FXのスキャルピングについて説明しよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXのスキャルピングについて説明しよう

FX取引を開始後数十秒から1分前後で1勝負終わらせ、それをひたすら繰り返す手法をスキャルピングといいます。
損益がすぐにはっきりする事、大きく負けることがないので、スキャルピングに慣れると他の手法では物足りなくなるという人も多いです。

正直初心者向きではなく、ある程度のFX経験が求められるスキャルピングについて説明します。

スキャルピングとは

0
http://www.astc.jp/fx-26.html

スキャルピング(scalping)とは、わずかな利幅を狙って、短時間で売買を繰り返す手法。
「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも呼ばれます。
語源は、敵の頭の皮をはぐという意味の超短期売買。

マネーゲーム的な要素もある利ザヤ稼ぎで、自己ルールを忠実に守って、これだけを純粋にやってれば勝率は高いです。
大きな値幅を狙わない代わりに、リスクを軽減できます。

http://fxblog-wiki.seesaa.net/article/166413903.html

為替相場の動きの特徴として、短時間ですがある程度の時間、一定方向に動くという特性があります。
取引の手法として、ごく短時間でも相場が一定方向に動くのであれば、利益が少なくても確実に取るという考え方です。
秒単位の取引ですから、デイトレードの最小化というイメージですね。

スキャルピングのコツ

0
https://africagoodnews.com/column/trade-kind/skull-trade/

利を大きく伸ばす通常のトレードとは異なり、小さな利を積み重ねることが目的であり、重要な事をなります。 変動の大きいタイミングや上げ相場、下げ相場などで数十秒から数分で、相場のわずかな瞬間変動を狙って利幅取りを繰り返し、細かな利益を積み上げていきます。

スキャルは短期間の値動きを狙っているのでポジション保有はしません。
エントリー⇒決済⇒エントリー⇒決済・・・・・の繰り返しです。

重要なポイントは小さな利幅で大きな利益をえるためにレバレッジは高めに設定します。
スキャルは利益確定・損切りの値幅も極めて小さいですが頻繁に売買をすることで結果的に大きな利益を狙います。
高いレバレッジをかけるため、予想が外れた場合の損切りもすばやく行う必要があります。
つまりスキャルピングで稼ぐには「徹底した損切り」と「レバレッジ管理」がポイントになります

http://www.astc.jp/fx-26.html

小さな利幅の売買を徹底して繰り返す根気強さが勝利の鍵です。
ミスった時にはあっさり損切りして撤退する勇気も必要となります。
勝ちや負けを持ち越したくなる人は、スキャルピングには向いていません。
損切りできない人もやめたほうがよいでしょう。

1回のエントリーで、数pips~10pipsくらいを抜くことを目標にします。

大きな金額の取引となることと、瞬間の値動きを利用するので、ポジションを持つタイミング、相場がポジションとは逆の方向に行った場合の素早い損切りといった、反射神経的な決断力が勝敗を左右します。トレード技術というよりゲームのような瞬発力が必要になります。

トレードしている間は、PCの前にはりついて、相場を見続ける時間と集中力が必要です。また、システムの突発的な事故があっても大丈夫なように、取引口座には最低限の証拠金だけ入れておき、何かあっても強制ロスカットで終わらせれば良いようにしておきましょう。

http://www.lfx.jp/skull.html

欲張らない事と集中力、決断力があれば、スキャルピングの勝率はかなり高くなります。

スキャルピングのメリット

スキャルピングトレードのメリットとしては、短時間の取引を1日のうちに複数回に渡って行うため、他の取引スタイルと比べると資金効率が非常に良いことがあげられます。

また、短いトレンドに乗って行う取引であるため、トレンドの急な転換にも対応しやすく、比較的リスク管理が容易な取引スタイルとも言われています。

https://africagoodnews.com/column/trade-kind/skull-trade/

FX取引の中では、リスク管理しやすい取引手法です。

結論として

何度も何度も資金を回転できるスキャルピングは資金効率的に素晴らしい!

そう思うかもしれませんが、物事そう単純ではありません。

人間には判断するスピードや集中力の限界、反応速度の限界があります。理不尽に連敗したとき怒りに耐える限界というのもあります。そういった人間の能力の限界を突いてくるのがスキャルピングです。

スキャルピングという、儲かるけども厳しい世界で勝とうと思うなら、すくなくとも1年、できれば数年はFXを経験していろんなことを学んでから挑戦するのが無難です。スイングトレードやデイトレードで勝てるトレーダーでもスキャルピングでは勝てないという場合も多いことも知っておいてください。

http://sokusenryoku-fx.com/scalping/scalping-method/

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |