【ブラックリスト】任意整理の情報はいつまで載る?【期限】 | キュレーションメディア

【ブラックリスト】任意整理の情報はいつまで載る?【期限】

任意整理をはじめ、債務整理を行なう時に気になるのがブラックリストの存在。それに事故情報が掲載されている限り、新たに借金することも、ローンを組むことも出来ないとされています。今回は、ブラックリストとは何か、情報はいつまで載るのかを調べてみました。

【ブラックリスト】は存在しない⁈

Free photo: Keyboard, Key, Success, Online - Free Image on Pixabay - 621830 (11174)

ブラックリストというと、まるで黒い表紙の要注意人物一覧が書かれている手帳のようなものを想像てしてしまいがち(私だけ?)ですが、 実際にはそういったリストを指して「ブラックリスト」と呼んでいるわけではありません。

その意味で言うブラックリストと呼ばれるものは存在しません。実際にそういうリストがあるわけではないのです。

『ブラックリスト』と呼んでいるものは、その信用情報に、 債務者が債権者(貸主)との契約の履行が出来ない状態、いわゆる「異動(事故)情報」として記載されている、その情報のことを指します。
金融業者たちがそれぞれ、この人は返済が遅れがちだ、債務整理をしたことがある、
などの情報をまとめているわけではありません。
ブラックリストという単語は、信用情報機関に登録されている情報のイメージであって、
実際に存在するわけではないのです。

では、信用情報機関はどのようなものなのでしょう?

信用情報機関とは

Free illustration: Binary, Code, Privacy Policy, Woman - Free Image on Pixabay - 1327493 (11173)

信用情報は、主にクレジットカードやローンなどの「契約内容」や「返済・支払情報」、「取引事実」、「申込・利用照会情報」などを言います。

クレジットカード、カードローンやキャッシングや住宅ローン等各種ローン、他にも携帯電話の端末の分割払いの場合にも支払情報などが登録されています。これらの信用情報は、契約するカード会社やローン会社等が登録をし、利用しています。

借金の履歴だけではなく、各種ローンやカードの使用状況なども掲載されます。
もちろん、通常であれば掲載されても何も問題はありません。
それどころか、きちんと返済していればそれだけ信用度が上がりますから、
別の金融機関でカードローンを作るなどの場面では、
良い情報を持つ顧客として歓迎されるでしょう。

信用情報機関に任意整理の情報が掲載されている期間

Free photo: Calendar, Year Calendar, Office - Free Image on Pixabay - 1255953 (11172)

情報の保有期間は、大体どの機関でも、延滞情報などの取引の記録や任意整理などについては5年程度、自己破産など官報の情報は7年から10年程度が期限とされています。
新しいローンが組みにくくなったり、クレジットカードが作れなくなります。これ以外のデメリットは特にありませんので、ブラックリストに対して必要以上にネガティブなイメージを抱く必要はありません。また、5年くらい経てば信用情報機関への事故情報の登録が削除されますので、上記のようなデメリットもなくなります。
信用情報機関は大きく分けて3つありますが、
どれも任意整理であれば、5年程度でその情報は削除されます。
この先ずっとローンが組めない、クレジットカードも作れないわけではありません。

返済している途中にブラック解消?!

Free photo: Child, Girl, Laugh, Cheerful, Face - Free Image on Pixabay - 1461455 (11171)

JICCでは、任意整理の情報は、受任通知から和解までの間に登録されます。そして、登録から5年間登録されます。これは、5年を超える期間で分割返済を継続している場合でも変わることはなく、したがって、任意整理による支払い継続中に任意整理の情報だけが消えるということもあり得ます。
JICCとは、3つある信用情報機関のうちのひとつで、
消費者金融業者のほとんどがこれに加盟しています。
任意整理の手続きを始めた時点からカウントされますので、
任意整理の場合は、案外早くブラックリストから外れると言えるかもしれません。

こっそりブラック情報を消すことは可能?

Free photo: Eraser, Pencil, Paper, Writing - Free Image on Pixabay - 316446 (11169)

基本的に信用情報機関に登録されている自分の信用情報を削除等する事は出来ません。もし万が一誤情報が登録されていた場合にはその旨を連絡する事で削除等行う事が出来る場合が有ります。

信用情報で遅延や任意整理、自己破産等のネガティブな情報が登録されている場合に、意図的にこのネガティブな信用情報を削除する事は出来ません。事実は事実として登録されたままとなります。

誤った情報が掲載されることはまず考えられませんが、
そんなことがあればもちろん情報は削除できます。
正確な情報であれば、こっそり削除することは不可能です。
時期が来るまでは登録が削除されることはありません。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |