですね。
これを毎日食べるとンあると大変ですよね。
となると、一番摂取しやすいのはサプリメントということになります。

サプリメントなら2.3粒ぐらいで済みますから非常に手軽です。

目に良いとされているのは「アントシアニン色素」ですね。
しかし、この色素が目に良いっても、どう目に良いのでしょうか?
サプリメントでブルーベリーを摂取|目に良い健康食品をプラス

「アントシアニン色素」

βカロテンがビタミンAに変化して目に良い作用をもたらしてくれる!

Βカロテンですが、実はかなり変わった成分なのです。

体内に入ることで、ビタミンAに変化することが分かっています。

そのビタミンAが疲れ目に抜群の相性を誇っているわけです。

ビタミンAには、目の健康を維持してくれる作用があります。

たとえば、夕方になると疲れ目の症状が出てきて、かすみ目になってしまう、なんて方もいますよね。

そんな方はビタミンAが不足している可能性があるわけです。

意外!?ブルーベリーと青汁でダブルで目に良い効果が!

ブルーベリーを摂取する際の注意点

目の疲労回復効果を得るために必要なアントシアニン量は約40~90mgとされており、ブルーベリーに換算すると、必要量は次のようになります。
●生のブルーベリー…約60g~300g
●乾燥ブルーベリー…約12g~25g
●ブルーベリージャム…約40g~90g

ブルーベリーの目に良い成分

ブルーベリーはいろいろなすぐれた機能性をもっています。とくにアントシアニン色素は、人間の目によい効果があります。ブルーベリーをたくさん食べると、目の疲労がとれ、視野もぐっと広がり、夜間でも暗闇に目が慣れるまで時間が著しく早くなります。

パソコンなどのOA機器の普及、夜間長距離運転による目の疲労感、高齢化社会の進行による目の不快感などに対し、ブルーベリーがこれらを解消する機能性は、すばらしいものがあり、ほかの果実には見られません。

ブルーベリーの適量は?

ちょっとこれは大変ですよ!
骨粗しょう症になる可能性が高くなるというのは本末転倒ですね。
くれぐれも過剰摂取は避けなければなりません。

食べ合わせなどもきちんと考えましょう。
特にアーモンドにはビタミンEが多く含まれているので控えたほうがよいでしょう。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、強い抗酸化作用があります。
この作用は、いわゆる「血をさらさらにする」といわれるもので、動脈硬化や脳梗塞の予防に効果があります。
しかしこのことの裏を返せば、出血性の病気を持っている人や、血栓の治療を受けている人、さらにはもともと血液が固まりにくい体質の人にとっては逆効果になるといえます。
また、血液の凝固を防ぐ薬と併用すると、薬の効果が薄くなるともいわれています。

抗酸化作用はお薬と相談が必要です

ブルーベリーのアントシアニンが、
長時間のパソコン作業で弱まったロドプシンの働きを助けているわけですね。
ということは、やはりアントシアニンは目に良い成分だということになりますね。

では次に、ブルーベリーの適量を確認してみましょう。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |