<アルガンオイル>イイもの・悪いもの「見分け方」 | キュレーションメディア

<アルガンオイル>イイもの・悪いもの「見分け方」

美容にイイとされているアルガンオイル。何を使ってもイイ効果がでるわけではありません!きちんとイイものと悪いものを見分けて使うようにしてください♪

アルガンオイル、もちろん酸化します。。。

 (6264)

一方未精製のアルガンオイルが、手作りコスメの原料として比較的安価で出回っていますが、不純物がまざっていたりして安定性に欠け、酸化しやすいものもあります。また、最初から臭いがあるものもあります。アルガンオイルなら試用感もさらっとして、つけるとすぐ肌に吸収されるはずですから、べたべたしたり、見た目が濁っていたり、油の酸化臭がするものは、品質が劣るものであるかもしれません。
精製アルガンオイルは透き通った黄金色をしていますが、未精製アルガンオイルは濁りが気になるものもあります。

でも、ちゃんとしたものなら基本は酸化しにくいんです!

オイルの中には、紫外線に当たることによって光毒性を生じたりするものや酸化しやすく油焼けの状態を生み出してしまうものもあり、一般的に日中ケアとして不向きな印象をお持ちの方も多いと思います。
しかしアルガンオイルは、高級エクストラバージンオイルの酸度が0.8%くらいなのに対し、酸度は0.4%以下と酸化しにくいオイルです。
アルガンオイルは、ステアリン酸10%、オレイン酸45%ですが、リノール酸も30%と高比率で入っています。リノール酸は酸化しやすいのですが、アルガンオイルには抗酸化作用の強いγートコフェロール(ビタミンE)がオリーブオイルの4倍もはいっているので酸化が防がれているのです。
基本的にはアルガンオイルは酸化しにくいオイルではありますが、決して酸化いないわけではありません。
そして酸化しにくいものはもちろん良い品質のものに限りますし保管方法にもよります。
やはり直接お肌に付けたり、口に入れるものなので安心できるちゃんとしたものを使いたいですよね。

見分け方はあるの?

 (6281)

粗悪なオイルの見分け方

■色が薄く透明である
樹から落ちた実ではなく、アルガンの実が大好物であるヤギが食べた実から、糞となって吐き出された種を使って製造し、精製処理をしています。

■色が黄金色ではない
他のオイルと混ぜている可能性が高いです。

■酸っぱい匂いがする
オイルが酸化していたり、劣化している証拠です。
新鮮なアルガンオイルは、ほんのり黄金色で、さらりとベタつかないテクスチャー、そしてナッツ調のエキゾチックな香りがします。

■テクスチャーが違う
本来のアルガンオイルはすぐに浸透するので、さらっとしてきます。いつまでもベタベタするのは、品質に問題があります。

香を嗅いでください。酸化したオイルの香は機械油のように臭いますので、すぐに分かります。 かすかに匂う程度の場合は、アルガンオイル本来の香です。(天然のオイルであるため香にも多少のバラつきがあります。)
信頼出来る品質のアルガンオイルの価格相場は、安くても1mlあたり80円から、高くは380円まで幅があります。確かな基準を得るには「IGP」というEU独自の品質保証がありますので、国の基準をクリアしたものはこの表示を確認すると良いでしょう。

色がゴールドではなく薄く透明で、酸味のある刺激臭がするものは選んではいけません。

なかなか売り場に置いてある商品の臭いを嗅ぐことは難しいと思うので、まず買う時は見た目で判断するようにした方がいいかと思います。
ネットなどで買う時は、メーカーなどをきっちり調べてから買うべきのようです。
調べ方は難しいものではないので、きっちり調べてから買うことをオススメします!

保管方法は?

 (6283)

アルガンオイルはビタミンEを多く含んでいますので、酸化しにくいオイルと言われています。未開封の状態で、消費期限は2年です。開封後は3ヶ月程度で使い切るのが理想的です。
酸化しにくい美容オイル(ホホバ・椿油・オリーブ・スクワラン・アルガン・マカダミア・スイートアーモンドオイルなど)は常温保存が可能ですが、
使用期限が明記されている場合は、それを守るようにしてください。
また、雑菌の繁殖を防ぐため、化粧水のような中栓より、瓶にプッシュポンプを装着するのがおすすめです。
アルガンオイルの容器と容量はメーカーによって様々ですが、自分に合った使用方法に照らして見ることも大切です。
顔や部分的に使用するのであれば、口がプッシュ式やスポイト式でが便利ですね。
そして、アルガンオイルはよく伸びるので、30〜50 ml 容量で数ヶ月程度で使いきるのが良いでしょう。
アルガンオイルは少量でも伸びがよく、容量はあまり多くは必要ありません。

一方、ボディマッサージや髪、爪など全身にたっぷり使いたい方や、家族全員で使いたい方は、200 ml 程度の容量が良いでしょう。
口はキャップ付きのパッケージが便利ですが、一部をプッシュ式の容器に移し替えて使用するアイディアもあります。

アルガンオイルは常温での保管が可能なので、部屋の直射日光が当たらないところに置いておけばいいので楽ですね♪
ただ、いくら酸化しにくいオイルとはいえ開封してから長期間同じものを使うのは止めた方がいいみたいです。。。
用途に応じて容量の多いもの少ないものを選んだり、使う部分を考えてプッシュ式のものを使うようにするなど使用方法は考えてみるべきですね。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |