浴衣だけじゃない!夏に涼やか着物の着こなし | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

浴衣だけじゃない!夏に涼やか着物の着こなし

日常的に着物を着る事の少なくなった現代、お正月や成人式など、着物という冬に着るイメージがありませんか?夏には夏用に着物もあるのです。

夏用の着物としては、6月と9月は一重で裏地のない「単衣」、7月と8月の盛夏には「薄物」を着ます。
盛夏と言うと浴衣のイメージですが、浴衣は本就寝着であり、カジュアル感が強いので、きちんとした場には不向きです。
この夏は着物でワンランク上のオシャレを楽しんでみてはいかがでしょう。
7月8月の夏真っ盛りに着る着物、薄物の紹介をします。

薄物の種類

夏の生地としてもっとも人気のある絽。

長襦袢をはじめとして、留袖、訪問着、付け下げから、喪服や色無地、小紋など幅広く用いられています。和装小物の帯揚げにも見かけることができます。

絽は、平織りにすきまをつくった、もじり織りの一種です。薄地で軽量、すきまが多く通気性が良い生地で、絽目の通っている方向によって経絽(たてろ)と緯絽(よころ)とよばれることがあります。

経(たて)緯(よこ)がシンプルに交差したもじり織りです。

少々乱暴ですが、わかりやすく表現すると網の目のような織です。

地模様を織った紋紗(もんしゃ)、二重織りの風通紗(ふうつうしゃ)、節があり紬風の粋紗(きっしゃ)などの種類があります。

上布

上布は、新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などの産地があります。

細い麻糸で織られた上質の麻織物で、着物通には高級品として知られています。

薄物は7月8月に着るものですが、地域やその日の気温によって、少しは早い時期に来ても大丈夫です。
この3種類は薄物のなかで、代表的なものです。
淡い色、寒色系の色でコーディネートすれば一層涼し気な着こなしができます。

帯も綴(つづれ)、紬(つむぎ)、単博多(ひとえはかた)、綿、絽、絽綴(ろつづれ)、麻、紗などがあり、着物に合わせて選びます。今は夏冬ものの区別をあまり気にしないとはいえ、着物の透け感とのバランスを考えて帯も軽く透け感が大きいものをしめます。

夏の帯も、格の高いものからカジュアルなものまであるので、着物の格に合わせて帯を選ぶことが大切です。着物のコーディネートに大切なのは、格、色柄素材、周りとのバランスと心得ましょう。

紗の名古屋帯です。
赤い花がシンプルな着物を引き立てています。

シックな縞の紗着物に水色の鹿の帯が涼し気でかわいいです。
汗で帯の色が着物に移ってしまう事もあるので、気を付けましょう。

薄物を着る時の注意点

薄物は透け感のあるので、特に薄い色の着物だと中に着ている長襦袢や下着類が表に響いてしまうことがあります。紗の着物などは、それを利用してあえて色のついた長襦袢を着て透け感を楽しむこともありますが、そういう場合は別として下着の線や長襦袢の色、そして特に丈に気をつけることが大切です。
下着が透けないように気を付けたり、透け感を楽しんだりするところは、
洋服の着こなしと共通していますね。

夏場は汗で衣類が汚れがちなります。
しかし、クリーニングは面倒だし、料金も馬鹿になりません。
そんな時は洗える着物を試してみてはいかがでしょう。
気軽に着物を着る機会が増えるのではないかと思います

単衣や薄物は、いつにも増して下着のラインが気になりませんか?
私は最近ヒップハングで二分丈くらいのショーツを入手。これがなかなか具合がよいのです。まったくもって、ひびきません。かつてはヒップハング&ボーイレングスを採用していたのですが、やはり微妙にショーツのラインが気になるのでした。
和装下着のショーツにもヒップハングがあるのですね。驚きです。
着物の下着類も日に日に進化しているようです。長襦袢の代わりに着物スリップやステテコなど便利なものあるので、活用してみてはいかがでしょう。
ステテコなら足の間から汗が流れる事もなく、サラッと夏の着物を着こなせそうです。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |