クレオパトラも愛用した♪【アルガンオイルでボディーケア♡】 | キュレーションメディア

クレオパトラも愛用した♪【アルガンオイルでボディーケア♡】

アルガンオイルは古くから薬として使用され、クレオパトラも愛用していたといわれるほど歴史のあるオイルです。ヨーロッパの高級スパなどでは、全身のケアに使用されているそうです。スベスベな肌にアルガンオイルでボディーケア!

クレオパトラも愛用していたといわれるほど歴史のあるアルガンオイル

 (2317)

現在もヨーロッパの高級スパなどでは、全身のケアに使用されている。

肌タイプを選ばず、乾燥肌、オイリースキン、混合肌、敏感肌などいずれのタイプでも、脂質を正常な状態に調整して保つ働きを持つ。

 (2318)

モロッコの黄金はカラダにやさしいオイルです。

モロッコでは、アルガンオイルを民間の治療薬として用いています。アルガンを生命力の源とかんがえ、「人生の実」と称しています。

伝統的な手絞り生産を続ける現地先住民ベルベル族には、産まれたばかりの赤ん坊にアルガンオイルを1滴飲ませる習慣があります。アルガンの森と共生するベルベル族にとって、アルガンオイルがもたらず効果は自然から学んだ知恵となっています。

ヨーロッパで注目され、研究が進められています

近年、モロッコに近いヨーロッパでは、アルガンオイルの研究が進められています。シュライヒヤー博士はアルガンオイルを研究し、健康に対する効果を認めています。フランクフルト大学教授ミッシェル博士は、皮膚に対するアンチエイジング効果を認めています。

アルガンオイルでボディケア

 (2316)

アルガンオイルには高い保湿効果があるため、顔はもちろん体への保湿効果も抜群に高いです。
アルガンオイルは顔だけでなく、カラダ全身に使える美容オイルです。フェイスケアだけでなく、カラダのアンチエイジングケアも行いましょう。

カラダ用の美容液や保湿クリームと同様に、お風呂上がりの直後、全身にアルガンオイルを塗りましょう。お肌の保湿効果が期待できます。ボディーローションとして、さっぱりとして使い心地を期待するのであれば、ローズウォーターやローズウッドに混ぜて、使いましょう。ボディーローションの作り方はインターネットで調べるとすぐに見つけることができます。

 (2319)

女性ホルモンの分泌調整作用

女性ホルモンはお肌をつやつや、ぴかぴかさせます! うるおい不足は女性ホルモンのアンバランスが原因ってことはありませんか? 恋をしてる時は、肌艶がいいもんですねぇ。ビタミンEには、女性ホルモンの分泌を調整する作用もあるとされます。

ボディオイルとして

 (2320)

乾燥の気になる部分に、しっとり・潤いボディに

   使用量:3ml

   お風呂上がり直ぐに、全身に塗ります。

保湿オイルとして

保湿用のボディオイルとして使用する際は、手持ちのボディクリームやボディローションを塗布する前に、アルガンオイルを5~6滴程体へ馴染ませてからいつものボディケアを行いましょう。

肌がもっちりと柔らかくなり、ヒザやヒジもつるんとした仕上がりになります。

お風呂上がりにお腹周りにマッサージしながら、塗り込めば、お肌に潤いを与え、柔らかい状態に保ってくれるので、妊娠線に予防になります。アルガンオイルの浸透、栄養補給、保湿の効果はボディケアにおいて、絶大です。
また、顔やボデイにアルガンオイルを使ったら、洗い流さず、ハンドクリーム代わりとして、そのまま、手に塗りこみましょう。貴重なオイルなので、一滴も、無駄にしないようボデイケアを行いましょう。

ボディローションとして

 (2321)

 ローズに癒される、手作りボディローション。

 レシピ:アルガンオイル1ml・ローズウォーター大さじ1・ローズウッド1滴

 上記を手のひらでオイルを混ぜてボディに塗ります。

バスオイルとして

 (2322)

湯船に数滴たらすとバスオイルとして全身の保湿を行うことができます。
他の美容液と違うところは、バスタブに垂らして使うことができるところです。カラダの乾燥が気になるときにアルガンオイルを10mlバスタブに垂らして、浸かると全身のボディーケアが簡単にできちゃいます。時間がない人には凄くオススメです。
血行促進作用

お肌の真皮層には血管があります。ビタミンEは血液の流れを良くするため、肌色がぱっと明るくなることが期待できます。目の下のクマなどにもいいかも。当然、冷えにも効果的。手足の冷えも解消して、血色を良くしましょう。

ゴマージュ

 (2323)

かかとのガサガサやひざ・ひじの黒ずみの気になる所に。

レシピ:アルガンオイル5ml~10ml・塩(粒子の細かいもの)30~40g・ゼラニウム2滴・オレンジオイル3滴

アルガンオイルに精油を混ぜ、塩にそれを混ぜて出来上がり。お風呂でマッサージし洗い流して下さい。

ガサガサのかかとやひじの黒ずみがきになるのであれば、塩やゼラニウム、オレンジオイルを混ぜてゴマージュを作りましょう。お風呂の中でマッサージして、洗い流せば、ガサガサや黒ずみを解消することができます。

アルガンを使ったアロマ保湿オイルの作り方

 (2324)

手順はオイルにアロマを混ぜるだけ!

■お手軽タイプ

アルガンオイル小さじ1杯
いずれかのエッセンシャルオイル1滴

手のひらで混ぜてお肌に塗ります。夜、お風呂上りなどがおすすめ。オイリーさが気になる人は塗った後、化粧水をつけてもOKです。十分しっとりさは残ります。

少し手を加えて、他のものもプラスできます。

 (2325)

■応用タイプ

アルガンオイル大さじ1杯
いずれかのエッセンシャルオイル1~2滴
ローズウォーター小さじ1/4~半分

清潔なボトルに入れてよく振り混ぜます。
水分と油分の両方が入っているため分離します。使う前は良く振って混ざっているのを確認してから使いましょう。

お肌に合わない場合は、使用を中止してください。
この秋はこの保湿オイルで乗り切り、冬に違いを感じてくださいね

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |