【ブラック解除はいつ?】事故情報、信用情報の時効とは? | キュレーションメディア

【ブラック解除はいつ?】事故情報、信用情報の時効とは?

債務整理を行なう時、気になるのはブラックリストのことですよね。ブラックリストに自分の事故情報が載っている間は新たに借金をすることは不可能ですが、一定の期間が過ぎればまたカードを作ることも可能になります。ブラックが解除される期間を調べてみました。

ブラックリストの正体

Free stock photo: Writing, Write, Fountain Pen, Ink - Free Image on Pixabay - 1209121 (9849)

例えば、あなたがローンを組んだり、クレジットカードを作ったりしたとします。そうすると、あなたの情報(顧客情報)は、「信用情報機関(他社での利用状況や過去に事故情報がないかを調査するために設けられた機関。)」に登録されます。
しかし、ある一定期間返済することが出来なくなってしまったり、破産手続きを行うと、「事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報)」として「信用情報機関」に登録されてしまいます。

これが通称「ブラック情報」、俗に「ブラックリスト」と呼ばれている理由です。

「ブラックリスト」という黒い表紙のリストがあり、それに名前が記されてしまうことをイメージしている方も多いかもしれませんが、
そのような物は存在しないのです。
各金融機関が、それぞれ支払いが滞った顧客のリストを作っているわけでもありません。
金融事故の情報は、信用情報機関というデータベースに記録され、
金融業者たちはその情報を共有しています。

つまり、A社で金融事故を起こしてしまったら、
B社やC社で借金をしようとしても、断られるということです。

信用情報機関とは

Free illustration: Digital, Zeros, Ones, Woman - Free Image on Pixabay - 388075 (9850)

信用情報機関は、加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える機関です。
消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。
この確認を行うことで、会員会社は消費者の返済能力に応じた適切な信用供与が可能となり、過剰貸付などを未然に防ぐことができます。
私たちが生活している中で、時には借金をしなければいけない場合があります。 人によって理由は違うと思いますが、例えば住宅ローン、思わぬ出費でのキャッシング、何気なく作ったクレジットカード。

実は、その際にあなたの情報は、信用情報機関というところに登録されています。

どの金融機関から、いつ、どれくらいお金を借りたのか?いつまでに返すべきなのか?といった情報が記録されます。 もちろん、滞りなく支払いを続けていれば、なんの問題もありませんし、怖がる必要もありません。

例えば、スマホを購入する際に分割払いにすると、その情報も登録されます。
つまり、一般的な生活を送る人であれば、大抵何らかの情報が載っているということですね。
もちろんネガティブな情報ばかりではなく、きちんと返済をしてきたという事実、信用も記載されています。

また、信用情報機関はひとつだけではなく、
それぞれ事故情報が消えるまでの期間も異なります。
代表的な3つの時効を見てみましょう。

信用情報機関別・事故情報の時効

Free stock photo: Watches, Old, Antique - Free Image on Pixabay - 1204696 (9851)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関。銀行系の信用情報機関。
延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理:5年
自己破産:10年

CIC

割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関。クレジットカード系の信用情報機関。
延滞:5年
任意整理:5年
自己破産:7年

JICC(日本信用情報機構)

貸金業者系の信用情報機関。信販会社によるクレジットカード、キャッシング系の信用情報機関。
延滞:1年
任意整理:5年
自己破産:5年
強制解約:5年
この期間内は、新たに借金をすることはもちろんのこと、
ローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることも出来ません。

ちなみに、ついうっかり支払日を忘れてしまったということは、
誰でも一度くらいはあるでしょう。
その場合、支払日を1日でも過ぎてしまったら、
5年間に亘って延滞したという情報が載ってしまうかというと、答えはNoです。
支払い予定日より3か月経ち、催促しても支払われなかった場合は事故となりますが、すぐに支払えば大丈夫ですので、安心して下さいね♪

時効へのカウントダウンが始まるのは…

Free stock photo: Time, Timer, Clock, Watch, Hour - Free Image on Pixabay - 488112 (9852)

通常の延滞などの場合は延滞解消から5年ほどでブラックリストから外れることになるわけです。ただし、注意したいのは「解消から5年」という点です。
なお、事故情報が消えるのは「解消から」です。借りたお金を返済していない状況では5年たっても事故情報は残ったままです。ご注意ください。
注意しておきたいポイントは、ココです!
支払いが滞った日や債務整理の手続きを始めた日から〇年ではなく、
借金がきれいになくなった時点で、
ようやく時効のカウントダウンが始まるということを覚えておきましょう。

一度失った信用を取り戻すのは、容易ではないということです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |