自己破産は何度でもできる?二度目の自己破産のタイミング | キュレーションメディア

自己破産は何度でもできる?二度目の自己破産のタイミング

あまり知られていない事実ですが、自己破産は何度でも行う事ができます。しかし、複数回の自己破産はおすすめできません。

自己破産は生涯で一度だけできる債務整理の方法?

借金整理(任意整理・個人再生・自己破産)安く頼める弁護士・相談できる弁護士を知りたい! | 2回目の任意整理(債務整理)の正しい方法~3回目、4回目の話や個人再生・自己破産等も (305)

結論からいうと、2回目、3回目といったように複数回自己破産の申立をすることも認められています。

一度自己破産が認められたからと言って、2回目以降の自己破産を制限するような法律は存在しませんから、一度自己破産を経験した人であっても何回でも自己破産の申立を行うことは可能です。

ただし、注意しなければならないのは、前回の自己破産が認められた日から7年が経過しない間は、基本的に自己破産の申立ができないという点です(破産法252条1項10号イ)。

自己破産は人生に一度きりではなく、法律上は何度でも行う事ができます。
回数に制限がない、というのは意外に思う方もおられるでしょうね。
でも、基本的に自己破産してから7年間は、次の自己破産手続きができません。
自己破産は、法律上何度でも行う事が出来ますが
2度目以降は自分の好きなタイミングで手続きを行なえるものではないのです。

自己破産の手続きで最も重要な免責は、免責を受けてから約7年間経過しないと再度取得する事は出来ません。
自己破産は何度でも出来る、と表面的なことしか知らず借金が増えてきたら、また自己破産すれば良いか・・・と自己破産や借金を甘く見ている方も居るのですが、そう都合良くいくものではありません。

自己破産の制度は債務超過になってしまった人を救う制度ですが、安易な利用は法律でも認められないということですね。

前回の自己破産から7年未満での自己破産は絶対に無理?

裁量免責で7年未満でも再度の自己破産が認められるケースも

再び自己破産の申請をすることになってしまった経緯や理由、現在の状況などを裁判官が総合的に判断することを裁量免責といいます。裁量免責の場合は、この7年間という縛りも関係なく、特別に免責許可を出すことができるのです。

もちろん、かなり致し方ない理由の場合だけですので、これを期待するのは間違えです。配偶者や子供の病気などで就業が困難になってしまった場合などの理由でないと裁量免責は下りないのです。

裁判官の審議次第では、裁量免責が適用されて、前回の自己破産手続きから7年未満であっても、再度の自己破産が認められるケースもあります。
しかし、これは非常にレアなケースと考えた方が良いでしょう。
裁量免責とは、自己破産の免責不許可事由があっても総合的に判断すると免責を認めることができるという制度で、裁判所の裁量によって免責を認めるので「裁量免責」と言われます。

1回目の自己破産免責確定後7年以内の申立であっても、申請の正当性や本人の誠意が裁判所に伝われば、この裁量免責が認められ、2回目の自己破産が認められる可能性はあります。

斟酌できる相当の理由があったり、再度の自己破産も止むを得ないという事情、加えて破産者の誠意が伝わると、7年未満でも認められる可能性もあるということですね。

前回の自己破産から7年以上が経過していれば、簡単に再度の自己破産は認められるの?

自己破産は免責許可が裁判所から出てから、7年間は自己破産をすることができないと決められています。逆に言えば、裁判所の免責がおりればという条件付きではありますが、7年間経てば何度でも自己破産は可能なのです。

もちろん、あまり何度もお世話になるのはいいことではありません。が意外と2回自己破産をする方は多いようです。

平成17年の破産法が改正されるまでは、この期間も10年だったのです。これが再度自己破産をする人が多いため、7年に短縮されたのです。

破産法が改正されて、再度の自己破産までの期間が短くなったことからも明らかなように、それだけ複数回の自己破産を認められている人がいます。
自己破産制度は債務超過した人を救う制度ですから、やむをえない場合は2回目、3回目であっても法律に保護してもらう事ができます。
2回目の自己破産は、難易度が上がります。
裁判官との審問の結果、更正の余地が見られないという事で免責許可を得る事が出来ず自己破産が認められなかったという事例もあります。
7年後、自己破産を行う場合、難易度はより一層高まります。

1度目の失敗から何も学んでおらず、更正の余地がないと判断されてしまった場合は
免責許可が認められなくなってしまいます。

法的には何度でも自己破産することは可能ですが、2回、3回と回を重ねると難易度が高くなります。
前回から7年以上経過していても、簡単には認められないと思っておくと良いでしょう。
再度の自己破産手続きをするようになってしまう前に、他の債務整理の方法を考えた方が賢明ですね。
それが無理な場合、専門家のアドバイスを受けて、再度の自己破産手続きを行なうのがよいでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |