1日の野菜摂取量350gって厳しい・・・それなら青汁だ! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

1日の野菜摂取量350gって厳しい・・・それなら青汁だ!

厚生労働省が推奨している成人1日の野菜摂取量は350g以上です。少し多すぎるので青汁で食物繊維をとって便秘対策をしましょう。

青汁の食物繊維で便秘を解消

青汁を飲むときの注意点

なぜ青汁が便秘に効くと言われているのでしょうか?それは青汁には豊富な食物繊維が含まれているからです。大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉といった野菜は食物繊維の宝庫と言われる野菜です。中でも大麦若葉には食物繊維のほかに、各種ビタミンや葉酸、鉄分、亜鉛、カルシウム、さらにSOD酵素などを含み、活性酸素を取り除いてくれる働きがあります。活性酸素が増えると腸内環境も悪くなりがちです。

また、ケールにも抗酸化物質のルテインが多く含まれています。明日葉のデトックス作用は高く、老廃物を排出してくれます。さらに桑の葉にしかないとされているDNJという成分が、腸内環境をよくしてくれると言われています。

青汁にはおもにケール、大麦若葉、ゴーヤーなどが配合され作られています。
これらは栄養価が高く、中には食物繊維の他に、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどの現代人が不足しがちな栄養素も含まれています。
こちらの青汁の効果比較でも解説を記載していますが、青汁を飲むと便秘解消に効果があるというのは、便秘解消に必要な食物繊維がたっぷり含まれているためです。
青汁は青野菜をすり潰して作られるためにそのままの食物繊維が大量に含まれています。
できれば野菜は新鮮なものをとりたいと思います。
しかし、厚生労働省の推奨している成人の野菜摂取量は350g。
食物繊維なら男性が20g、女性が18gとなっています。
数字にすると量がいまひとつ見えてこないと思いますが、たぶん毎日食べるのは厳しいです。
ここではそんな野菜の摂取量について調べてみました。
野菜350gがどのくらいの量かは、手を使って考えるとイメージしやすくなります。
例えば、生野菜なら両手に軽く山盛り1杯分が1日の野菜の目安量になります。

野菜には色の濃い緑黄色野菜と色の薄い淡色野菜があり、
また、きのこや海藻も野菜と一緒にしっかり食べる必要があります。
350gのうち、緑黄色野菜は120g、淡色野菜やきのこ、海藻は合わせて230gを目安に
3食にわけて不足しないよう食べましょう。

この写真の量の野菜を一日で食べねばなりません。
野菜も高いですし家計に負担も掛かります。
はっきり言って無理ですよ・・・

1日に必要とされる野菜を食べるのは厳しい

では実際、野菜で18gの食物繊維といえばどのくらいの量になるのでしょうか?
100g中の食物繊維が1.8gのキャベツに置き換えると、実に1日に「1玉以上のキャベツ」を食べるということになるんですね。
しかし、現代の忙しい毎日においては、一日にこれほどの量の食物繊維を摂るのは大変なことです。
そこで、最近は食物繊維「青汁」が注目されているのです。
青汁とい青汁で便秘になってしまう!?逆効果の理由とは?

青汁は、便秘解消に効果をもたらす健康ドリンクと言われていますが、青汁を飲んでも改善されず、逆にますます便秘の症状に悩まされる方がいます。

青汁は便秘解消に効果がない!飲んだら逆に便秘がひどくなってしまった!
そんな声をもとに、逆効果になってしまう理由を調べてみました。

青汁と言っても色々あるんですね。
食物繊維にも種類があるなんて知りませんでした。
青汁を飲んで副作用が出たら「飲む量を減らす」

だだし、それでもダメなときは速やかに
購入した販売元に相談する
症状がひどい場合にはお近くの医療機関に相談する
といった対応が必要です。

青汁を飲んで下痢をすることもあるそうです。
また、青汁の種類によっては逆効果だったりすることもあります。
ここではそんな青汁を飲むときの注意点を調べてみました。
事前に知っておけば対策も考えられると思いますよ。
青汁は便秘の予防や解消に役立つと言われています。
その理由は青汁の中に豊富に含まれている食物繊維にあるそうです。
これがおなかの中を掃除してくれて、腸内環境を整えてくれます。
便秘で悩んでいる方には毎日飲んでもらいたですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |