【最悪のケースはこれ】こうなると過払い金が取り戻せないケース | キュレーションメディア

【最悪のケースはこれ】こうなると過払い金が取り戻せないケース

テレビやラジオをはじめ、「過払い金請求」のCMを目にする機会が増えてきました。一方で、せっかく過払い金を取り戻そうとしても、取り戻せないケースがあるのはご存知でしょうか。

そもそも、過払い金請求とは?

 (6278)

よく耳にする「過払い金請求」とはどのような制度なのでしょうか。
過払い金が取り戻せないケースを紹介する前に、過払い金について見ていきましょう。
過払い金とは、債務者(借金する人)が債権者(消費者金融などの貸金業者)に支払ったお金のうち、本来は支払う必要がないのに結果として貸金業者に支払い過ぎてしまったお金のことをいいます。

悪質な貸金業者は、本来は取ってはいけない高い金利を利息として取っています。払い過ぎた「本来取ってはいけない高い金利の利息」と「法律で決まっている金利」との差額を計算し、その額を貸金業者に返還請求することで、お金を取り戻すことができるのです。

 (6282)

消費者金融会社が利用者にお金を貸すとき、「利息制限法」という法律が適用されます。この法律により、貸金の利息の上限は、
・元金10万円未満なら年利20%まで
・元金10万円以上 100万円未満なら年利18%まで
・元金100万円以上なら年利15%まで
と制限されています。

ところが、2010年までは、利息制限法に違反して金利が超えたとしても、「出資法」という別の法律の制限である年利29.2%を超えない限り、貸金業者に対する罰則はありませんでした。

そのため、許しがたいことですが、多くの業者は罰せられないギリギリまで高い利息を取ろうと、利息制限法は超えるが出資法は超えない範囲の利息(29%など)で貸付けをしていたのです。これがいわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。

このようにして借主が払わされたグレーゾーン金利から、本来払うべきだった利息制限法の金利を引いた差額が、過払い金となるわけです。

つまり過払い金は、
債務の状況によっては、発生している人と発生していない人がいるということがわかりました。

とくに、2010年までに消費者金融会社からお金を借りたことがある人は、
過払い金が発生している可能性があります。
本来、支払う必要のない利息分を取り戻すことが、いわゆる過払い金請求ということになります。

過払い金が取り戻せないケースとは?

 (6283)

まずは過払い金請求のしくみを見てきましたが、本題は「過払い金が取り戻せないケース」です。
どのような状況にある人は、過払い金を取り戻すことができないのでしょうか。

過払い金の「時効」を過ぎてしまった場合

過払い金の時効は、10年です。

すでに完済された方も、通常は、最後に取引をした日から10年以内であれば、過払い金が返ってくる可能性があります。
最後に取引をした日から10年経過してしまうと過払い金返還請求が難しくなりますが、過去に途中で一度完済した場合は別です。

例えば10年前に途中で一度完済していても、その半年後に再び同じ業者からお金を借りたことがあれば、過払い金返還請求ができます。
その後に同じ業者からお金を借りて取引を再開し、最後の取引から10年経過していなければ、過払い金返還請求することが可能なのです。

過払い金には「時効」があることがわかりました。
しかも一度完済したとしても、条件によっては過払い金請求をすることができます。
しかし、「時効」を過ぎてしまった過払い金については、残念ながら請求することができません。

貸金業者の合併や倒産

過払い金の返還請求が認められたことで、過払い金返還請求が殺到し経営体力のない中小の貸金業者や大手でも武富士が経営難に陥り、倒産または合併されて消滅しています。
もし、過払い金が発生していることが分かった時に業者が倒産してしまっていたら、過払い金は請求できないのでしょうか。

その場合、過払い金は「ほぼ戻ってきません」。

もっと具体的に言うと、過払い金が発生している場合はこれまで債務者だった立場が逆転し、債権者となりますので、債権者として分配金を得る手続を行います。

中小の消費者金融からお金を借りた場合に、比較的起こる可能性の高いケースです。
とはいえ、続く不況で大手の消費者金融といえども、決して経営状態が安泰というわけではありません。
経営状態によっては、その消費者金融が倒産することもあれば、他社と合併することもあるのです。

その場合は、過払い金請求はどうなってしまうのでしょうか。

ただし、倒産してすぐに請求出来なくなる訳ではありません。
一定期間は請求を受け付ける期間が設けられています。
その間に過払い請求を行えば返還を受けることは可能になります。
ただし、この場合過払い金全額の返還は難しいかもしれません。
たいていは本来の過払い金の1~3割程度の返還であると考えた方が良いでしょう。

過払い金が発生しない消費者金融から借入した場合

アコム、アイフル、プロミス、武富士などの大手をはじめ多くの貸金業者は、約27%から29%の違法な高金利で貸し出していました。

そのため、過払い金が発生しますが同じ貸金業者でも違法な金利で貸し出しをしていない貸金業者が存在していました。例えば、アットローン、モビット、キャッシュワンです。これら貸金業者から借金をしていた場合は、過払い金は発生していないので返還請求できません。

借入した消費者金融によっては、過払い金が発生しないケースがあることがわかりました。

法改正後に借入をした場合

2006年12月に貸金業法と出資法が改正され、2010年6月に完全施行されました。それによって、グレーゾーン金利はなくなりました。

大手消費者金融では、貸金業法と出資法改正後、完全実施されるまでに、新規貸し付け分について、金利を利息制限法に合わせて引き下げている場合がほとんどです。なので、最近になって消費者金融と契約して新しく借り入れをした方は、過払い金は発生しません。

この過払い金が発生する契約は、2010年6月18日に施行された法改正以前の契約のものに限られます。

法改正後は法定利息を超えての契約は違法でできませんので、法改正後に契約された方は法定利息内での契約になっていると思います。

2010年6月18日に施行された法改正以降に、消費者金融から借入を行った場合、法定利息の範囲内の契約になっているため、そもそも過払い金が発生しない契約になっています。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |