アルガンオイルとアトピー性皮膚炎 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

アルガンオイルとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、身体に痒みをもたらす免疫疾患の1つです。症状の程度は異なるものの多くの人が悩んでいます。アルガンオイルはそのアトピー性皮膚炎にも期待されているようです。

アルガンオイル(アルガン油・アルガンユ)は、「アルガンの樹(アルガンツリー)」の実から採取される、モロッコ原産の非常に希少な植物油です。
抗炎症作用・抗菌作用があるので、ニキビやアトピー性皮膚炎の治療にも効能があります。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー対策と注目の「L-92乳酸菌」|カルピス社 (284)

アトピー性皮膚炎は年々増加しているアレルギー疾患の1つです。
原因は多岐にわたり、完解することが難しい疾患と言われています。
今や国民の3割がアトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などのアレルギー性疾患を持っているといわれており、これらの疾患はもはや国民病とさえいってよいと思われます。
日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎の定義、診断基準」によれば、アトピー性皮膚炎とは、「増悪、寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患。
アトピー性皮膚炎や、気管支喘息といったアレルギー疾患は、年々増加しています。

「アトピー性皮膚炎の患者数は、過去数十年、増加の一途をたどっている。厚生労働省の調査によれば、39万9千人(平成11年10月)に至っている。年齢別では、乳児の15~20%、学童の6~10%、青年の2~4%の患者がいるとされている。

子供達のアトピー性皮膚炎の状況推移をグラフ化してみる(2015年)(最新) - ガベージニュース (289)

大人と比べて子供達が発症しやすい疾患の一つにアトピー性皮膚炎がある。発症の要因は多種多様なものが考えられるが、特定の原因や根源から治療を行う医療方法はまだ見つかっていない。また発症した場合にはかゆみを伴うため、当事者に大きな肉体的・精神的な圧迫となる。
アトピー性皮膚炎は幼児から大人まで幅広い年代に発症する疾患です。
かゆみを伴うことから、患者さんのQOLの低下が問題視されています。
近年、このアトピー性皮膚炎は増加傾向にあり、環境要因などの様々な原因が挙げられています。

アトピー性皮膚炎への効果

赤ちゃんにさえ、ベビーオイルの代わりに使うことができるほど、肌に優しいのですから、超敏感肌やアトピー肌で、普通のスキンケアが難しい人にも、アルガンオイルは使うことができるのです。
植物性オイルには傷や湿疹、かぶれなどの炎症を抑えたり、その高い保湿浸透性で肌を柔らかく滑らかに整えたり、皮膚代謝を正常化と、皮膚に対してさまざまな薬効があります。

おそらくですが、数ある皮膚疾患のなかで最もオイルによる薬効が期待されて利用されているのはアトピー性皮膚炎に対する治療においてだと思います。

ニキビ跡に跡に効く方法 蜂蜜パック (300)

敏感肌や乾燥肌の中でもアトピーのようなガサツキやかゆみを伴った症状に悩んでいる方にもアルガンオイルはお勧めです。オーガニック由来であり、その成分が人にやさしいものになっていることで、慢性的な悩みを持っている方や子供に安心して使用することができます。
アトピーなど、肌の炎症を伴う皮膚の状態にも、アルガンオイルは効果を発揮します。アトピーは、肌が乾燥することで症状が出るとして知られています。症状の出ている人の多くが、その乾燥して傷つきやすい肌を擦ってしまうため、さらに肌が傷んでしまうのです。治療方法としては、ステロイド剤を塗ることや、肌を清潔な状態に保つという対症療法が主ですが、アトピーは根治が難しいとされています。

そこで、近年注目されているのがアルガンオイルによる保湿と、アンチエイジング効果も兼ねた肌のリフレッシュです。保湿は、肌の深部にまでビタミンEが働きかけてくれるため、使用を続けているうちに健康的な肌へと改善することができます。

アトピーになってしまうと、肌がカサカサ乾燥し、皮膚がポロポロと剥がれてしまいます。それを繰り返すうちに、だんだんと皮膚が厚くなり、しわや色素沈着がおきてしまいます。そうなる前にしっかりと保湿をして、皮膚を柔らかく保つようにしましょう。

アトピーによる色素沈着にオススメなのは、「アルガンオイル」です。浸透性の高いオイルが、スッとなじんで、肌を柔らかくしてくれます。肌の乾燥を潤し、かゆみやカサつきを抑えてくれます。ビタミンEを多く含んでおり、肌のターンオーバーを促す作用があるので、色素沈着を改善する作用に優れています。

アトピー性皮膚炎の人、使い方に注意

アトピーでどの保湿剤使っていいか分からない!そんな人の為におすすめの保湿剤の選びかたをまとめてみた | アトピー攻略ブログ (325)

お肌が過敏な状態になっているアトピー性皮膚炎、使い方に注意してください。
アトピーに対して用いる場合に覚えておかなければならない注意点として「アルガンオイル単体での仕様では逆効果となってしまうこともある」ため、いつも使っているアトピー対策の美容品を先に使ってからその効果を助長させるために、改めてアルガンオイルを使用するということです。天然の植物性油であっても、やはりオイルであることには変わりがないため、使用には注意が必要なのです。
アトピーのケアとして真っ先に思い浮かべるのはケアオイルではないだろうか。
ホホバオイルをはじめ、アルガンオイル、スクワラン、バイオイルなど現在では色々な種類のオイルがある。

オイルを選ぶとき種類で決めてしまいがちだが、大切なのは種類ではなく実はグレードなのだ。
ケアオイルには医療用グレードと化粧品グレードの2つがある。その名のとおり医療用グレードは薬効が強く、化粧品グレードは薬効が弱い。

アトピーのケア目的で使用する場合は医療用グレードを選ぶべきだ。

アルガンオイルやスクワランオイルなどの天然オイルがアトピーのスキンケアにいいという人もいます。
これも合う合わないがありますし、オイルに不純物が入っていないか、酸化していないかなどにも注意が必要でしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |