豪ドルでスワップポイントを狙おう | キュレーションメディア

豪ドルでスワップポイントを狙おう

中国の影響を受けるオーストラリア経済


http://business-peoples.com/material/249.jpg

オーストラリアから見て一番のお客様は何と言っても中国です。オーストラリアの経済成長は右肩上がりなのですが、特に2003年~現在に至るGDP増加率はそれ以前よりも急激に伸びが大きくなっています。この伸びの要因は輸出の増加による物で主に中国向けが半分くらいを占める勢いとなっています。オーストラリア国内の設備投資も輸出用の鉱業部門が90%以上となり、まさに中国経済の発展と共にオーストラリア経済も成長してきたと言えるでしょう。中国と表裏一体の経済構造はこれまでは良い面ばかり見えていましたが、中国経済が踊り場に差し掛かってきた現在は悪い面も目立つようになってきました。

金利は高いが基軸通貨ほどの安定はない??ー押さえておきたい豪ドルの特徴ー

オーストラリアは資源国としてのイメージがあったので、石油はもちろん、その関連製品も輸入に頼っているというのは意外でした。
中国が一番のお客様というのは知っていましたが、まさか表裏一体の経済構造になるほど密接に関係しているとは知りませんでした。
中国経済も不安定になってきましたし、今後は投資をするにも慎重さが必要になってくるのかもしれませんね。

豪ドルに影響する経済指標


http://exchange-images.com/material/077.jpg

豪ドルに影響を与える経済指標は以下になります。

・豪準備銀行RBAの金利政策発表
他国通貨同様金利政策によって為替相場は直に影響を受けるので必ずチェックしておきましょう。
・RBA議長・総裁等関係者の動向と声明
国の金融政策を定めているRBA関係者の情報は、為替相場に直に影響を及ぼす可能性が高い傾向にあります。
・貿易収支
この貿易収支によってどれだけオーストラリアの輸出による収支があるか把握できます。
・小売売上高、生産者物価指数等の生産者に関わる指標
オーストラリアの輸出を行って行く上で大切な指標となります。
・天然資源価格
金・鉄鉱石 金の場合はNYとロンドン金相場

http://point-g.rakuten.co.jp/fx/currency/aud.html

オーストラリアは高金利で資源国通貨ですから、他国の影響を受けやすいようです。
輸出相手国は中国が30%以上で、日本、韓国、インド、アメリカとなっているので、これらの国の経済状況もチェックしたほうがいいかもいしれません。
あとは、資源国なので資源の相場と、高金利なので金利の政策発表は注目しておかねばならないでしょうね。

豪ドルはスワップ金利+中長期で保有


http://www.civillink.net/sozai/images_small/pics2920.jpg

豪ドルついては、「基本的には金利が上がる傾向にあるので、買いから入って、スワップ金利を得ながら、中長期で保有ができる。初心者でも取引がしやすい通貨ペアだと言えます」と評価する。ただし、「春先は調整する局面もある」との見方も。「欧州では昨年、洪水があり、その被害の影響で今年第1四半期は、GDP伸び率が押し下げられる可能性があります。その発表がある4月頃までは、試練の時。ですがその後は、徐々に上がっていくでしょう」

見るべき指標は上海総合指数の動同。中国の景気が悪化し、資源需要が減ることが、欧州経済にとって最大のリスクだからだ。「中国の景気がよければ、豪ドルの右肩上がひも続く。一時的に下げた時は買いです」

http://www.aradlibrary.org/

豪ドルは自然災害や資源の相場、それに中国の経済状況を見ながら、スワップ金利を得つつ、中長期で保有していけばいいということですね。

豪ドル以外の高金利通貨


http://01.gatag.net/img/201507/31s/gatag-00012740.jpg

高金利通貨とは、その名の通り金利が高い通貨のことです。「豪ドル・NZドル・南アランド」などがFXで取引されている高金利通貨です。

基本的に高金利通貨は買われます。特に、相場を動かすような材料がない場合や、主要通貨にトレンドが発生していないような場合は、高金利通貨が買われる傾向が強くなります。

為替レートが変わらない場合、低金利通貨を借りて売り、そのお金で高金利通貨を買って運用すれば、2つの通貨の金利差だけ利益が上がります。

FXにおいても同じで、低金利通貨で高金利通貨を買うとスワップ金利が受け取れますので、金利が低い「円、ドル、フラン」などで高金利通貨をロングすると沢山のスワップが受け取れます。

豪ドル・NZドル・南アランドなどの高金利通貨の特徴

円のような低金利の通貨から、豪ドル・NZドル・南アランドの高金利通貨を狙っていけばいいということでしょうか。
一つの通貨だけというよりも、分散してもいいかもしれません。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |