黒酢は血液をサラサラにしてくれる! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

黒酢は血液をサラサラにしてくれる!

体に良いと評判である黒酢ですが、この黒酢には血液をサラサラにする効果があるそうです。その真実に迫るだけでなく、黒酢の違った活用法について調べてみました。

黒酢はただ飲むだけだと思っていましたが、料理にも活用出来るようです。
サラダにドレッシングとして黒酢をかけるのは美味しそうだと思いますし、肉料理や魚料理にも合いそうですよね。
色々な料理に黒酢を使ってみて、その相性を試しながら食べてみたいものです。

黒酢は一般的なお酢に比べ、長い時間をかけてつくられます。そのプロセスを見ていくと、まず薩摩焼の壺の中に混ぜ麹、蒸し米、地下水の順番で原料を入れ、最後に水面を振り麹で覆います。そうすることで黒酢は壺の中で糖化。さらに三段階の自然発酵を経て、1年から3年かけてゆっくりと熟成を進めていきます。そしてこの発酵の過程でクエン酸、アミノ酸、ペプチド、有機酸などといった黒酢特有の成分がつくられ、高い効果を生むことになるのです。なかでもクエン酸は疲労回復に、アミノ酸はダイエットに効果があるといわれ、黒酢ブームの火付け役になりました。

このように、黒酢は長い時間と手間をかけてつくられていきますが、2003年のJAS法制定後、速醸法や連続法と呼ばれる発酵方法によって24~48時間以内に作られたものが、市場に大量に出回るようになりました。

お酢の中でも黒酢はナンバーワンと言っても良いぐらい血液がサラサラになるようです。
また血糖値の上昇を抑えたり、血圧を正常にする効果、コレステロール中性脂肪が減少したり、筋肉痛や肝機能が回復する効果があるみたいですが、それなら健康の為に黒酢を飲んでみたいものですよね。
黒酢は普通のお酢以上に時間をかけて製造されているようですね。
数年以上かけて熟成を進めるそうですが、発酵していくと様々な体に良い成分が作られるそうです。
しかし最近ではすぐに製造が出来る商品が大量に販売されているようですね。
・黒酢でドレッシング!

黒酢の特徴であるまろやかな風味は野菜や海藻、魚介類との相性も良く、ドレッシングに最適です。特に食欲がない時や、疲れが溜まっている時にオススメです。また黒酢には、ビタミンCを破壊するアスコルビナーゼという酵素の働きを抑制する作用があるので、ビタミンC摂取にも役立ちます。

・肉料理・魚料理にも!

中華料理の大人気メニューに「酢豚」があるように、肉とお酢の相性は抜群です。また、魚にも南蛮漬けやマリネなどお酢を使ったメニューがたくさんあります。料理と一緒に黒酢を摂ることで、消化吸収や栄養の吸収率を高めてくれます。特にカルシウムの吸収を助ける働きがあるので、積極的に黒酢を使用してみましょう。

・食卓に黒酢を!

料理の調味料として使うのはもちろん、出来上がった料理にお酢を一振りするのもオススメです。ステーキ、焼き魚、焼きそば、ラーメンなど、色んな料理との相性を試してみてください。味付けが物足りない時にも黒酢を使うことで、塩分を減らすこともできます。

1日にどのぐらい黒酢を飲めば良いの?

1日に30mlまでをゆっくり飲むのが良いらしく、また空腹時は避けた方が良いみたいですね。
一回10mlを食後に3回飲んでみると良いかもしれません。
ただ、原液のままだと胃を痛めてしまう事があるみたいなので、水やお湯で割るなど注意が必要のようです。

黒酢は一般的なお酢とは何が違うの?

黒酢は一般の食酢より飲みやすいことで知られていますが、酢に含まれる酢酸は刺激物の一種なので、飲むと胃に刺激を感じることがあります。

少量なら問題ありませんが、1度に過剰摂取すると胃に過度な負担がかかり、胃痛や吐き気、めまいなどの症状を引き起こす可能性があります。

そのため、黒酢を飲む時は空腹時を避け、1日30mlを上限としてゆっくり、少しずつ飲んでいくとよいでしょう。

たとえば1日3回食後に飲む方は、1回あたりの摂取量は10mlまでとなります。

また、原液のまま飲むと胃を痛める原因になりますので、水やお湯などで割り、濃度を薄めてから飲むと体に負担がかかりません。

黒酢は料理にも活用できる!

黒酢には血液をサラサラにする効果がある!

体に良い酢の中でも、黒酢は血液サラサラ度ナンバーワンです。
赤血球の変形能を高めることにより、血液流を改善します。
黒酢とは米酢の一種で、米や大豆だけを原料に6ヵ月以上かけて発酵・熟成し、麹菌や乳酸菌の作用で琥珀色に色づいたもの。
黒酢はアミノ酸(たんぱく質の構成成分)やミネラル(無機栄養素)の宝庫です。
黒酢にはこの作用に加えて、血糖値上昇の抑制、血圧の正常化、コレステロールや中性脂肪の減少、肝機能や筋肉痛の回復作用があります。
黒酢は醸造酢の中でも発酵・熟成にかける期間が年単位の時間と長いため、その過程でこれらの健康効果が生まれます。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |