【過払い金請求】払い過ぎた利息を回収するには?難しい? | キュレーションメディア

【過払い金請求】払い過ぎた利息を回収するには?難しい?

過払い金請求をするのは難しいのでしょうか?払いすぎた利息を返してもらうのは当然の権利なのですが、全額の回収となると話は変わってきそうです。満額ではない回収を納得するのか、しない場合はどうしていけば良いのかなどについてまとめました。

過払い金の請求は難しい?

Free photo: Cashbox, Money, Currency, Cash Box - Free Image on Pixabay - 1642989 (11847)

「過払い金はわたしたちが払い過ぎたお金、返してもらうのが当たり前!」
当然の意見であります。
弁護士や司法書士に頼めば、過払い金を全部回収できると考えるのが当然でしょう。
しかし、実際の過払い請求では、過払い金全額の7割から5割程度の返却で和解というケースが多々あります。
過払い金の請求自体は難しくはないのですが、回収が少し面倒です。
債権業者が、快く過払い金の請求に応じてくれれば問題のないことですが、実情は全額回収というのは難しいようです。

全額回収が難しい理由

Free illustration: Money, Back, Guarantee, 100 - Free Image on Pixabay - 1211412 (11851)

どこも厳しい経営状況を強いられています。そうなると「過払い金を返して」と請求されても、すんなりと請求通りに返却する業者は少ないのが実情です。
「なんとか少し額を低くしてもらえないでしょうか」と提案してきます。
もちろん法的にはこちらが正当ですので、提案に応じなければよいのですが、そうなると「では訴訟を起こして下さい」と出てきます。裁判となったとしても、ほとんどの場合は消費者側が勝ちます。
それでも業者が減額を推してくるのは、裁判になれば時間がかかるということを知っているからです。特に、今現在でも経済的に苦しんでいる人たちにとって、裁判にかかる時間は長く待ちきれないという人も多いのです。
全額の回収が難しい理由は、消費者金融も過払い金という物を想定して営業してきていないためですね。
突然発生した支出に対応していると会社が立ちゆかなくなると言うことが原因です。
そこで全額ではなく、回収率を低くして過払い金の和解を図ろうとします。
それで債務者が納得しない場合は裁判を起こせとなります。
その為に、債務者側は裁判は面倒と言うことで、過払い金の全額回収は諦めることになるのが仕組みですね。

違法業者は難しい

過払い金請求ができるのは、あくまで相手が正規の業者である場合です。
相手が違法業者では、過払い金を回収するのはまず不可能でしょう。
違法業者は、利息制限法の上限金利など守りません。
平気で法外な金利をつきつけてきますし、そもそも実態がつかめません。
社名や担当者名、住所もデタラメ。
唯一の手がかりである携帯電話は、他人名義のものを使っていることが多いです。
相手の名前や住所がわからないかぎり、過払い金を請求することはできません。
そのため、違法業者からの借入れは過払い金発生の可能性が高いものの、回収は難しいのです。
Free photo: Legal, Illegal, Choose, Choice - Free Image on Pixabay - 1143114 (11850)

過払い金回収が出来ない可能性が高いのは、借りている金融機関が違法であった場合です。
その場合、多分ですが取引履歴もないでしょうし、もう存在しないかも知れません。
ですので、そういった業者からの過払い金請求は難しいですね。

裁判を起こす

Free photo: Hammer, Horizontal, Court, Justice - Free Image on Pixabay - 802298 (11849)

裁判を起こさなくても過払い金を全額回収することができるかというと非常に難しいです。
どうしても借り手本人だと甘くみられるので、意地でも減額をしようとしてきます。
それに中には、弁護士や司法書士でなければ相手をしないという消費者金融業者もいます。
もちろんあなたには過払い金を全額返してもらう権利がありますし、業者は支払わなければいけません。
しかし、現実問題として業者がすんなりと過払い金を支払うことはないのです。
業者が動かないのであれば、弁護士の力を借りるか、裁判を起こして裁判所の力を借りるしかありません。
裁判を起こせと金融機関が言ってきた場合、そこで裁判を起こすのが良いのかは冷静に考える必要があります。
裁判を起こすためには費用がかかります。
弁護士を雇えば尚更です。
その費用と過払い金の戻ってくる金額を比べてどちらが得なのかをまずは判断するのが良いですね。

裁判では弁護次第

Free illustration: Person, Clause, Attorney, Codex - Free Image on Pixabay - 897408 (11848)

やはり個人で過払い金請求をするよりも、実績ある専門家に相談した方が断然成功率が上がります。
交渉が難しく裁判まで行く可能性が高い業者は、裁判系の債務整理が得意な弁護士を利用すると確実性・迅速性が上がり、スムーズな解決が期待できます。また、裁判後の回収に不安がある業者に対しては、強制執行などの手段を講じる必要もあります。

専門的な判断が必要になる案件なので、自分だけでは難しいと感じたらまずは無料相談などの利用をお勧めします。

裁判を個人で起こすことも可能ですが、金融業者は弁護士を立てる可能性もあります。
そうなった場合一人で立ち向かうのはとても大変です。
弁護士に依頼をするのが良いのですが、弁護士がどのような能力に長けているのかは吟味する必要があります。
優秀な弁護士に依頼をすれば、過払い金の全額回収も可能ですね。

過払い金の回収は難しくはありません。
全額の回収は少し手間がかかると言うことは知っておきたいところです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |