FX取引を始めるときにおすすめの通貨とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FX取引を始めるときにおすすめの通貨とは

l_027

FX初心者にお勧めの通貨

0516095006
http://free-designer.net/design_img/0516095006.jpg

 「人それぞれに性格があるように、実は通貨にもそれぞれ固有の性格があります」。
 「え?そんな通貨に性格なんてないでしょ!?」と思われるような書き出しになってしまいましたが、これは本当の事なんですね。正確に言うと「性格というよりは一種の傾向」と言った方が正しい表現になるかも知れません。
世界にはアメリカドル・ユーロ・ポンド・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・カナダドル・南アフリカランドドル・中国元・韓国ウォンと言った様々な通貨があります。
 中でも「アメリカドル(米ドル)」は、毎日のニュースでも「現在の東京外国為替の円相場は1ドル○○円になっています」と言う表現を耳にすると思いますが、非常に日本人にとって身近な通貨になっています。
 このアメリカドルと円の通貨ペアは、一般的に「ドル円」と言う呼ばれ方をしますが、この通貨ペアが日本人にとって一番身近な通貨であると共に、FX初心者にとっては最も取引しやすい通貨になります。

http://mituwasou.com/fx-beginner-tips/fx-beginner-currency.html

FX取引初心者が最初に始めると良いのが、ドル円通貨ペアです。
大きな値動きが少ないので、大きな利益を生みませんが、その分損失も少なくて済みます。(日銀の動向によって為替変動が大きくなるときもありますが)
FXでは基本的に、対ドルに対してその国の通貨の価値を決めるのが一般的になっています。
日本に在住の方にとっては、円の動向というのはよく耳にする物ですから、情報獲得の優位性などを考えても、まずはドル円で始めるのがお勧めです。

まずは同じ通貨ペアで取引

通貨ペアの選択ミス
初心者のうちは取引量の安定している米ドル/円、ユーロ/円をオススメします。これら2つの通貨ペアは値動きが比較的少なく、大幅な損失を出すリスクが少ないといえます。
逆に、英ポンドや豪ドルといった値動きの激しい通貨に手を出したり、南アフリカランドなどの新興国通貨に手を出したりすると、初心者の多くが痛い目にあいます。
また、リスクを分散させるために、複数の通貨ペアで取引する方法があります。一方に通貨ペアで損失を出しても、もう一方の通貨ペアで利益を出せれば相殺できるという考え方ですが、初心者が何も考えずに複数の通貨ペアを取引すると、逆にリスクを拡大することになりかねません。
FXを始めて、半年もすれば、各通貨ペアの特徴がわかってきます。どの通貨ペアとどの通貨ペアを組み合わせれば安全なのかということも、自然とわかるようになるでしょう。

http://www.fx-startup.com/pattern/currency.php

初めてFX取引をするときに、繰り返し同じ通貨ペアでの取引をお勧めします。
これは、その通貨ペアの癖や、値動きが発生する時間などが分かってくるからです。
あまり取引経験の無い、値動きが激しい通貨ペアですと、思ってた以上の損失を生む可能性が有りますので、まずは根気よく同じ通貨ペアで取引を行ってみてください。

ドル円のスプレッドは、FX会社によっては0.3銭や0.4銭とかなり小さくなっています。
ドル円は取引する人が多いので、スプレッドを狭くしているFX会社が多く、スプレッド下げ合戦が繰り広げられています。
スワップ金利が高かった頃は、高金利通貨のスワップ金利上げ合戦がありましたが、今はどの通貨もスワップが低く、他社と差をつけるにはスプレッドを下げるしかありません。
ドル円のスワップ金利は、1円や2円と低く売買する上で気にする必要がないレベルです。
スワップ金利は通貨の金利差で生まれますが、日本もアメリカも金利が低いため、大きな金利差が発生せず、スワップは小さくなります。
スワップが小さいことで、ショートしてもマイナススワップが小さく、場合によってはショートでスワップの受け取りになりますので、ショートもしやすいと思います。高金利通貨のショートは何となく気分的にしづらいですよね。

米ドル/円は値動きが穏やかでFX初心者に向く通貨ペア

ドル円を初心者の方にお勧めの通貨ペアとして有利なのは、FX業者にが取り扱うスプレッドという手数料のような物が、とても狭く設定されています。
ですので、一度の取引で多くのスプレッドを支払わなくて良いので利益を上げやすいという点が上げられます。
後は、日米での金利差というのは基本的に大きい物ではありません。(日銀がマイナス金利を行いましたが)
ですので、スワップポイントでの損失という物がほとんど無いので、長期的な目線で利益を獲得するという手法もとれます。

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |