雨の日も安心!和装のレイングッズ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

雨の日も安心!和装のレイングッズ

雨の日の外出は着物に限らず、憂鬱だったりしますよね。普段使いの雨具は備えてあっても着物の雨具は・・・。せっかく着物でのお出かけ、雨で台無しにしないように、和装用の雨の日アイテムを紹介します。

コート

着物でのお出かけの予定の日にあいにくの雨。だからといっあきらめたくないですよね。。。
晴れ着を着る日は特別で、当日雨になったからと言ってあきらめるのは寂しいですよね。
そのために、着ないで済む事を願いつつ、お守りの意味でも雨コートと雨草履はぜひお持ち頂きたいと思います。
いよいよ雨足が強くなった時は着物の裾をからげてクリップで帯に留めてしまいます。
その上から雨コートを着れば大切な着物を汚さずに済むと思います。
雨ゴートをはじめ、羽織、道行、道中着などの「羽織りもの」は、どうしても後回しになりがちなアイテムですが、着こなしの重要なポイントです。

「羽織りもの」は、おそらく想像以上に人の印象に残るアイテムです。きものをすっきりと着ていたとしても、羽織りものの寸法がジャストフィットでなければ元も子もありません。
サイズもベストで、なおかつしゃれたものを着ていたら、それだけで中身のきものが底上げされる効果がありますから、上着はきもの以上に非常に大切だと私は考えています。

着物での雨の日の外出は傘だけでは心もとないものです。
和装用レインコートで雨から着物を守りましょう!
通常のレインコートとは袖の形の違いはもちろん裾まで濡れないように、くるぶしまでの丈があります。
オールインワンタイプとツーピースタイプがありますが、
オールインワンタイプはシルエットが美しく、着脱も楽です。
ツーピースタイプは自分の背丈に合わせて調節が出来ます。
自分の体形にあったものを選びましょう!

履物

左:爪先にドーム状の雨除けが付いた「雨草履」

右:塗りの二枚歯の「雨下駄」に「爪革」

雨草履

本体自体、合皮など水に強い素材で作られており、裏も滑り止めが付いている等、雨の日も安心して履く事ができる仕様となっています。ただ、爪先の雨除けが取り外し出来ないので晴れてきたり、室内に入った時に気恥ずかしい事も。そうなる事が想定される場合は替えの履物を用意した方が良いでしょう。

雨下駄と爪革

こちらは晴れてきたり室内に入ったら爪革を外せば良く、手間がかかりません。ですが昔ながらの薄い歯のものや、二枚歯の下駄自体が現代の道路事情には適していない事(側溝の格子蓋に嵌ってしまったり、コンクリートで欠けてしまったり)が多く、初心者の方にはちょっとハードルが高いかも……

草履カバー

様々な仕様がありますが、ビニール素材のカバーで爪先から履物を包むアイテムです。

最近は下駄も船底型などで爪革が付けられないタイプのものが増えたのでコチラを使うと良いでしょう。外してしまえばコンパクトになりますので、荷物も増えず楽です。見た目や利便性で選んで下さい

雨草履のメリットは滑り止めがついていて安心ということですね。
晴れたり室内では少々う弁という事がデメリットでしょうか。

雨下駄は取り外しが出来るのがメリットですが、二枚歯の下駄が初心者には歩きにくいというデメリットがあります。
ただでさえ足元が悪い雨の日、よろめいてせっかくの着物が台無し・・何て事にならないように!

草履カバーは手持ちの草履にかぶせるだけなのでお手軽です!

和傘

傘は趣としては、和傘が美しいのですが、和傘は重く扱いづらいので、普段使いのものが良いでしょう。

雨の日の外出には、替えの足袋(室内に上がる場合)や、大きめのタオルなどを用意しておきましょう。ビニール袋も用意しておけば、濡れたものをい入れるのに便利です。
こういった準備は洋服の時と同じですね。
番傘は男性用、蛇の目は女性用という認識も一応ありますが、別にどちらを使ってもおかしくはありません。
でも番傘はちょっと重たいですし、実用に加えて装飾の美しさも兼ね備えた蛇の目のほうが女性向きといえば女性向きです。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |