老化防止!【アルガンオイルで若さを維持しよう♪】 | キュレーションメディア

老化防止!【アルガンオイルで若さを維持しよう♪】

少しでも今の若さを維持したいのは女性なら当然ですよね。これ以上老化を早めたくはないですもの。アルガンオイルは老化防止の役にもなるみたいなんです。肌も身体の中も若さを維持できたら最高ですよね^^

アルガンオイルの特徴

 (2352)

アルガンオイルは、モロッコの南西にある83万ヘクタールほどの地域でしか育たないアルガニアスピノーザという木からとれる希少性が高いオイルです。

この地域に住むベルベル族はアルガンの木の実からを古くから「生命の実」とよび、とれたオイルを食用や美容オイル、病気の治療薬として重宝してきました。

アルガンオイルの特徴として
まずは、ビタミンEの豊富さです。

オリーブオイルの2〜3倍の
ビタミンEが含まれます。

ビタミンEは、若返りのビタミンとして有名です。

体のなかで酸化防止の役目を果たします。

大変強い抗酸化作用で、
老化の要因であるフリーラジカルから、
細胞を守ってくれるのです。

若さを維持するには生活習慣病を予防すること

 (2353)

「ビタミンE」と「カロテン」には、活性酸素を防ぐ抗酸化作用があります。

この活性酸素は、肌だけでなくがんや心臓病・肥満などの生活習慣病を引き起こす原因にもなる物質のため、「ビタミンE」と「カロテン」を豊富に含むアルガンオイルは生活習慣病の予防にも効果的なのです。

動物性脂肪や乳製品には飽和脂肪酸やコレステロールが多く含まれます。こうした食品を摂り過ぎると、血中の悪玉(LDL)コレステロールが過剰に増加します。悪玉(LDL)コレステロールが増加し酸化すると、血管内壁にコレステロールが付着し、血管を塞ぎ、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を引き起こします。

ビタミンEはコレステロールや脂肪の酸化を防ぎ、血管のしなやかさを保ち生活習慣病の予防や改善に役立つため、生活習慣病の予防や改善に役立ちます。

また、オレイン酸は、善玉(HDL)コレステロールを減少させることなく、悪玉(LDL)コレステロールを減少させ、動脈硬化、心疾患を予防する効果があるということが示唆されています。
これらの栄養素を含むアルガンオイルは、生活習慣病の予防・改善効果があるといえます。

老化を防ぐ効果

 (2354)

ビタミンEは、強力な抗酸化作用によって細胞の酸化を防ぐことから「若返りのビタミン」と呼ばれています。
血液中の過酸化脂質の量は40歳以降に急に増加するといわれています。

また、細胞が酸化されると細胞の働きが悪くなり、老化していきます。ビタミンEが豊富に含まれるアルガンオイルを摂取することにより、老化の原因といわれている酸化を抑制し、アンチエイジングに役立つといわれています。

また、アルガンオイルには、抗酸化作用をもつファイトケミカルが含まれており、さらにアンチエイジングに効果的といえます。

◆オレイン酸の効果

アルガンオイルの中でも含有量が多いオレイン酸の効果は
血液をサラサラにして、血中の悪玉コレステロールを減らすことです。

これにより動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などのリスクの軽減が
期待されています。

◆ビタミンE(γ-トコフェロール)の効果

ビタミンEと言えば抗酸化作用が強く「美容ビタミン」とも
言われています。

体内にできる活性酸素が増えるとシミ、しわが目立って
老化が早くなるだけではなく、生活習慣病などの病気の原因にもなりますが
ビタミンEは活性酸素を抑制する働きがあるので、

シミやしわ、くすみなどの予防や改善、病気の予防に効くと期待されています。

そして特にアルガンオイルはビタミンEの一種であるγ(ガンマ)‐トコフェノールが
多く含まれているのですが、ここ10年ほどで研究がさかんになり、

むくみの改善や美肌に効果があるとして注億を集めている成分で

ヒアルロン酸、コラーゲンに続く「第三の美容成分」とも呼ばれています。

γ‐トコフェノールはPMS(月経前症候群)の予防、
そしてシミの原因となる「シロチナーゼ」の働きを防ぎ、高い美容効果がある
こともわかっています。

肌の老化を防止するアルガンオイル

 (2355)

ビタミンEが豊富といわれるオリーブオイルやアーモンドオイルよりさらに3~4倍ものビタミンEを含んでいます。
ポリフェノールも豊富で、肌の保湿機能を向上させバリア機能を高めます。 有用成分を肌の奥に浸透させやすくします。

以上の保湿、肌バリア、浸透がアルガンオイルの特徴です。それゆえ世界中の有名な化粧品メーカーが純正のアルガンオイルを求めています。

このアルガンオイルに似ているのがマルラオイルです。同じように保湿、肌バリア、抗酸化力にすぐれています。日本より先に海外で知られるようになりました。

オレイン酸という、不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

これが、紫外線を防ぎ、肌を守る役目をしてくれます。
シミやしわの原因となる紫外線から予防してくれるのです。

紫外線効果を期待して、
日焼け止めとして、アルガンオイルを使う女性もいるようです。

オレイン酸は、人間の皮脂にすごく近い必須脂肪酸です。
自然のオイルが、角質に浸透し、皮膚をやわらかくしてくれます。
そして、乾燥からお肌を守ってくれるのです。

アルガンオイルは、老化防止=アンチエイジングに、
すごく効果的なオイルなのです。

ダイエットのサポート効果

 (2356)

アルガンオイルに含まれる「オレイン酸」には、体内の糖質を脂肪に変えようとするインスリン物質の増加を抑える働きがあるため、太りにくくしてダイエットのサポートを行う効能があります。

また、「サポニン」には脂肪の吸収を抑制する作用と血行の促進を行う作用があり、冷えの改善を行いながら全身の代謝を促進させて「オレイン酸」と共に脂肪を燃やしやすくする体づくりをサポートします。

アルガンオイルだけでダイエット効果を得ることは難しいですが、ダイエットのサポ-トを行うのでダイエット中の方にもアルガンオイルはおすすめです。

アルガンオイルで便秘の改善

 (2357)

「オレイン酸」は、ダイエットサポートの他に便秘改善の効能もあります。

体内の「潤滑油」として腸を整え、大腸で滞っている硬い便や老廃物の滑りを良くして排出を促すのです。

美肌効果

 (2358)

アルガンオイルは抗酸化力が強いため、皮膚に塗布することによっても肌に潤いを与え、皮膚の血行を促進する効果を発揮するといわれています。

アルガンオイルを肌に塗布することにより肌の水分と脂質のバランスを整え、皮膚を柔軟にすることにより乾燥から守ります。さらに、強力な抗酸化力により、皮膚のダメージの原因となる活性酸素を除去します。

また、表皮で生まれた細胞が表面に押し上げられ、最後に垢となって剥がれ落ちるまでの理想的な期間が約28日間であるといわれています。しかし、加齢とともに肌の機能が衰え、このターンオーバーが正常に行われなくなると、周期が乱れるといわれています。

アルガンオイルは、そのターンオーバーを促進し、理想的な周期に近づける働きがあるといわれています。

アルガンオイルの使い方

 (2360)

アルガンオイルは料理に使用するよりもオイルケアなど
美容用として使用されることが多いです。

そしてアンガンオイルは少量でも伸びて肌への浸透性も良く、
ほとんどベタ付き感がないので、実際に使用するとオイルとは違う
感じがして驚かれると思います。

また脂性の肌にオイルを塗ると余計に油っぽくなるのではと
心配されるかもしれませんが、そのようなことはありません。

アルガンオイルの栄養成分が乾燥肌を抑えるので脂性を解消が
期待できます

アルガンオイルの使い心地

 (2361)

オイルと聞くと、べたべたするのがイヤ!
と嫌う人も多いですが、そんな心配はいりません。

アルガンオイルは、さらっとした使い心地で
肌にすぐ浸透してくれます。

色はやや黄色みが強く、黄金色をしています。

その色のせいでしょうか?
アルガンオイルは、モロッコの黄金という名称もあります。

香りですが、私の使用しているものはほぼ無臭です。
(もちろん、100%アルガンオイルです)

しかし、口コミをみると、ナッツの香ばしい香りが
するという人もいるようです。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |