FXに出来高はある?ない? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXに出来高はある?ない?

値動きが上昇する時は基本的に出来高も多くなる傾向にあります。その出来高量を数値化してチャートに表す分析法が出来高系指標です。

ただ出来高が少なくても値動きが上昇したり、出来高が多いのに相場が停滞期に入ったりすることも頻繁に起こるので、他の指標と組み合わせて使うことでより精度を上げることが可能です。

FXに出来高はあるのか

20151004155109670
http://blog-imgs-82.fc2.com/a/u/d/audjpy3/20151004155109670.png

FXは株式市場や日経先物のように出来高はあるものの、市場全体の出来高を調べることは出来ません。

それはFXがFX会社や銀行との相対取引が基本となっているからであり、個別にFX会社などで出来高を調べることは出来ますが、市場全体の出来高は把握出来なくなっています。

ただ大手FX会社で取引をしていれば出来高が多くなりやすいので、ある程度市場全体の出来高もイメージしやすくなるでしょう。

株だとチャートの下の出来高や、横の価格帯別出来高がありますが、実はFXには正確な意味での出来高がありません。厳密に言えば、個別のFX会社やくりっく365で出来高もだしていますが、あくまでもそれはそのFX会社等が注文を受けた出来高。市場全体の出来高ではありません。
 株は東京証券取引所等の市場があり、そこで取引されるので、全体的な出来高が分かりますが、FXはFX会社や銀行との相対取引が基本の為、全体的な出来高がありません。

 実はFXは出来高が無いので、テクニカル他の分析手法が発達した、という歴史的経緯があります。なるほどー、と思ってしまいます。

http://kabu-press.com/kabucolumn/kabu-fx/#FX-2

FXの出来高指標とは

FXにも使える出来高指標の1つにボリュームレシオというものがあります。

これは値動きが上昇、または下降している時に出来高がどのくらいを推移しているのかを一定期間分析し、出た数値によって買われすぎていないか、売られすぎていないかを判断するテクニカル分析の1種となっています。

ボリュームレシオは、一定期間の出来高から買われすぎ、売られすぎを
判断するための指標になります。

出来高は、為替相場のサポートラインやレジスタンスラインに近づいた
ときに急増する特徴がございます。

ですので、出来高を基調とするボリュームレシオの指数は、トレンドの
変わり目においては非常に参考になります。

一定期間とする日数には、14日、25日を取る場合が、一般的で期間が長い
ので、ボリュームレシオをデイトレーダーにとっては有効性がやや薄れて
しまうとの指摘もあります。

日数を短くするということも可能ですが、あくまでも相場の過熱度を把握
する指標なので、短すぎてはあまり意味がありません。

http://tradmaster358.seesaa.net/article/37961780.html

ボリュームレシオの計算方法

obv
http://www.k3.dion.ne.jp/~forex/tc/obv.gif

ボリュームレシオの計算方法はそれほど複雑ではなく、FXをかじっている人なら比較的簡単に計算可能です。

注意点としては出来高が少ないと精度が落ちてしまう、ボリュームレシオだけでは売買タイミングの判断が難しいといったものが挙げられます。

トレンド追随型指標やオシレーター系指標といった他のテクニカル分析に用いる指標と組み合わせて活用しましょう。

ボリュームレシオの計算式、用いる数値は以下の通りとなっています。

ボリュームレシオの計算方法

①ボリュームレシオ=
(上昇日の出来高の合計+前日比変わらずの出来高の合計×1/2)
÷出来高の合計×100
②ボリュームレシオ= (上昇日の出来高の合計+前日比変わらずの出来高の合計×1/2)
÷(下落日の出来高の合計+前日比変わらずの出来高の合計×1/2)×100

ボリュームレシオの見方

①のボリュームレシオの見方
・70%以上が買われ過ぎ水準となる
・30%以下が売られ過ぎ水準となる

②のボリュームレシオの見方
・450%以上が買われ過ぎ水準となる
・70%以下で売られ過ぎ水準となる
一般的に450%、70%と言われていますが
各通貨ペアの出来高の規模が違うため通貨ペアごとに売られ過ぎ、買われ過ぎとなる水準を探る必要がある。

http://www.k3.dion.ne.jp/~forex/tc/vr.htm

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |