【国内で体験】男女問わず十分楽しめるカヤック! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【国内で体験】男女問わず十分楽しめるカヤック!

マリンスポーツはたくさんありますが、手軽に楽しめるカヤックが男女問わず人気なのです。マリンスポーツは海外でするイメージが強いですが国内でもカヤックを楽しめるスポットがたくさんありますのでご紹介します。

カヤックとは

カヤックって聞いた事ある方もいらっしゃるでしょう。中にはボートと一緒だろっと思ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか。カヤックとはどのようなマリンスポーツなのでしょうか。
カヤックは、足を前方に投げだすようにして座りダブルブレードパドルで漕ぐクローズドデッキのカヌーである。
現代カヤックは、構造によって、リジッドタイプカヤックと分解できるフォールディングタイプカヤック(ファルトボート)に分かれる。 リジットタイプにはFRP・PE等色々な素材が使われている。また用途によって、リバーカヤック、シーカヤックといった分類が用いられることもある。

リバーカヤック

リバーカヤックは川を下るカヤックです。愛好家も多く、初心者の方は少し扱いにく構造の艇なのでスクールに入って練習するか慣れた方に教えてもらいながら川の流れが緩やかな場所で練習してからリバーカヤックを行うことをおすすめします。
主に流れのある川を下るために使う。最も愛好者が多いカヤックです。
一般には、瀬のきつい中流域以上の川でも使いやすいように、回転性能を高めた設計になっているカヤックが多い。初心者には使いにくいので、最初はカヌースクールに入るか、あるいは仲間の上級者にコーチしてもらって、安全な場所でしっかり練習しておくことが必要です。
(主なフィールド:川の上流~中流)

シーカヤック

シーカヤックは海や湖で楽しむカヤックです。リバーカヤックと違って障害物ほとんどないのでスピードを出して楽しむ事もできます。しかし海の場合は特に天候や海洋状況をきちんと見極めて行わないいけません。
海で使うことを目的に作られたカヤックです。広くて障害物がほとんどない水域で使うため、艇を長くして直進性を高め、スピードがでやすい設計としています。
このシーカヤックにも、外洋を長期ツーリングする目的で設計したものから、沿岸部のツーリング向きのものまで様々なモデルがあります。
(主なフィールド:海、湖)

日本全国カヤックおすすめスポット

それでは国内のカヤックおすすめポイントをご紹介します。カヤックは海外で楽しくイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが国内でも楽しめるスポットが沢山あるんですよ。

四万十川(高知県)

全長196km。四国では最長の大河。『最後の清流』として知られ、現在でも伝統的な川魚漁が行われている。上流から下流に数多く残っている沈下橋は、今も住民の交通路であるとともに、四万十川の風物詩となっている。

四万十川は水質もよく美しい川で知られています。川から眺める景色も美しく、カヤックの貸し出しやスクールなどもあるので初心者の方でも十分に楽しむ事ができます。

宮川(三重県)

伊勢にある宮川は伊勢神宮の禊川として知られています。流れも穏やかなので初心者の方でも楽しめるスポットになっています。

奥四万湖(群馬県)

四万温泉の最奥にある人造湖で、四万川を四万川ダムによって堰き止めてできた湖です。1周4キロメートルの湖畔は、春の新緑や秋の紅葉の名所で、下流にある四万湖と同様に湖水の色が変化し、見入ってしまうほどの美しさです。

場所や天候・季節によって色合いが変化する青い湖水が特徴の湖です。四万ブルーとも呼ばれる美しいコバルトブルーの湖は一見の価値ありです。

天塩川(北海道)

天塩川は、その源を北見山地の天塩岳に発し、士別市と名寄市で剣淵川、名寄川などの支川を合流し、山間の平野を流下して中川町に至ります。さらに天塩平野に入って問寒別川等の支川を合わせて天塩町において日本海に注ぐ、本流の長さ全国第4位、流域面積は全国第10位の日本有数の大河です。

億首川(沖縄)

恩納村喜瀬武原(おんなそん・きせんばる)北方の標高150メートル前後の山地を源流とし、沖縄本島の金武町(きんちょう)の東部を流れ太平洋に注ぐ約8キロの2級河川。河口にはマングローブが群生し、魚やカニ、エビ、貝などのすみかとなっている。一帯は探鳥地としても知られ、留鳥のカイツブリやカワセミ、渡り鳥のカルガモやマガモ、コサギ、ササゴイなど、観察できる野鳥の種類も豊富。

億首川はマングローブが生息しているのでマングローブカヤックを楽しむ事ができます。亜熱帯地域にしか生息しないマングローブを日本で体験してみませんか。
川幅は狭く、ツアー中、中洲のような所や狭い水路をのんびり漕いで行くのでガイドさんの楽しい説明を聞きながら間近でマングローブを観察したり、生物の観察もばっちりできました。
シオマネキなどのカニや沖縄で「とんとんみー」と呼ばれるハゼなど、一見何もいないようでもそっと近づくと沢山の生き物が暮らしているのが分かりました。
綺麗なブルーのカワセミも飛んでいました。

全国には初心者から上級者までカヤックを楽しめるスポットが数多くあります。海外に行かなくても十分楽しむ事が出来るのでみなさんもお出かけしてみてはかがですが。

2015 7 30  4K 映像  沖縄すばらしい天仁屋海岸 カヤック体験 – YouTube

説明
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |