《節利息》金融業者の「無利息」期間を制して目指せ完済! | キュレーションメディア

《節利息》金融業者の「無利息」期間を制して目指せ完済!

利息を少しでも減らす為に利用をしたいのが、金融機関が行っている無利息期間です。無利息期間は、その金融会社が定める期間は利息がかかることがありません。その無利息期間を上手に利用をして少しでも早く、債務の返済を行いましょう。

無利息期間とは

Free vector graphic: Interest Rate, Interest, Percentage - Free Image on Pixabay - 149879 (9238)

無利息期間があるカードローンは、借入れから一定期間は支払利息が発生しないカードローンです。無利息期間内に完済すれば、利息はかかりません。すぐに返済する見込みがあるけれど、手元にお金がない場合など、短期間の借入れを検討している方はご検討してみてはいかがでしょうか。自分の返済計画と照らし合わせながら、無利息期間のあるカードローンを上手に活用してみましょう。
無利息期間とは消費者金融などで借入を行った際に、無利息になる期間があるという独自のサービスです。
これを上手に利用することで、利息を払わずに借入を行うことも不可能ではありません。

無利息期間を設けている金融会社

Free vector graphic: Vault, Strongbox - Free Image on Pixabay - 154023 (9240)

    業者名               無利息期間
新生銀行カードローン レイク      契約日の翌日から30日間(初回のみ)
                   契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
プロミス               初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)
ノーローン              借入日の翌日から7日間
アコム                契約日の翌日から30日間(初回のみ)
無利息期間を設けている金融会社は銀行系や消費者金融など、多くの会社で儲けられています。
利息を少しでも抑えるためにも、借入を行う際にはこういった機関で借入を行うのがいいですね。

無利息で借りいれ出来る金額

Free illustration: Yen, Money, Currency, Japan - Free Image on Pixabay - 76009 (9241)

金融機関    借入可能額
プロミス     1000円~500万円
アコム       1万円~500万円
アイフル 1000円~500万円
新生銀行(レイク) 1万円~500万円 ※1 「5万円まで180日間無利息」
ノーローン 1万円~300万円
無利息期間でもまとまった金額の借入は出来るようです。
他の金融機関にお金を借りている場合は、多くの金額を借りて、出来るだけ元本の返済に当ててしまうと、その期間はかなりの金額の節約が期待出来そうです。

有効活用法

Free illustration: Lone, Team, Town Sign, Efficiency - Free Image on Pixabay - 437505 (9243)

数万円程度のキャシングの場合には無利息期間で浮く利息は小さなものになります。もちろん借り入れ金額が大きくなると利息も大きくなり無利息期間が有効に活用できることもわかります。
少額のキャシングの時には、30日間以内に完済すること、つまり早い完済を目指すための目安になると考えてよいでしょう。大きな金額のキャシングでは、利息を抑える有効な手段として利用することもできます。
ここで利息の計算方法を確認しましょう!
借入残高×金利÷年間日数×利用日数
1日分の利息を何日分支払うのか、それが利用日数に応じた利息になります。返済をすれば借りれ残高が少なくなり、その後の利息も変わります。
無利息期間中に借入残高のうち大きな割合を返済できればその後の利息を節約することに役立ちます。
via http://キャシングカード.com/murisokukikan.php
無利息期間を有効的に活用するためには、無利息期間中に出来るだけ元本を返済しておくと言うことです。
元本を返済しておけば、それだけ利息がかかる期間中に支払う金額を減らすことが出来ます。
どれだけの金額を借りて、その無利息期間中に返済をどれだけ出来るのかと言うことは重要となります。

余裕を生ませる効果

Free illustration: Clock, Wave, Period, Time, Fear - Free Image on Pixabay - 439147 (9244)

利息の節約とはちょっと別の話ですが、この余裕のあるときの追加返済は心の余裕を生むことにもなります。お財布の余裕分をちょっと分散させて返済します。
例えば、毎月5日が約定返済日と仮定しましょう。8月4日に規定の額(約定額)を返済して、8月6日にも規定の額を返済した場合、9月5日分の返済を行ったことになるので、次の約定返済日は10月5日になります。ほぼ、2ヶ月後なので、だいぶ心の余裕を持てます。
また、キャッシングの利息を細かく考えてみると、ごく短期的な借り入れならばご自分の口座から現金を引き出すATMの手数料よりも利息の方が安いということもあります。それというのも、キャッシングやカードローンに関しては自社のATMではなくても、時間の制約なく、ATM手数料は無料、という商品が増えています。
ご自分の取引銀行のATMがすぐ近くになかった時など、他行やコンビニのATMを利用するよりも節約になるということです。
無利息期間を利用すれば、繰り上げの返済が可能となりますので、毎月の返済に余裕が生まれます。
その余裕を生む行為が大切で、その間にさらに返済出来る金額を増やしておくことが出来るようになります。
余裕が無くなると、毎月の返済だけに追われなければいけなくなり、日々切羽詰まった状態でいるのは精神的にも辛いことです。

金融会社が行う無利息期間を上手に活用して、賢く返済をしていきましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |